おまえ、本当に人間なのか?5コメント

1 たま id:XQXeM3n1

2012-02-14(火) 03:08:24 [削除依頼]
わたしには、ある秘密がある。

たとえ、親友でも言えないような。

でも、ある日、転校生が来たことで人生が180°ぐらい変わった。

その転校生も、わたしと同じ秘密を持っていた。
  • 2 たま id:XQXeM3n1

    2012-02-14(火) 03:15:32 [削除依頼]
    「…香織?どうかしたの?」

    倉島 未来が聞いてくる。

    「ううん、大丈夫。ありがと」

    わたしー草花 香織ーは首を横に振った。

    「ならいいけど…無理しないでね、わたしも覚統も龍生も、力になるから」

    「おい、いつからおれらも入ったんだよ!!」

    栗里 覚統が言う。

    「親友でしょ?力になりなさいよ!」

    「おぉ、こわ」

    「龍生!」

    まったく、あいつは…

    でも、おかげで少し元気になった。

    「ありがとう…みんな…」

    わたしはそっとつぶやいた。
  • 3 たま id:XQXeM3n1

    2012-02-14(火) 03:22:23 [削除依頼]
    えーと、こんにちは。

    たまです。

    はじめましての人が多いと思います。

    えーと、いままでのを見てくれた人は…知ってると思いますが、

    このキャラは、今までのと一緒です。

    使いまわしています。

    ごめんね、香織たち!
  • 4 たま id:XQXeM3n1

    2012-02-14(火) 03:29:56 [削除依頼]
    「転校生よ。自己紹介して」

    「…空……です」

    「聞こえないわよ、もっと声張って!」

    「大空 …音です」

    「もうちょっと大きく!」

    「大空 琴音です」

    へー、琴音かあ。

    いい名前だなあ、わたしと違って。

    香織なんて、平凡な名前なんて、いやだ。

    <何よ、この先生。人に名前を3回もいわせやがって>

    わたしははっとした。

    これは…

    <ったく、仕返しでもしてやろうかな>

    これは…琴音ちゃんの声!

    え?何で?

    あ、そうだった…

    わたしは頭の中のスイッチを切った。

    スイッチ入れっぱなしにしてた…

    あ、だから来る時も…

    もう、これだからいやになる。
  • 5 たま id:XQXeM3n1

    2012-02-14(火) 03:35:21 [削除依頼]
    「琴音さんは、どこの席がいい?」

    「えーと…この人のとなり」

    えっ…

    わたしのとなり、ですか…

    あ、でもちょうどいいや。

    となりに座った琴音ちゃんの耳に、そっと言った。

    「人殺しなんて、やめたほうがいいよ」

    「えっ、なんでそれを?」

    うん、驚くよね…普通は。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません