君は純粋、7コメント

1 茉夏 id:wzuxl2m.

2012-02-10(金) 22:39:51 [削除依頼]


みなさんは、恋していますか。

夢や憧れを心に抱く少年少女。
それは私達を指すことばです。

きらきらしていて、愛らしい恋愛を書きたいです。

ゆっくり進めたいと思います。

よろしくお願いいたします(*_*)
  • 2 茉夏 id:wzuxl2m.

    2012-02-10(金) 23:00:10 [削除依頼]
    新しいものが好きな私。
    綺麗な言葉が好きな私。
    笑うことが好きな私。
    この単体のなかにたくさんの私が潜んでいる。
    感情は自由だ。左右される間もなく動く。
    私にも分からないときはある。
    自分のルールを作って計画立てたり、趣味に没頭したり。
    圧をかけて生きている。規制している。
    そうすると案外、成功するのだ…失敗しないものだ。
    毎日を淡々と過ごす。
    習い事や勉強だって疎かにしない。
    私はバレエと華道と琴をしているが、素敵だと思う。
    好きなもの、そして美しい心を生み出せるから。
    私が成長しているのを感じることが出来るから。
    きついというのは、充実した時間を過ごしたことに値する。
    自分を作って頼れる、そうなりたい。
    明るい毎日をおくれて幸せ。

    今日も学校が終わり、今から塾だ。
    テキストをリュックに詰め込み、からう。
    誕生日にもらったマフラーを巻いて、ポケットには手袋と飴玉をいれて
    髪の毛を整える。
    女の子だなと感じながら、ピーチ味のタブレットを口に放り込む。
    一連の動作を終え、友人との待ち合わせ場所に向かった。
  • 3 茉夏 id:wzuxl2m.

    2012-02-10(金) 23:50:02 [削除依頼]
    「寒い。」
    「ほんと寒い。」
    いつもこの会話から始まる。寒いというのは口癖だろう。
    「美奈、宿題してない!今日はCT 絶対不合格ー」
    「別に心配しなくても美奈は満点だよ。いつも言うように。」
    「花はそう言うけど。…言ってくれるけど。」
    「眠い」
    親友の美奈は成績がよく、私の第一目標は美奈だ。
    それに可愛い。こういう完全無欠な人っているけれど、個性が目立たない。
    自分のことを美奈と呼んで似合うのは美奈くらいだけれど。高1になって。
    「もうすぐバレンタインだね。チョコ作んなきゃ。」
    「友チョコ配らなきゃいけない…美奈は誰にあげるの?」
    「んー。ふふ。秘密ね、まだ。」
    「そっか。」
    「去年気合い入れすぎちゃったし、クッキーくらいがいいかな。」
    「チョコでいいのに。」
    「アレンジしたいしね。フォンダンショコラとか今は簡単に作れるキットだってあるんだよ。便利だからいいけど、被っちゃうのがちょっと…

    「ふーん。凄いね。」
    話が分からないのもあるけれど、反応が薄くなってしまう。
    美奈には渡す相手がいる。私はいない。なんの差なんだろう?
    別に私が必要としていないからいいけど。でも気になる話題。
    中学のときはみんなガキだったし、静かなもんで男子と話すこともなかった。
    「ま、それも塾のテスト終わってからか。美奈ね、お菓子づくりの練習しようと思うの。
    美味しいのあげたいし、お菓子づくりって楽しいから。うまくなりたい。」
    「私もお菓子づくりうまくなりたいって思うときある。」
    「あ、じゃあ一緒に練習しようよ。」
    「…いいや。自分で頑張りたいから。」
    「そう?」
    美奈としたら、比べられてしまう。
    美奈は、うまくなりたいって思って実行に移すから伸びるのかな。
    尊敬するけど、それを口に出来るほど大人じゃない。
    羨ましさやひがみとか、醜い心がまだ遮るから。
    「あー寒い。」
    そうこうしゃべっていると塾に着いた。
    「こんばんはー」
    すでに中学生と高校生が混じって混雑していた。
    靴をぬぐと、タイツが破れかけていて恥ずかしい。
    誰も気づいてはいないから良かった。
    美奈は足が細いし背がいい感じに高いから、塾でも目立つ。
    先輩にも声をかけられている。美奈は愛想よく流しているようだ。
    同級生の男子グループに多分好きな人がいる美奈は、そこに行った。
    予想だけれど、私の気になる人と被っていそうだ。
    好みは違えどもなんとなくそう思う。
    私はまだちょっと雰囲気が好きなだけ。気になっているだけ。
    そう思わないと、少し話し掛けられたら自惚れる自分がいるから。
    どうせ、美奈を選ぶのはわかっていること。
    定義なんだ。
    馬鹿みたいな私。
    美奈たちの方を一回見て席に着いた。
  • 4 茉夏 id:3GMyYOd1

    2012-02-11(土) 20:43:21 [削除依頼]
    「秀幸くんー美奈、クッキー作るんだぁ。よかったら、食べてくれないかなぁ?」
    「おい秀幸だけ先着予約かよー。ねえ美奈ちゃん俺にも作ってよ。」
    「えー、いいけどー。生チョコでいい?」
    「もちろん、何でもいいー美奈ちゃんがくれんなら。」
    「俺……甘いの苦手だったりするんだよな、神崎ゴメン。食えねぇ。」
    「うそぉ!クッキーも無理かあ。なんか作って欲しいもの、ある?」
    「わざわざいいよ。あいつらに作ってやれよ、まってんだから。」
    「でも……」
    「俺は遠慮してないし、ほんとにいらないから。」
    「分かった。」
    美奈はしょぼくれて自分の席に戻った。もう好きなのが見え見えだ。
    相手はなかなかモテているがクールで雰囲気がダークだ。バスケが上手くて、そして成績だっていい方だ。気は強そうだが、女の子を決して傷付けない。
    ひそかに想いを寄せている人は少なくないはず。
    私だって、なぜかわからないけど、多分恋と呼ばれるものをしている。
    美奈も好きな添田秀幸に。
    チョコを渡す相手ではない。その勇気を持たないのは自分だが。
    いつまでたっても現在地。変われない平凡自分。
    自分に声を掛けないと、美奈に何処までも引き離されるだけ。
    いつか塾の先生だっていっていた。
    ライバルにこだわるな。一番近くにいる敵こそ自分なのだ。
    恋とか勉強とか全て同じに。動けないのはどの角度から眺めたって自分しかいないから。
    「花。」
    「添田…?」
    「お前はチョコとかあげるん?」
    「別にあげないけど。どうして?」
    もうすぐで授業開始なのだが、間際となって添田に話し掛けられた。
    好きな人の名字を呼び捨てとか、可愛いげないと思われているに違いない。
    それでも平然と話している。内心はドキドキし過ぎだが必死に隠す。
    「花は、」
    「特別な友達おらんの?」
    「は?」
    「友達のなかの大事な人。おるとだろ?」
    「そいつにさ、チョコあげてみてん。」
    「チョコ…作んないし。」
    「そうか…じゃいい。」
    「なんでそういうの、欲しいん?」
    「はっ別にいらない。バスケ一筋だから。」
    「ふーん。美奈可哀想、あんな頑張ってるのに。」
    「その事知ってる。でも全然興味ないから。」
    「そうなんだ。」
    美奈が興味ないと言われ、私の程度の低さが伝わる。数競うために私にお願いしてることも知っている。それでも話したいから。
    「でも甘いの嫌いでしょ。」
    「さっきの聞いてたと?」
    「そうだけど。チョコパスなら添田のためだけに材料かうのはねぇ。」
    「チョコは嫌。でもお菓子でいい。」
    「って」
    「まーいい。なんか下さい。」
    そう言って私の席から離れた。理解するのに時間かかって、分かった、とちょっと叫んだ。
    なぜかうきうきする自分が見えた。特別感があって少し嬉しくなった。
  • 5 茉夏 id:gP.SnBh0

    2012-02-12(日) 17:52:24 [削除依頼]
    みなさん駄作ですが読んでくだされ!
  • 6 。・゜コトリ・゜・。 id:gQJCcJF0

    2012-02-12(日) 18:31:36 [削除依頼]
    面白いです(*^◯^*)
    頑張れー☆〜(ゝ。∂)

    あっ、ちなみに
    beby-君と僕の赤ちゃん
    という駄作を書いています…

    読んでくだされば嬉しいです★


    恋は全然してないな(*^◯^*)

    これからも拝見させていただきますね!

    またきます^^
  • 7 茉夏 id:gP.SnBh0

    2012-02-12(日) 20:33:46 [削除依頼]
    読みます!コメありです!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません