dark moon13コメント

1  霧海 裂夜 id:mINdZEm.

2012-02-05(日) 14:45:15 [削除依頼]

 運命という名の錆びついた鎖を断ち切る――――。
  • 2 霧海 裂夜 id:mINdZEm.

    2012-02-05(日) 15:04:34 [削除依頼]
     パクリじゃないよwww
    (設定とかが似てるとかでそういう疑惑が浮上したので、自虐ネタとして使ってみた)
     あれは……まあ似ているのが不快だという方もいらっしゃると思いましたので、修正が終わり次第upします。
     今回は半分異世界ファンタジーです。
     はい、意味不明ですね(笑)
     ニコ動とかブログとかで忙しいので更新は遅めです。
  • 3 ジャック id:2w6K5rb.

    2012-02-05(日) 15:23:07 [削除依頼]
    おお、これはこの前の内容ですよね
    俺はすごく楽しみにしてました
    今でも楽しみです

    なので頑張ってください
  • 4  霧海 裂夜 id:mINdZEm.

    2012-02-05(日) 15:47:16 [削除依頼]
    >ジャックさん
     あ、すみませんあれとは違うんです。
     さすがにちょっと書き直しの時間が必要でしたので、あれが完結した後にupするつもりだった小説を先にスタートさせました。
  • 5 霧海 裂夜 id:VPf.U.b0

    2012-02-18(土) 19:27:39 [削除依頼]
    序章

     陽も落ちかけ、その狭い房(へや)は闇に侵食されつつある。
     石造りの牢の壁に両手を鎖で縛り付けられるという形で捕らえられた柊(ひいらぎ)は、霧の国の兵士数名と王の側近らしき男に囲まれて尋問を受けていた。
    「巫女をどこへ隠した? 答えよ」
     柊は口ごもった。
     巫女。
     彼女の居場所を全く知らないというわけではない。それに忘れたわけでもない。
     ただ、それを話すことは自らの今までしてきたことを全て無に還すことになりかねないからだ。
  • 6 霧海 裂夜 id:QzyLtFT1

    2012-02-19(日) 18:20:09 [削除依頼]
    「どうした? 早く答えよ」
     下級兵士と思われる長身の青年は声を荒げ、腰に差した剣へと手を伸ばす。おそらくは言わぬのなら殺してやるという意思表示のつもりなのだろう。
     もっとも、その程度の脅しに屈するほど柊も愚かではないが。
     柊はうつむき、唇をかみしめる。
     彼には、居場所について話すつもりもここから脱出するつもりもなかった。
  • 7 霧海 裂夜 id:QzyLtFT1

    2012-02-19(日) 18:58:36 [削除依頼]
     いっそここで死ぬのも悪くない。
     彼は心の中で呟く。
     彼の来ていた着物はところどころ切れてぼろぼろになっていた。海を想像させる水しぶきのような模様が描かれていたはずの辺りはべっとりと返り血で濡れ、微かに錆びた鉄のような香りを放っている。
     この牢から仮に逃げだせたとしても自国を裏切るような行為をした自分が戻ったところで受け入れてくれるはずもなければ、どこか新しい土地で暮らせるはずもない。ひっそりとした生活を殺すには、彼はあまりに多くの人を殺し過ぎた。
     そして、彼は自らが死ななければならないということを知っていた。

     彼女を救うためには死ななければならないと――――。
  • 8 霧海 裂夜 id:QzyLtFT1

    2012-02-19(日) 19:03:18 [削除依頼]
    □作者コメント□
     序章終了(笑)
     いきなり作者コメントとか早くね? と思ったあなた。
     あなたの感覚は間違いなく正しいですw
     スレ立てたはいいけどいきなり生徒会が忙しくなってしまい……まさかのいきなり更新滞るという大惨事にorz
     多分読者0だけどすみませんでした!!!!
     もうしばらくしたらテストが始まってしまうのでまた更新できなくなりますが、確実に戻ってきますのでご安心を。
     それではさいなら〜(……(笑))
  • 9 美月 id:QzyLtFT1

    2012-02-19(日) 23:12:31 [削除依頼]
     霧海さんの新作だ!!!!!!
    すっごく続きの気になる感じの序章ですね♪
     更新頑張ってください、応援してます
  • 10 霧海 裂夜 id:ASAANxM0

    2012-02-20(月) 15:17:30 [削除依頼]
    >美月さん
     ありがとうございます。
     本当にテスト近いので更新は遅めです……すみません。
  • 11 猫村 創 id:oapsrbM1

    2012-02-20(月) 15:55:05 [削除依頼]
    霧海様の小説だ!
    この小説の名前って、ブログの名前と同じですよね??
    違ったらスミマセン……。
    更新期待しています! 頑張ってください
  • 12 霧海 裂夜 id:ASAANxM0

    2012-02-20(月) 17:05:03 [削除依頼]
    >猫村 創さん
     タイトルを考えるのが面倒だったのでブログからとってきちゃいました(笑)
     そして何故に『様』付?w
  • 13 霧海 裂夜 id:bQ87Gq6/

    2012-03-10(土) 13:04:40 [削除依頼]

    第一章

           御使い様


     「ねえ、由希ちゃん」
     なんとなくつけていたあまり面白くもないテレビ番組を、ソファーにもたれかかりながら由希はただぼんやりと眺めている。
     ソファーの後ろに立つ姉の声は、確かに聞こえていた。
     だが、相手をしてやるつもりはない。
     いつもよりほんの少し高い声で。
     いつもよりほんの少し優しげな声で話しかけてくるときはたいてい、面倒な要件を押しつけようとしているからだ。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません