拝啓 死神様3コメント

1 タナカヒロシ id:i-IytdtJY0

2012-02-18(土) 18:24:52 [削除依頼]
拝啓 死神様
  • 2 タナカヒロシ id:i-IytdtJY0

    2012-02-18(土) 18:35:41 [削除依頼]
    「ねぇ!大丈夫だって!」
    「危ないよこんな所!」
    高校3年の夏。私は幼馴染みのミサとライブハウスの前に来ていた。私は初めから乗り気じゃなかったのだけれど、ミサが「どうしても行きたい」と、私を無理矢理連れてきたのである。「ルイはビビりなんだよ!」
    「こんな所に行って、何になるのよ!」
    その時、口論をしている私達の後方から、男の声が聞こえた。「ねぇ!君達!」
    振り向くと、そこには、赤髪で耳には銀色で大きめのピアス。瞳が鋭く、眉毛は細い。黒のタンクトップに厳ついパンツを見にまとった男が立っていた。これが彼との出会いだった。
  • 3 タナカヒロシ id:i-RflFj6u/

    2012-02-19(日) 11:32:32 [削除依頼]
    面倒なのに引っ掛かった。私は身の危険を感じたが、高身のその男がこちらに近づいてくるのを固まって見ているしかなかった。
    「ここは初めて?」
    「はい!」
    ミサは元気に答えた。ミサはノリがよく、顔立ちもいい。男にも慣れていて、私とは真逆だ。華奢な体つきとは裏腹に武道も上段。完璧な女と言っても過言ではなかった。
    「入らないの?もう始まってるよ」
    「今入ろうと思ったんです」
    「そう。高校生?」
    「違います」
    固まっている私を差し置いて、二人は次々に話を進めている。未成年だと思われたくないプライドからなのか、ミサは高校生ではないと嘘をついた。
    「早く行こ!」
    ミサは私の腕を強引に引っ張り、私は初めてライブハウスに足を踏み入れた。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません