【 五 年 】 ド リ ー ム 【 実 話 】8コメント

1  у r o n 茶 id:ItCCqHz/

2012-02-19(日) 19:07:44 [削除依頼]
「ハァッ…、ハァッ、ハァッ…」

三ヶ月の、幕が閉じた―――――――――。


――


こんにちわ!!уron茶です!!初投稿のド初心者です((笑
小説は、あんまり書いたこと無いです…が、
一秒でも誰かが笑顔なって下さるような小説を目標に頑張りたいと思います。
こんなуron茶ですがアド、コメを下さると嬉しくて舞い上がります:)
宜しくお願いします!!

у。
  • 2 уron茶 id:ItCCqHz/

    2012-02-19(日) 19:17:39 [削除依頼]
    私たちが知り合った…っていうか元からもう友達なんだけどね。
    まぁ、私たちの仲が深まったのは、これが期だったんだよね。

    カッ

    先生が白チョークで文字を書いて、赤チョークで文字を囲んだ。

    【ドリーム集会をしよう】

    ドリーム集会??
    みんなガヤガヤ騒いでいた中、先生が黒板を叩いた。

    「今から、各グループをつくり総合をします。
     内容は、自分で考えること。
     先生も協力しますが、ヒントやアドバイスしか出しません。

     今回は、貴方たちが主役です」

    《はぁ??》    (゜д゜;)ハァ?

    先生の一言に、みんな↑みたいな顔をした。
    だって、授業は先生が問題を出して、皆で解く。そういうものでしょ??
    私も勿論↑のみたいな顔をした。

    みんな驚いてるとき、一番男子の中でうるさい質問王が、

    「ドリーム集会ってー、なんですかー??」

    と大きな声で質問したけど、答えはさっきのと一緒だった。

    「総合です。でも普通の総合とは異なっていて、
     先生は手を出しません。みんなで物語を作っていくのです。」

    みたいな感じだった。
    意味がわかんなかったけど、とりあえず十五分の休憩を取ることになった。
  • 3 уron茶 id:ItCCqHz/

    2012-02-19(日) 19:34:10 [削除依頼]
    「ねぇ、ゆーゆん。みぃちゃん。ドリーム集会って、どういう奴だろうね」
    「そうだねー、ゆぅはー、劇とかダンスとかやったりするものだと思うよー??」
    「うん。あたしもそう思うな!!で、奈実は?」
    「私もそんな感じー」

    私は、一番仲良しの、「ゆーゆん」と、ゆーゆんの友達、「みぃちゃん」と雑談してた。
    ゆーゆんと私は親友。みぃちゃんと私は友達。みぃちゃんとゆーゆんは親友。
    そういう関係だった。

    「とりあえずー、先生各グループって言ってたからー、一緒に行動しようねー
    「うん!!みぃちゃん、他の誰かに誘われたりした??」
    「あたしはいつでも誘われないよ笑。二人が一緒ならあたしも入らせてね??」
    「「当たり前じゃん!!」」

    キーンコーンカーンコーン

    やばい。授業始まっちゃうじゃん!!
    みんな席に座っていく。私たちも座らないと…

    「じゃ、二人ともまた後でねー」
    「はーい」
    「バイバーイ」

    ガラッ!!

    「じゃあこれから二時間は総合。自由に活動していいぞ」

    《はーい》


    「ゆーゆん!!みぃちゃん!!一緒に…「ゆーゆん、ダンスやろー??」

    私がゆーゆんとみぃちゃんに声をかける前に、他の女子が話を持ち出してきた。
    でも、ゆーゆんはあっちのグループなんか行かないよね…!!
    私にはみぃちゃんもいるんだし…ね??

    「えー…ごめんねー、ゆぅは奈実とみぃちゃんとやるんだー」
    「じゃあ奈実もみぃもこっちのグループ混ざりなよ!!楽しいよ??」
    「ごめーん、悪いけど私ダンス系は苦t…「あたし…ゆーゆんが居るならこっちのグループ行く」


    「あっはは、みぃもゆーゆんも話が分かるいい子!!奈実は??」

    っ…!!


    「私は、一人になってでもゆーゆんやみぃちゃんのグループには行かない…!!」
  • 4 y id:98Qf.M20

    2012-02-20(月) 01:37:17 [削除依頼]
    オモシロイヨ(^−^)b
  • 5 уron茶 id:yNg4u9c.

    2012-02-20(月) 19:42:57 [削除依頼]
    y 様。

    コメありがとうございます♪初めてのコメで嬉しいです☆
    もっと皆様に笑顔になっていただけるように頑張りたいと思います!!

    ――

    「あたしは一人になってでもゆーゆんやみぃちゃんのグループには行かない…!!」

    とっさにそんな言葉が出てきてしまった…
    何でこんな事いったんだろう。沈黙が続いた。

    「いーの??…この授業でゆーゆんたちの友情も壊れちゃうかもね??
     ゆーゆんたちはあたしたちと一緒のほうが楽しいって気づくにも時間の問題…」
    「何それ!!そんなのゆーゆんに聞かないと分かんない!!
    ゆーゆんがもし…あんたと一緒がいいって言うんなら…勝手にすれば!!?」

    いらっときてしまい、暴言を投げ捨ててそれままその場を去った。

    ゆーゆんと…ただの他人になってしまう??
    そんなことなんて無いよ…ゆーゆんだって私だって…
    親友だと思っているんだもん!!

    「…っ…奈実、ゆぅは――――…‥」


    ――


    「ッハァ・・・ハァアッ・・・ァッ・・・ハァ・・・」

    軽く数百m走っていたのに、自然に息が切れていた。
    あんなに怒鳴ったのって初めてかもしれない。
    …全部あっちの方が悪いんだ。絶対休憩のときにゆーゆん達と話してたの知ってたくせに!!!

    …勝手に嫉妬してる。私、嫌な女…!!


    「…奈実ちゃん??…絵梨の事なんて忘れちゃったかな」
    「…その声。絵梨香ちゃん??…忘れるわけ無いじゃん、一緒クラスなんだし」
    「キャハハハ!!そうだよねぇ!奈実ちゃん面白い!!さっきもめてたじゃん?そこでちょっと気になってさぁ!!
    っていうか今授業中なのに廊下に居ていいわけ??」
    「あぁあーーーっ!!!忘れてた!!…絵梨香ちゃん、私のために廊下まで…!!?」
    「ううんー??絵梨はトイレ行くだけ!!ちょっと付き合ってー??」
    「…はぁーい」


    ――


    ジャーッ

    バタンッ


    「ふぅー…あ、奈実ちゃん待っててくれたんだー!!ありがとー!!」
    「…自分が待っててーっていったんでしょ。」
    「キャハハハハ!!そうだっけかー!!まぁいいじゃん??
    ていうか、奈実ちゃん面白いねぇ!!一緒のチームになろうよぉ!!
     まぁ何するか決まってないんだけどね!!絵梨は声かけられないし!!キャハハッ」
    「…その笑い方不愉快」
    「キャッハハ!!ごめんなさーい、からのー??」
    「…そんなんだから嫌われるんだよ…みんな影で叩いてる」

    …何のために廊下に来たの??
    絵梨香ちゃんは、さっきトイレ何ていってたけど、絶対違うと思う。
    だって、なんか雰囲気がそうだったもん。
    顔が、「あ、奈実ちゃん居た居た!!」っていう顔をしてた。…タダの勘だけど。

    そう、絵梨香ちゃんはみんなから嫌われている。
    嫌われる一つは、やっぱり話し方。
    人を侮辱するような話し方と、うるさくって耳を塞ぎたくなる笑い方がみんな嫌いなんだって…。
    もう一つは、顔。
    髪の毛は可愛いって思えるのに、顔は残念な子なの。
    でもね、私は…あんまり絵梨香ちゃんとは話したことが無いから言ったら怒られると思うけど
    そんなに絵梨香ちゃんは悪くないと思うんだ…

    だからこのときは、

    「うん。一緒にグループ作ろう」

    って言っちゃったけど

    この一言が

    運命を変えたのかもね
  • 6 уron茶 id:yNg4u9c.

    2012-02-20(月) 19:58:54 [削除依頼]
    「で??絵梨と一緒にやるの??」
    「うん。一緒に作ろう」


    ――


    「先生。奈実さんと絵梨香さんが居ません」
    「…抜け出しか。みんな、二人を見つけたら児童会室に連れて行きなさいね」
    《はーい》

    キーンコーンカーンコーン

    「じゃあここまで。ご苦労様でした」
    《ごくろーさまでしたー》

    ガタッ

    「ゆーゆんも、みぃも。よくやってくれたね。
    さっきのアイツの顔と言ったら!!面白かったなあーっ!!!」
    「「…………」」
    「ちょっとぅ、何黙ってんの??あたしと一緒に活動できるのよ??嬉しいでしょ??」
    「…っ奈実ー…やっぱりー、ゆぅはー…「やめるだってぇ??」
    「…やっぱりアタシも。奈実とやりたい。…アンタと何かやりたくなんてn「残念だけど。

    もう先生に提出しちゃった!!ちなみに女子の五分の四はこのチームに入ってるみたいよ??
    女子とたのしくおしゃべりしながら活動できるのよ??
    どうやらあの絵梨香と一緒にいたらしいじゃん!!ここで意地でも戻っても
    絵梨香も一緒っていう事。お分かり??絵梨香と居るよりアイツの悪口言ってたほうがいいでしょ??」

    「……絵梨香も??…ゆぅ…どうする??」
    「ゆぅー、戻りたい…けどー、絵梨香がいるんだったら…!!」
    「…だよね」
    「…ゆぅ達。戻んないよ」
    「さっすが!!話が分かるいい子たち!!さ、活動しよう??まだ一時間残ってるじゃん!!」


    (こういうゆーゆんたちの会話は、フィクションっていうかуron茶が考えました…
    ノンフィクションを期待していた方すみません。)
  • 7 уron茶 id:6AcUVQw1

    2012-02-24(金) 18:15:43 [削除依頼]


    「…んと、絵梨香ちゃん」
    「どーしたの??絵梨眠いんだけどー」

    「……授業どうするの」
    「んー、絵梨の予想だとクラスの皆に見つかったら怒られそうだからサボる」
    「…いいの??一単元おくれるんだよ」
    「うっわ!!真面目っ子!!しかも先生次も総合って言ってたじゃん!!遅れないし!!」
    「…総合も単元の一つでしょ。教科に差別しないで」

    空気読めない子!!馬鹿じゃないの!?
    サボるって…怒られなければそれで良いみたいな奴じゃん!!最悪!!
    そんなんだからみんなに嫌われ…この台詞何回言っただろう…
    やっぱりこんな子と居たくないよ!!
    ゆーゆんやみぃちゃんの所に戻りたいよ…!!

    ポロポロ・・・

    自然に涙腺が緩み涙が零れ落ちた。
    私はその涙を止めようとせず手で覆った。

    「何でないてんの」
    「…うるさい。あんたと何か活動したくない」
    「ん?そうかなぁ。せっかくの総合なんだし楽「せっかくの総合だから!!」

    私は顔を上げた。
    泣き顔が汚いとかそんな事を言われても関係なかった。

    「せっかくの総合なんだから楽しんで生きたいんだよ!!そういう発想もあるっての!!」

    大声で叫んでしまった。
    数秒後私はハッとした顔で我に返った。

    「…ごめん」
    「いや別にいいけど」
    「でもやっぱり絵梨香ちゃんとは無理だって気づいた」
    「えー、ひどくないちょっとー」
    「だから私もゆーゆんやみぃちゃんのとこに行く」
    「ふーん。勝手にすれば」

    「…ごめんね」


    ばいばい、絵梨香ちゃん。


    ――

    急いで教室のドアを開けようとした。
    でも、手を掛けたとき、ドアの窓からゆーゆんとみぃちゃんが見えた。

    ―――笑った顔の、ゆーゆんとみぃちゃんが見えた。


    開けれなかった。
    私はその笑顔が脳内に焼きついたまま、廊下で立ち尽くしていた。

    まさか…だって、
    私はゆーゆんとみぃちゃんが居なくなって…は大げさだけど
    まぁ、あっちのグループに行って、…寂しいと思ってるのかと思ったけど
    寂しいのにあんな笑顔で居れる訳無いよ…!!

    ひどい…みんなみんな、私を裏切っていくんだ…
    醜い…醜すぎる…自分が好都合だったらそれでいいんだ…

    キーンコーンカーンコーン

    そんなときに、チャイムはゆっくりと鳴る。
  • 8 уron茶 id:H4GQ2Dc0

    2012-02-25(土) 13:11:36 [削除依頼]

    「チャイム鳴っちゃった…もう一時間たったのかなぁ…」

    …絵梨香ちゃんはどこで何してるんだろう…??
    ゆーゆんとみぃちゃんは大丈夫かなぁ…
    色々と心配だ、…もう諦めてあっちのグループに入っちゃおうかなー

    と、先生の声が聞こえた。

    「まだグループが決まってない人も居るでしょう。
     女子は奈実と絵梨香と千尋以外はもう決まったな。
     男子はー、…まだ誰も決まってないな。
     じゃあここまで。ご苦労様でした。」
    《ごくろーさまでしたー》

    えぇぇぇ!!?もうゆーゆんとみぃちゃんのグループには入れないって事ぉぉお!!!?

    えぇぇえ…えぇぇぇえ…じゃあどう活動していけってのさぁー…
    ぁぁあ…やっぱりもう絵梨香ちゃんと活動するしかないのかなぁーやだなぁ。

    あれ??でも千尋…ってだれだ??
    聞いたことの無い名前!!同じクラスなのにごめん(笑笑)
    じゃあ無理しないで千尋さんと言う子と組んじゃえばいいんだ!!
    私頭良いかも!!←


    ――


    続きはweb…げほんげほん また後で!!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません