クローバー ー永遠のイノチー63コメント

1 ☆*:葵音:*☆ id:u5unUqy.

2012-02-12(日) 00:51:00 [削除依頼]
どおも☆オハツの人がほとんどかと…
“あおね”と読みます(なんか無理が…?)
えーと、初挑戦ですけど頑張るので
応援よろしく♪下手だよ、たぶん。
  • 44 ☆*:智織:*☆ id:P8q5vxH.

    2012-02-25(土) 23:11:16 [削除依頼]
    〜四葉〜
    あーあ。なんか、自分の考えだけを
    一気に言っちゃった……。
    美空も夢花も、あたしに腹立ててないかな…。
    つらかったら、泣いてもいいよね…。
    でも、あたしにはそれが出来ないから、
    だから……

    「四葉、すごい!!」
    突然、夢花がとびついてきた。
    「え?な、何??」
    「四葉、強いね。あたし、四葉に
    勇気もらっちゃった」
    夢花が言えば、美空も
    「うん、感動。そっか、前を向かなきゃ
    いけないよね…」
    と、また涙ぐんでいる。

    あたし、そんないいこと言ったっけ?
    「あ、あはは。なんか、ありがと。
    あたし、なんか嫌じゃなかった?」
  • 45 ☆*智織*☆ id:vw.Tj55/

    2012-02-26(日) 12:01:42 [削除依頼]
    「えーと、どういうこと?」
    夢花が首をかしげる。
    「え、だから、なんか説教っぽく
    なってなかった?」
    「なーに言ってんのよ?」
    美空に背中をたたかれた。
    バシッといい音がした。
    「いたあ!」
    「四葉、すごいじゃん!」
  • 46 ☆*・智織・*☆ id:LyULN8c1

    2012-02-27(月) 05:48:19 [削除依頼]
    「だから、なにが?」
    「やだ、自分で気づいてないの?」
    夢花がビックリしたような顔で
    問いかけてくる。
    「あんた、今めっちゃイイコト言ったんだよ!」
    美空も言う。
    「そう…なの?
    …ハハ、なんかがらに似合わないな」
    2人の言葉に、思わず照れて頭を
    かいてしまった(笑)。
  • 47 ☆*・智織・*☆ id:LyULN8c1

    2012-02-27(月) 05:52:38 [削除依頼]
    〜美空〜
    「で?さっきは、PCひらいて
    なにやってたの?」
    あたしが聞くと、四葉はにっと笑って
    答えた。
    「これ?あたしが生きてるあいだにやりたいこと。
    全部まとめて、やったらチェックしていくの。
    夢花と美空は?」
    「あたしもいる〜!」
    夢花の即答に、四葉が笑いながら
    「んじゃ、先に何をしたいか
    まとめといてよ」
    と言った。
  • 48 ☆*・智織・*☆ id:LyULN8c1

    2012-02-27(月) 05:54:38 [削除依頼]
    「美空は?」
    「う〜ん、あたしはいいや」
    「なんで?」
    四葉がきょとんとした顔で
    こっちを見る。
    「だって…」

    言葉につまった。
  • 49 ☆*・智織・*☆ id:LyULN8c1

    2012-02-27(月) 05:55:43 [削除依頼]
    言えないよ…。

    『あたしは、四葉たちよりも
    永く生きるから』

    なんて…。
    そんなの、

    ただの裏切り者…だよね?
  • 50 ☆*・智織・*☆ id:LyULN8c1

    2012-02-27(月) 06:00:49 [削除依頼]
    「ああ、分かった!」
    夢花が声をあげる。

    「美空は、あたしたちに
    気を使ってるんでしょ?
    あたしたちは、あと一年しか
    生きられないのに、
    長生きする自分もやりたいことを
    言っていいのか、なーんて
    考えてるんじゃないの?」
    「そーなの?」
    と、四葉がにらむ。

    ☆*・☆*・☆*・☆*・☆*・☆
    祝!50達成です!
    これも、みなさまのおかげです!
    いつも応援してくださっているみなさま、
    本当にありがとうございます!
    これからもクローバーをよろしくお願いします。
  • 51 ☆*・智織・*☆ id:C/BACmq.

    2012-02-29(水) 21:53:53 [削除依頼]
    ひぇ〜。
    まんまだよお…。
    「う…、そうデス…」
    ガクッと首をたれるあたしに、
    四葉が言う。
    「遠慮すんなって!
    あたしたちは、あと一年のイノチだけど
    精一杯長生きする人たちと同じくらい
    生きてやるから!って、意味分からん」
    ハハハっと笑っている四葉を見ていると、
    なんか言う勇気が出た。
    「え〜っと、あたしのしたいことはね…」
  • 52 ☆*・智織・*☆ id:C/BACmq.

    2012-02-29(水) 21:57:45 [削除依頼]
    〜四葉〜
    「圭ちゃんと同じ夢をもつこと]
    美空が顔を紅くそめる。
    「え!?なになに??」
    あたしも夢花も、がぜん聞く気になった。

    「圭ちゃん!?誰それ!!」
    「名前は?どこの人?」
    あたしと夢花は、間をあけずに
    バババッと質問する。
  • 53 ☆*・智織・*☆ id:C/BACmq.

    2012-02-29(水) 22:01:51 [削除依頼]
    「え〜とね、もしかして、みんな
    圭ちゃんって男の子だと思ってる?」
    美空が慌てて聞いてくる。
    「え? イヤ、絶対男子でしょ」
    「ホント。美空の顔みたらわかるし」
    ニヤニヤしながら言ってみる。

    「ね? 男子でしょ?」
    あたしが再度かさねて聞くと、
    美空は顔を更に紅くする。
    「う…ん。そだよ///」
    「やだ、顔赤いよ!」
    「美空、カワイ〜!」

    あまりにも騒いだので、時間を見ず、
    いつのまにか面会時間を過ぎていた。
  • 54 ☆*智織*☆ id:un16R7V/

    2012-03-04(日) 12:46:32 [削除依頼]
    ゴメンです(>人<;)
    最近更新できず…

    とりあえず、あげときます
  • 55 ☆*智織*☆ id:u4DQHbk0

    2012-03-10(土) 23:24:23 [削除依頼]
    「美空ちゃん!時計見てみて」
    とびこんできた鈴香ちゃんの言葉で、
    全員が振り向いて時計を見た。
    「えぇ〜!?ヤバい!!」
    慌ててかえりじたくをする美空。

    「ねえ、今日とまつていけば?」
    夢花が言い出した。

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    最近ぜんっぜん更新できず、すみません><
    てか、最近読者のかたいないですね…←まえからだよッ!
  • 56 *みあ* id:Q5xU9eZ.

    2012-03-11(日) 17:08:49 [削除依頼]
    (・7・)/
    うあっほーい
  • 57 ☆*智織*☆ id:92qPKLi/

    2012-03-15(木) 16:01:49 [削除依頼]
    〒みあs
    初コメありがとうございます(*^o^*)
    次は意外な展開なんで、
    お楽しみに〜(*^^*)
  • 58 ☆*智織*☆ id:92qPKLi/

    2012-03-15(木) 16:04:09 [削除依頼]
    明日はいよいよ卒業です☆〜(ゝ。∂)
    中学は、小説家ぬになるために
    私立行きます(*^^*)

    うちの話(*^o^*)
  • 59 ☆*智織*☆ id:92qPKLi/

    2012-03-15(木) 17:20:43 [削除依頼]
    し、小説家ぬに…

    打ち間違いです((((;゚Д゚)))))))
    すんまそん。小説家にでした(・_・;
  • 60 ☆*智織*☆ id:92qPKLi/

    2012-03-15(木) 17:25:58 [削除依頼]
    「ほぇ…?」
    きょとんとする美空。
    「だーらぁ。泊まって行かないの?」
    夢花は美空の顔をのぞき込んだ。
    「いいの?」
    「OKだってぇ」
    ニヤリと笑う夢花は、なにかたくらんで
    いそうだった。
  • 61 ☆*智織*☆ id:92qPKLi/

    2012-03-15(木) 17:57:41 [削除依頼]
    「ちょっとお、何かたくらんでる?」
    夢花に聞くと、またニヤリと笑う。
    「ッたりまえじゃん!」
    そして、ガチャリとドアを開けて
    夢花は1人でトイレに行った。
  • 62 ☆*智織*☆ id:mJV6Pyt/

    2012-03-16(金) 16:02:48 [削除依頼]
    「ったく、何考えてんのやら」
    あきれて首をぐるりとまわすと
    美空が真っ赤になった。

    「どしたの。美空」
    「あの…えっと…」
    うつむいて話し始める美空。
    「あのね…。多分、夢花は
    あたしの好きな人のこと聞きだそうと
    してるんだと思うよ…」

    「好きな人ぉ!?」
    あたしは、座っていたイスから
    飛び上がった。
  • 63 読書家 id:ZvfX1V0.

    2012-03-17(土) 22:24:04 [削除依頼]
    来ましたよ
    すごい!!
    感動しました
    智織さんの読んでたら私なんてまだまだだなぁ〜って思いました
    お互い頑張りましょう
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません