いじめられっこの日常11コメント

1 まり id:VcQytGW/

2012-02-06(月) 18:15:35 [削除依頼]
俺はクラスメイト28人にいじめられている。
  • 2 まり id:VcQytGW/

    2012-02-06(月) 18:25:38 [削除依頼]
    いつもと変わらない朝。
    グラウンドでは運動部が汗を流している。
    教室では仲いい同士が集まって
    他愛もない会話を楽しんでいる。
    特にクラスメイト同士が仲がいいと評判なのは、
    俺のクラス―3年1組だ。
    俺の学校はクラスが持ち上がり制度で、
    高校に入ってからずっと同じクラスメイトと
    過ごしている。

    いまの3年1組のクラスの中心人物は、
    俺の親友だった奴だ。


    "だった"
    そう、俺は先週から。
    クラスメイト28人にいじめられている。
  • 3 まり id:VcQytGW/

    2012-02-06(月) 18:33:24 [削除依頼]
    「…………」

    俺は無言で教室の扉を開けた。
    ワイワイと騒いでいた生徒たちが、
    一斉に黙り込んで俺の方を見る。
    俺は冷たい視線を感じながらも、
    ふと黒板を見た。
    すると白いチョークで太く
       "死ね"
    と真ん中に大きく書かれていた。
    俺が見たことを確認すると、
    女子たちがクスクスと笑う。

    「あーあ、宮本泣いちゃうよ」
    「絶対泣きながら文字消すよね」

    女子のリーダー格のやつらが、
    馬鹿にしたように鼻で笑う。

    誰が泣くかよバーカ。
    誰が泣きながら消すかよバーカ。

    俺は女子を一瞥すると、
    表情一つ変えずに自分の席に座った。
  • 4 ちー id:1nE/4KV.

    2012-02-06(月) 20:15:36 [削除依頼]
    面白い!!(^0^)ノ
    私もいじめシリーズ書いてるけど
    男の子がいじめられてるのって
    あんまり見た事ないから、新鮮!!(^0^)ノ
    更新がんばって!!(^^;)
  • 5 まり id:q0OK1uc.

    2012-02-07(火) 21:33:39 [削除依頼]
    >4 ちーsama* ありがとうございます! そう考えてみると. 新鮮ですね← 頑張らせて いただきますbb
  • 6 まり id:q0OK1uc.

    2012-02-07(火) 21:44:20 [削除依頼]
    すると、クラスの連中が
    ザワザワ騒ぎ出す。
    それもそうだろう。
    ここで担任が来たら
    豪い騒ぎになるからな。

    「宮本まじうぜぇ」

    俺の元親友―椎名颯が、
    そう大きな声で呟きながら
    近くにあった机を蹴った。

    "ガシャーンッ"

    机が倒れる音が教室に響く。
    それと共に教室が静まり返る。
    颯の友人たち……、
    まぁ俺の元友人たち二人が、
    コソコソと黒板消しで
    黒板の文字を消した。
  • 7 まり id:q0OK1uc.

    2012-02-07(火) 21:51:21 [削除依頼]
    「はい、席つけー」

    二人の男子生徒が
    黒板の文字を消し終わると同時に
    出席簿を手にした担任が、
    お決まりの台詞を言いながら
    教室に入ってきた。

    「ん? なんだ、お前等。
     黒板の掃除してくれたのか」

    黒板消しを手にしている
    男子生徒に担任は
    珍しそうな顔をした。
    男子生徒たちは苦笑し、
    席に急ぎ足で着いた。
    俺は頬杖をしながら、
    溜息をついた。

    「宮本さぁ、
     学校もう来るなよ」
  • 8 まり id:q0OK1uc.

    2012-02-07(火) 21:58:03 [削除依頼]
    何の前触れもなしに、
    隣の席の女子生徒……、
    と、いうか俺の元カノの
    七瀬歩が俺に向かって言った。

    「……何で?」

    俺は笑いながら歩に問いかけた。

    「辛いでしょ、宮本も」

    歩が真剣な顔をして言った。
    俺に話しかけたら、
    きっと女子から省かれる。
    だけど、そんなことを気にせずに、
    俺に話しかけてくれる優しいところは、
    付き合っていた頃と全く変わっていない。
    変わったのは、呼び方だけ。
    前は"蓮"だったのに今は苗字で"宮本"だ。

    「辛いわけねぇだろ。
     俺は―……、
     いじめを楽しんでるんだからさ」

    俺は笑いながら歩にそう言った。
  • 9 まり id:l88Bq21/

    2012-02-08(水) 20:43:28 [削除依頼]
    「……は? 何言ってんの」

    歩は呆れた声でそう言いながら、
    また同じ声で、
    「馬鹿じゃないの」、と付け加えた。

    「いいから邪魔すんなよ、
     俺は俺で楽しんでるんだからさ」

    俺は歩にそう言うと、
    HRをしている担任を見た。
    歩はゴチャゴチャ何か言っているが、
    俺が無視していると、
    渋々前を向いたようだ。

    ―「馬鹿じゃないの」
    さっきの歩の科白が、
    頭の中で何度も何度も
    繰り返し聞こえる。
    俺が馬鹿だっていうことは、
    俺自身が一番良く知っている。

    だって、楽しもうと思わないと、
    気づいたら涙が流れてるかもしれないぜ?
    親友だった奴等にいじめられている、っていう
    現実を直球に受け止めてしまったら。
  • 10 まり id:fa7fntO1

    2012-02-09(木) 23:14:33 [削除依頼]
    「蓮、昨日出た漫画見た?」

    二人で青春っぽく河原に
    寝そべって話していた1月中旬。
    寒さなんて気にもしないで、
    馬鹿やってた。

    「あー、まだ見てねぇ」

    俺が寝返りをうちながら
    颯に返事をした。

    「じゃ、貸してやる」

    「おーサンキューな、颯」

    颯はそう偉そうに笑うと、
    漫画を差し出した。
    俺と颯は入学以来の親友。
    ずっとクラスも同じせいか、
    いつもつるんでいる。

    「蓮ー、俺ら親友だよな」

    いきなり颯が真剣な声で
    話をはじめた。

    「何言ってんだよ。
     当たり前じゃねぇか」

    俺はまたいつもの冗談かと思い、
    笑って流した。

    「そうだよな、
     じゃ俺……帰るわ。
     漫画……お前にやるよ」

    颯は作り笑いを浮かべると、
    河原から走り去った。

    「颯っ……!!」

    俺が呼び止めても、
    颯は振り向かずに
    走って行った。
    颯の背中はだんだんと小さく、
    やがて見えなくなった。


    その翌日。
    俺がクラスでいじめられるようになった。
  • 11 まり id:Cor1xG6.

    2012-02-10(金) 23:40:01 [削除依頼]
    理由などは分からない。
    翌日、いつものように
    何一つ変わらずに登校し、
    何一つ変わらない3年1組に入った。

    「はよっー。
     つか、颯、昨日どうしたんだよ?」

    俺は教室に入ると一目散に、
    颯のもとにかけよった。
    すると先ほどまで騒いでいた
    クラスの連中が急に黙り込んだ。

    「……おい、みんなどうしたんだよ?」

    俺は笑いながら颯に尋ねた。
    俺と目が合うと、
    颯は気まずそうに目を逸らした。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません