和野光輝の高校生活20コメント

1 クレア♂ id:0X9Xkdp1

2012-02-19(日) 01:44:13 [削除依頼]
姓は和野(かずの)名は光輝(こうき)
僕は人と話すのが少し苦手だ
陰気で根暗で、常に否定的な考え方しかできない
ちなみに、今僕は高1である。
何の面白みも無い退屈な高校生活をおくっている。
一番つまらないのは僕のほうだ。
そんな事はとっくに理解している
しかし僕には一つ人と違う部分があった
それは長所でも短所でもなく、区別の仕様が無い部分だ。
  • 2 クレア♂ id:0X9Xkdp1

    2012-02-19(日) 02:18:25 [削除依頼]
    ある日の休み時間・・・

    ??「よお和野!!ハハッwww今日もwww一wwww人wwかwwwよwwww」

    こいつは佐渡隆盛(さわたりりゅうせい)
    暴力的で人気者で積極的な男だ。いわゆるヤンキーである
    僕はこの男が嫌いだ。ゼッテーダッセー音楽しか聴いてねぇよ間違いない
    どっかで脱臼でもすればいいのに
    和野「お・・・・おう・・」
    佐渡「おwwwおうwwwwだってwwwなんだそれwww認めちゃったよwww
    ダッセェwwwwうわダッセWWWW」
    ヤンキーA「佐渡ーそんぐらいにしとけよーwwうわwwコイツ半泣きやww」

    僕は一ミリも泣いてない。

    佐渡「ヤンキーAいいやつだなww。んじゃ俺も苛めんの止めて彼女とイチャついてくるわwww
    じゃーな和野WWW友達作れよwwwwなんなら俺がなってやろうか?wwwwwww」
    そんなことを言って佐渡達は去っていった。
    気分は最悪だ。しかしこれはまだ軽いほうなのである
    不幸自慢大会とは言わんが、結構ハイレベルなイヤガラセを
    結構食らってるのである。どう?すwwwごwwくwwねww?

    僕の筆箱の中の文房具が全部ゴミ箱に捨ててあって
    変わりに大量の砂が入れられてたりとか
    僕の靴に犬のウンコ乗せられてたりとか
    机の引き出しの中に何匹かダンゴムシの死体入ってたりとか
    そんなとこである(ホントは他にも嫌がらせは受けてたのだが)
    嫌がらせの共通点は基本僕の私物に害を与えるものばかりだった
    だから一番きつかったのは親である
    親「オイ、せっかく買った筆箱砂だらけやんけ。何だこれ?」
    僕「ああ、友達と遊んでたときにちょっとねw」


           友達皆無なのに・・・・・

    しかし僕が人と違う部分は人より嫌われてる部分ではないのである
  • 3 クレア♂ id:0X9Xkdp1

    2012-02-19(日) 03:52:40 [削除依頼]
  • 4 クレア♂ id:0X9Xkdp1

    2012-02-19(日) 03:54:00 [削除依頼]
    ・・・ミスった

    僕は休み時間は、いつも体育館裏の倉庫の近くで音楽を聴きながら
    寝そべっていた。人より虫の数が多いこの場所は結構落ち着くのである
    今思えば僕の机の引き出しに入れたダンゴムシはここから取ってきたのだろう

    ちなみに僕はウォークムァン派である。和訳するとウォークマンである
    僕は人の話し声が嫌いだ。何故なら、人が話をしている時の笑い声が
    (アレ?こいつ俺のこと馬鹿にしてない?だからおもしろいのか)

    みたいな被害妄想を抱いちゃうのだ。だからそんな騒音を防ぐために
    ウォークムァンを聴いているのだ。
    基本ロックとかメタルとかオルタナとかハードコアみたいなのしか
    聴かんけど。まあぶっちゃけそんなとこである。

    話題を変えよう。

    実は僕・・・・不死なんです。

    だが一応年は取ってるから不老ではないと思う。
  • 5 夷央 id:i-KDSskcp1

    2012-02-19(日) 03:56:36 [削除依頼]
    面白いですっ(*´∇`*)

    更新wktk期待ですっ*゚
  • 6 クレア♂ id:0X9Xkdp1

    2012-02-19(日) 04:26:04 [削除依頼]
    ありがとうございます^P^
    寝れないんで暇つぶしに書いてるだけなんですが

    少し暗い話になるかもしれんが、その事が証明できたのは
    中3の頃である。「赤信号、皆でわたれば怖くない」みたいなのは
    聞いた事があるだろうか?まあいわゆる集団心理におけるアッチ系
    の奴なんだが、まあそういうことだ。
    中学生の頃、僕は集団のヤンキーから何度か56されかけていた。比喩ではなくガチの方だ。

    まあおそらく、いつ4んでもおかしくなかったであろう
    何をされたかは・・・まあ・・・暴力的な方である。しかし僕は
    一度も4んでない。いやまあそれは他の人もそうなのであるんだけども
    僕のは特別だと思う。しかし、死にたくても死ねない体というのは
    不便なものだ。僕が僕を56そうとしても、死なないのだから。
    僕はこの世で一番不幸でつまらない否定的な人間だ。
    それは少し僕はイケメンかもしれない。だからヤンキーは嫉妬して
    僕を嫌ってるだけかもしれない。そんな馬鹿な事考えた事も
    あるっちゃあある。うん。
    しかしぶっちゃけ生きたくない。土に還りたい。しかし4ねない
  • 7 クレア♂ id:0X9Xkdp1

    2012-02-19(日) 04:40:50 [削除依頼]
    だから仕方なくこんな人気の無い場所で一人寂しく音楽聴いて
    盛り上がってるのである。

    ???「@@@」
          和野「???」
    イヤホン付けてて何言ってるのかわからなかったが誰かに話かけら
    れたことは理解できた。しかし・・・・
    僕の目の前に立っている奴に関しては・・・そうでもなかった。
    性別は多分女、そして人間だ。頭には紫のシルクハットを被っていて、黒いワンピースを着て、下は
    何故か白のジャージ。右手には鎌を持ってる。コスプレ・・・
    かと思いきや・・・なんとその女が被ってる帽子は生きていた

    帽子の口(?)からよだれをダラダラと垂らしながら、ずっとこっち
    を睨んでいる
      ???「^^^^^^」
    イヤホンを外しても、その女の言語は理解することができなかった。
      和野「すいません・・・あなた誰ですか??」
  • 8 クレア♂ id:0X9Xkdp1

    2012-02-19(日) 04:54:05 [削除依頼]
    僕は動揺を隠しきれなかった。
      ???「−A−アーあーぁ・・
    えっと・・・私の言ってることがわかりますか?」
      和野「ああ・・・はい・・・まあ」
    相変わらず帽子は睨んでいる。超怖い
      ???「えっと、私は死神です。」
       和野「はい???」
      死神「あなたの魂を狩りに来ました。突然こんなこと言って
    申し訳無いんですが大人しく魂を渡して下さい。お願いします」
       和野(えっと・・・この場合は脳外科医?それとも精神科?
    あんましかかわんねー方がいいかもしんねぇ・・・)
       死神「あの・・・きいてます?」
       和野「ああ、ハイ聞いてますよ?何でしたっけ?」
       死神「(きいてねえじゃねぇか糞)えっと・・あなたの魂
    を回収しに着たんですよ。理解できました?」
       和野「ハイ、できました。つまりどういう事だ?」
       死神「理解してねえじゃねえか糞」
       和野「え?」
       死神「なんでもありません」
       和野(顔ちょっとカワイイかも\\\)
      
        


      
         
  • 9 クレア♂ id:0X9Xkdp1

    2012-02-19(日) 10:13:15 [削除依頼]
    和野「えっと・・・とりあえずお前がガチの死神って事は分かったわ」
    死神「恐ろしく順応早いですね。助かります(何でタメ語?馬鹿にしてんのか?)」

    死神「まあ、それはそうと大人しくあなたの魂をこちらに渡して欲しいんですが」

    和野「イヤ、それは多分アンタでも無理だと思うわ」
    死神「はい?」
    和野「だって僕不死だもん。ヤンキーに何度も殺されそうになっても死なないし
    何回も4のううと思ったけど死ねなかったし・・・・
    なんだったら試してみる?」

    死神「何言ってんですか?人間みんな不死ですけど?」

     和野「は?」
    死神「いえ、ですから人間は基本4ぬ奴なんかいないんですよ?何もあなただ
    けが特別ってわけでもないんですけど?」
  • 10 クレア♂ id:0X9Xkdp1

    2012-02-19(日) 10:17:15 [削除依頼]
    和野「え?何言ってんの??テレビとかのニュースでもよくやってんだけど
    人ってしょっちゅう死んでるじゃん」
    死神「アレ全部私達が魂狩った結果ですよ?まあ魂狩られたら基本人間死ぬ
    んで。あとはうまい事誰かが情報操作してるらしいですけどね。私はその辺の事は
    よくわかりませんが」
    死神「全く・・こういう質問よくあるから私達死神が順序良く答えられるために
    いろんな国の言語必死で勉強したんですよ?特に日本語が一番大変でしたね。
    漢字とかカタカナとかややこしいんですよ」
    和野「あの・・そういうのいいんで早く僕の魂早いとこ狩って下さいよ。
    死神がどうとかって話がホントならできますよね?」
    死神「お前さっき私が死神だって事理解したって言ったじゃねーか」
    和野「・・・・・」
    死神「テキトーに返事しやがったなお前」
    和野「すいません。」
    死神「(敬語に戻りやがった)まあこちらとしてもそっちの方が手っ取り早いんで
    助かります。少し痛いかも知れませんが我慢して下さいね
    4ぬのは一瞬なんで」
    和野「あの・・」
    死神「何ですか?」
  • 11 クレア♂ id:0X9Xkdp1

    2012-02-19(日) 10:55:09 [削除依頼]
    和野「一つだけ・・聞きたいことがあるんですが」
    死神「うん」
    和野「狩った魂はどうするんですか?」
    死神「3時のおやつ」
    和野「そうですか・・・後もう一つあるんですが、いいですか?」
    死神「ハイ、できれば早くして欲しいのですが」
    和野「僕昔っから結構嫌われてたんですよ。」
    死神「それは大変ですね」
    和野「大人しくしていれば気持ち悪い、明るく振舞えば鬱陶しい。
    基本的人権なんて全く保障されてないし、ずっと寂しかった。
    死神「・・・・・」
    和野「けど親にはあんまり心配かけたくなかったんですよ。だから誰にも相談
    したくなかったんですよ。友達も居ないし。」
    和野「いつも僕が悪い、間違ってるって、周りからよく言われるんですよ。
    ずっとずっと辛かったです。教えてくださいよ死神」
    半泣きになって僕はこう答えた
     
          「どう生きてけば幸せになれたんですか?」

    死神「(・・・今ここでコイツ狩ったら私超鬼畜だな・・)」
  • 12 クレア♂ id:0X9Xkdp1

    2012-02-19(日) 11:23:29 [削除依頼]
    和野「アハハ・・すいません。あなたには関係ありませんでしたよね。
    忘れてください」
    死神「お・・・おう」
    和野「まあ、早いとこ狩っちゃって下さいよ。どうせ他に4ぬ方法とかないんでしょ?」

    死神「うん・・・・まあ・・・うん・・」
    和野「・・・?どうかしたんですか?」
    死神「いや・・・君も結構大変な思いしてきたんですね・・・・」
    死神「君はなんにも悪いことしてないのに・・・」
    和野「多分良い事も悪いこともしないのがマズイと思うんですよ」
    死神「・・・・・」
    和野「いや・・・・さっきからなにしてんですか」
    死神「うん。私ちょっと気が変わったわ」
    和野「はい?」

    死神「君の願いを一つだけ叶えてやろう。」

    和野「はい?」
    死神「イヤ、君とかだったら不便だな。名前を教えてくれ」
    和野「え?えっと・・和野光輝です。」
    死神「光輝ってwwww光すぎだろwwww眩しいwwww」
    和野「(なんだこいつ)」
  • 13 クレア♂ id:0X9Xkdp1

    2012-02-19(日) 11:52:30 [削除依頼]
    和野「あの・・・結局3時のおやつ(魂)はいらないんですか」
    死神「要らないよ。あとタメ語でいいよ」
    和野「ああ、うん、わかった」
    死神「光輝ちゃんも人間だしさ〜。一個位叶えたい
    願いはあるんとちゃいますのん?」
    和野「何でそんなことすんの??」
    死神「アンタが可哀相だから」
    和野「あー願い一つだけ思い出したわ」
    死神「何?」
    和野「もしよかったら僕と付き合って下さい」
    死神「56しますよ?」
    和野「じゃあ56して下さい。」
    死神「じゃあそれは却下で。他には?」
    和野「早くどっかいって下さいお願いします」
    死神「君ホントひどいね」
     
    死神「実は死神ってさ・・・人に憑依して自由に動かせたり
    喋らしたりできんだよね」
    和野「あっそ。んでそれが何?」

    僕がそう言った直後・・死神は僕の顔を見て笑っていた

    和野「僕に憑依するつもりか!?」
  • 14 クレア♂ id:0X9Xkdp1

    2012-02-19(日) 11:58:16 [削除依頼]
    落ち
  • 15 クレア♂ id:0X9Xkdp1

    2012-02-19(日) 18:10:12 [削除依頼]
    和野「ひょっとして・・僕に憑依するつもりなのか」
    死神「イヤ、誰もそんなこと言ってないじゃないですかwww」ニヤニヤ
    死神「人の生死に関連しているんですから人を操る事にだってつながってるんですよ?」

    和野「イヤ聞いてねえし!!」

       キーンコーンカーンコーン♪

    死神「何の音?」
    和野「チャイムだよ。もうすぐ授業が始まるから、また今度ね」
    死神「あっ待って」
    和野「何?」
    死神「アレってさっきあなたが耳につけてたものじゃないですか?」
    和野(イヤホンか?落としたのか)「え?どこどこ??」
    死神「゜∀゜」
    和野「おい。イヤホンオレのポッケにちゃんと入ってんじゃねえか。何テキトーな
    事言って・・・・うごっ!?」

    死神「私こう見えても死神なんですよ。神はいつだって退屈なんですよ」

           ・・・・・・・・・
    和野(死)「あーァー・・・よし。なんとか憑依できたな。フヒヒwww
    奇跡のカーニバルの開幕だwwww」
  • 16 クレア♂ id:0X9Xkdp1

    2012-02-19(日) 18:34:27 [削除依頼]
    和野(死)(以降(死)で)
    学校内

    (死)「ったくせっかく人様、いや死神様が願い叶えてやろう
    っていってんのに・・・ノリ悪いですねぇ・・・
    まあ付き合うっていうのはさすがに無理ですが\\\」
    (死)「さて・・・どんなイタズラをしてやろうか・・・」
    ???「おい和野!お前そんなとこで何してんだ?」
    (死)「ハァ?私死神ですけど?」
    ???「ハァ・・?教師に向かって何だその態度は!?」
    (死)(そーいや今他の人間からすれば私
    和野って奴なんだよな)ああー・・・すいません」
    教師「ったく・・・ホラ!早く教室行くぞ」
    (死)「まことにスイマメ〜ンwwwwww」
    教師「あぁ?!」
    (死)「やだなぁwwオニーサン冗談とか通じナインすか?
    せっかくアンタと親睦を深めようとしたのに・・・
    台無しっすねww」
    教師「お・・・おう(随分雰囲気変わったな)」
  • 17 クレア♂ id:0X9Xkdp1

    2012-02-19(日) 18:46:23 [削除依頼]
    やっぱ紹介とかしといたほうがいいですよね。
    どーもクレア♂でーす。
    小説描くの初めてでgdgdなんですがテキトーにぬるぬる
    更新していくんでヘラヘラ呼んでくれたらうれしーでーす。
    とりあえずいったん落ち
  • 18 クレア♂ id:0X9Xkdp1

    2012-02-19(日) 22:08:48 [削除依頼]
    age
    暇なんでまた更新しにきますたわ
  • 19 クレア♂ id:0X9Xkdp1

    2012-02-19(日) 22:17:05 [削除依頼]
    何がなんだかさっぱりわからない
    確か死神に憑依されたことは覚えている。
    だが憑依されてる間の記憶が全くない。
    気がつくと僕は教室に立っていて、
     
       なんと僕の目の前で佐渡が倒れていた

    時計を見ると、時間は午後3時40分くらいで、授業の時間は
    全部終わったところだ
    教室にいる人間は一人残らず僕のほうを見ている。
    そして、僕の隣に居た死神は僕にこう言った

    死神「少しやりすぎちゃったんだぜ!!」
    和野「どういうことだってばよ・・・・」
  • 20 レールU id:oQrWTpN.

    2012-02-20(月) 02:36:59 [削除依頼]
    何これ面白そうw
    上げ
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません