*1年間の恋*8コメント

1 ふぉるてっしも id:OMVaiIx.

2012-02-18(土) 18:10:19 [削除依頼]
1年間しかあなたと話せなかった。

1年間しかあなたの授業を受けられなかった。

今、あなたは違う学校にいる。
なんで……。
なんで……。
  • 2 ふぉるてっしも id:OMVaiIx.

    2012-02-18(土) 18:26:39 [削除依頼]
    1話〜出会い〜

    私、松原らんは今日で中学2年になる。


    「制服よし、髪型よし、カバンもよし!!」
    そう言っていると隣の部屋で寝ているお母さんが怒鳴った。
    「まだ朝の5時でしょ!!
    静かにしなさい!!!」
    明らかにお母さんの声のほうがうるさい。
    そう思ったが反論するとうるさいと思ったので黙っておいた。


    そして、7時になると私はローファーをはいていた。
    「お前行く気満々。
    まだ学校開いてねぇよ?」
    と、起きてきた兄に呆られながら言われた。
    「うるさいなぁっ、
    早くクラスが知りたいのっ!」
    そう言うと兄はあっそと一言いい、
    奥の方へと消えていった。

    学校が開くのは8時から。
    今から言っても7時30分に着く。
    「あーっ、もう!
    早く学校行きたい!!」
    そう言うとまた兄がこっちに来た。
    「いつもは学校いやって言ってるのどこのどいつだ?」
    と、言った。
    「う…、わ……私だよ!」
    言った瞬間兄にゲラゲラと笑われてしまった。


    私の恋の種ができる日は、
    そんな平和な始まり方だった。
  • 3 ふぉるてっしも id:OMVaiIx.

    2012-02-18(土) 18:36:08 [削除依頼]
    登場人物

    .松原 らん.(まつばら らん)
    中2で吹奏楽部長
    明るく、しっかり者でみんなから信頼されている
    紫音のことが好きになる

    .亜川 紫音.(あがわ しおん)
    らんのクラスの理科担当の新任教師
    らんと仲良くなっていく
    24歳

    .小川 世菜.(おがわ せな)
    らんの親友
    帰宅部だが、地域の部活にはいっている
    紫音のことが……?
  • 4 ふぉるてっしも id:OMVaiIx.

    2012-02-18(土) 18:49:19 [削除依頼]
    8時になり、学校へ走って向かった。
    1時間待っただけなのだが、何時間も待った気分だ。

    たしかに私は新クラスを知りたい。
    だけど、新しい先生やいなくなった先生を確認したいのだ。


    学校に着くと、学年ごとに違う紙を渡された。
    この紙にクラスが書かれている。
    『えーっと…、
    私のクラスは……。』
    まずクラスを探し、見つけた。
    『2-Dかぁ、担任も副担任も去年からいれやつかよ。』
    小さくチッと舌打ちすると、各クラスの先生の名前を見た。

    『2-A…、2-B…、2-C…あれ?
    知らない名前だぁ。
    名前…、亜川紫音(理科)・副担任……。』
    へー と、思ったが気にもとめなかった。
  • 5 ふぉるてっしも id:OMVaiIx.

    2012-02-18(土) 19:08:06 [削除依頼]
    それから友達とも合流。
    運良く親友の世菜とも同じクラスだ。
    「らん、やったねー。」
    「イェーイ。」
    と、テンションあがりながら2-Dの教室へと向かった。


    それから担任の紹介とクラス内の自己紹介。
    それが終わり、教科書を配っていた。理科の教科書がないことに気づいた担任がなぜか私に、
    理科の教科書職員室から取ってこいと言って来た。
    断る理由もないから職員室へ行った。

    「失礼します、2-Dの理科の教科書を取りに来ました。」
    そういうと、若い男の先生が笑顔でこっちに来た。
    「これ、2-Dのか!
    はい、どうぞっ。」
    そういうと若い男はいきなり腕にのせてきた。
    私は教科書の重みで落としてしまった。
    「ごめんなさいっ。」
    急いで拾おうとしたら、若い男がクスッと笑い、ササッと拾ってくれた。
    「ありがとうございます…。」
    それしか言葉が思い浮かばなかった。
    「いいよ、俺もいきなりのせてごめんね。
    そういや、君…松原さん?
    2-Dなんだよね?」
    「はい。」
    「じゃ、俺が理科担当するからよろしく。」
    そういうと手を降って消えていった。
    『はぁ!?
    何あいつ、調子のんなぁ!』


    私はイライラしながら教室へ戻った。
  • 6 らん id:EU7qbcS.

    2012-02-19(日) 09:37:23 [削除依頼]
    あたしとおんなじ名前やぁ…

    うれしーな^^

    更新待ってます!
  • 7 ふぉるてっしも id:EU7qbcS.

    2012-02-19(日) 09:54:27 [削除依頼]
    『そーいや…なんで私の名前わかったんだろ……?』
    教室に向かっているときに、ふとそう考えた。
    『名札見たんかな。』
    そう思い、そういうことにしておいた。

    「おー、お疲れー。」
    私をパシリにした担任が教室の前で手をふっている。
    担任は女だけど、やめてほしい。

    「はーっ、重たかったぁ。」
    教卓にドサッと教科書をのせ、私は自分の席へ向かった。
    世菜の席を通ったときに、世菜が手紙を渡してきた。
    自分の席に座り、手紙を開けた。

    [らん、お疲れっ(笑)
    あいつってよく生徒をパシリに使うよねー…]
    長々と担任の愚痴が書かれており、正直呆れた。
    手紙をたたもうとしたとき、1枚紙切れがひらひらっと落ちてきた。
    それを拾い見ると、
    [理科担の亜川先生見た?
    見たなら帰りにどんな人だったか教えてっ(・ω・)     byせな]

    さっきのことを思い出した。
    すごく腹がたってくる。
    その気持ちを抑え、ついに下校時間となった。
  • 8 ふぉるてっしも id:EU7qbcS.

    2012-02-19(日) 09:55:24 [削除依頼]
    *らんs

    本当ですね!
    これからよろです
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません