狩り人の外伝 〜Another Hunters〜21コメント

1 猫村 創 id:v.6gPa.1

2012-02-21(火) 17:21:43 [削除依頼]
 十二星座の星々が、一人の狩り人に伝えた。

 それは、世界の破壊を間逃れる方法だった……。

 狩り人は軽く頷き、肩をすくめて夜の空を見上げた。

 ――狩り人は、星達と約束したのだ。
  • 2 猫村 創 id:v.6gPa.1

    2012-02-21(火) 17:27:28 [削除依頼]
    作者挨拶

    この小説は、狩り人の掟 〜The Hunters Rule〜の番外編です。
    シリーズ系は作る予定はなかったのですが、ちょっとしたトラブルがありまして……。
    ファーストリメイクを見ていた方は分かると思いますが、ちょっとだけ名前が出てきたミーナが主人公のお話しです。
    こっちのほうで完全に完結する予定です。
    今頃ですが、狩り人の掟 〜The Hunters Rule〜のほうを見ないと分からないかもしれません……。

    それでは、始まります。
  • 3 猫村 創@海冥獣姫スキュレイ萌え id:Yi3YnyH.

    2012-02-23(木) 16:40:43 [削除依頼]
    プロローグ 綺麗な海のように

     女性は呟いた。誰一人居ないこの砂浜で、「やっと終わった……」と。女性はまた、七年前の不思議な出来事を思い出してしまう。自分の肩の傷を見る度に……。

     その時は、まだ女性と呼ばれる年齢ではなかった。
     七年前、沢山の流星群が暗い夜空をさまよっていた。まるで何者かに地球を侵略されると予言したかのように……。
     少女はその光景を見た。そして、あまりにも綺麗だったので、少女は流星群を見惚れていた。
     少女は我に返り、急いで一階に降りる。そして少女は妹を呼んだが、少女の妹が二階に来て窓を開けた時は既に流星群が消えていた。
    「綺麗だった」
     簡単に感想を言って、妹のエーデリカに自慢した。
     そう、この時少女は知らなかった。自分の命が危機にさらされることを……。
  • 4 wwwwwwww id:PNXeXRI/

    2012-02-23(木) 19:00:03 [削除依頼]
    猫村さん「狩人の掟」絶好調ですね!
    この作品楽しみですなwww
  • 5 黒の組織【GALILEO】 id:o5Xrolr/

    2012-02-23(木) 20:11:29 [削除依頼]
    狩り人シリーズ凄いですねwww
    僕の次回作となるSFバトルはシリーズできるとは思えませんねwww
  • 6 黒の組織【GALILEO】 id:o5Xrolr/

    2012-02-23(木) 20:12:14 [削除依頼]
    >>5 sageてしまってスミマセンm(_ _)m
  • 7 猫村 創@海冥獣姫スキュレイ萌え id:ik/z3l01

    2012-02-24(金) 15:46:40 [削除依頼]
    ワラッチさん>

    これも読んでくださるのですか!?
    マジ嬉しいっす!!

    黒の組織さん>

    そうなんです……
    最初はシリーズなんて作る気しなかったのに……
    そういえば、新作はSFですよね^^
    スレを立てたら教えてくれませんか?
    興味津々です(^_-)-☆
  • 8 猫村 創@市原萌葱無理 id:gSjs/f61

    2012-03-14(水) 14:17:36 [削除依頼]
    >3  そう、これは四年前の話である……。
  • 9 猫村 創@市原萌葱無理 id:gSjs/f61

    2012-03-14(水) 14:22:32 [削除依頼]
     一章 仲間と友達の違い

     女性の名前はミーナ。ミーナ・ランドルドだ。
     ミーナは、少し名の知られた狩り人である。
    「さぁ! 今日も仕事だ!」
    「お姉ちゃん、今日も仕事なの?」
     ミーナをお姉ちゃんと呼ぶ声が、ミーナの耳に入る。
    「エーデリカ……。ゴメンね。明日遊ぼうか!!」
     ミーナはエーデリカにすまないと言いたそうな顔をして言った。
     この頃、エーデリカは十二歳。まだ、人間として幼すぎるエーデリカは、少し寂しそうな顔をした。
    「ごめんね。うちには親が居ないから……」
    「分かったよ。ぷー……」
     エーデリカも渋々だが納得した。
  • 10 猫村 創@市原萌葱無理 id:gSjs/f61

    2012-03-14(水) 14:31:47 [削除依頼]
    「じゃあ、行ってきます!!」
     ミーナは元気良く家を飛び出していった。
     此処はウールの村。名の通り、羊の毛の生産量で有名な村である。
     この村は広い。大きな前方後円墳を何十万倍にした大きさである。
     ミーナは近所にようがあるそうだ。隣の人の家に向って強く地面を蹴り出した。
    「やぁ! どうかね、アサガオ君」
     ミーナはアサガオと言う人に用があったらしい。
    「やっと来たか。それと、クソミーナ、君はやめたまえ。俺は女だぜ」
    「クソをつけんなー!!」
     ミーナは子供の様に怒った。
    「また、髪赤くなった?」
     ミーナは挑発するように言った。
    「まさか。目も腐ったのか?」
     アサガオは鼻で笑って答える。
  • 11 猫村 創@市原萌葱無理 id:gSjs/f61

    2012-03-14(水) 14:46:05 [削除依頼]
    「何だとー!?」
     完全にキレたミーナ。無論、アサガオはそれが好きだった。人を怒らせる……。痛快で派手な趣味だ。
     アサガオは味の無いパンをミーナの口に放り込む。パンは見事にミーナの口の中に入った。
    「ナイスシュート!」
     ミーナはパンを美味しそうに食べた。今、パンという高級品が食べられる人は、給料が高くないと手に入れることが出来ないのだ。
    「あんさ、俺の髪、赤いんだろ。ヘルメット被ればセーフだよね?」
    「うん、セーフだと思う」
     アサガオは探検家が被るようなヘルメットを、頭に装着する。
    「似合うかなー?」
  • 12 猫村 創@市原萌葱無理 id:gSjs/f61

    2012-03-14(水) 15:10:22 [削除依頼]
    【一言】
    ちょっと一気に更新しました!!
    疲れますね^^;
  • 13 wwwwwwww id:/2J8lGm/

    2012-03-14(水) 19:30:09 [削除依頼]
    1つの作品を何度もリメイクして、スピンオフまで作っち
    ゃう。しかもおもしろい。僕には到底出来ないです。

    アサガオ君いいですなw
  • 14 猫村 創@市原萌葱無理 id:xSgZJBs/

    2012-03-15(木) 08:03:30 [削除依頼]
    ワラっちさん>

    何度も駄作をリメイクし、スピンオフのプロットを作っても、なかなか文に出来ないのが現実です orz

    アサガオ君、女ですがねww
  • 15 猫村 創@お早う御座います!! id:IlObaT7/

    2012-03-16(金) 08:21:11 [削除依頼]
    >11 「うん、似合ってる似合ってる。ブ……」  挑発的にいうミーナに、腹を立てるアサガオ。二人は目を合わせれば喧嘩をする仲なので、仕方がないことだが、時々、度を超える時がある。お互いが狩り人ということもあり、武器で攻撃し合うことも少なくない。そう、二人は精神年齢が低いのだ。  アサガオが先頭で、家から出る。外にあるものは緑の自然。田舎のイメージがあるこの村は、観光地としても人気があった。 「今日は何を殺.す?」 「殺.すって……。せめて殺.るって言ってよ。今日はね、ハナカマキリを狩りたいんだけど……」  ミーナは目を泳がせて、アサガオを見る。アサガオは何かを察知したのか、軽い感じで「いーよー」と言って、ギルドに向った。 「あざーっす!」  調子だけはいいミーナは、アサガオが心配している事を無にするような返事をする。 「チッ……」  アサガオはミーナに聞こえないように舌打ちし、何も話さなくなった。
  • 16 悠 id:kzcH20I0

    2012-03-16(金) 08:54:25 [削除依頼]
    面白いですッ♪

    これからも更新頑張ってください☆
  • 17 猫村 創@お早う御座います!! id:IlObaT7/

    2012-03-16(金) 09:40:51 [削除依頼]
    悠さん、コメント有難う御座います!!
    面白いだなんて……マジ感激ですw

    更新はスローでもハイでもないくらいに頑張ります←
  • 18 猫村 創 id:.uQv9Fy/

    2012-03-23(金) 08:44:50 [削除依頼]
    >15  ミーナも察したのか、これ以上の言葉を発さなくなった。  二人は黙々とギルドへと向う。  ――ギルド。それは狩り人の職場と言って良いものである。そこに狩り人の存在価値があり、そこに狩り人の命がある。ギルドとはそういうものだ。  ドアを勢いよくあけた。ドアは大きな音を立てて百八十度回転し、壁に衝突した。 「ついたよ、姉さーん!!」  アサガオは姉さんと呼ぶ人に、手を振りながら呼び寄せた。 「あ! アサガオちゃん! ちょっと待っててー」  姉さんと呼ばれる人は接待の仕事をしているからか、今はかなり忙しそうだ。 「――ねえ」  足を震えさせて言うミーナ。アサガオは馬鹿にした目で振り向いた。
  • 19 wwwwwwww id:tk1cKh41

    2012-03-23(金) 11:52:18 [削除依頼]
    アサガオ君は仕様なんで大丈夫ですよ
    セリフの使い方が効果的ですよな……。
    みるみるうちに上達していますね。
    僕も追いつけるように頑張ります。
  • 20 猫村 創 id:.uQv9Fy/

    2012-03-23(金) 11:57:51 [削除依頼]
    ワラっちさん>

    アサガオ君w
    何か言われなれないですねw
    セリフですか!?
    ちょっとSS板で練習しちゃいましたw
    追いつくって!?
    ワラっちさんの方が上手いですよ!!
  • 21 碧 id:SoXs4x.1

    2012-05-03(木) 19:46:21 [削除依頼]
    これをよんでいると
    凄く続きがきになります

    こうしんきたいしています
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません