親子恋愛    *12コメント

1 皐月。 id:76wStpk/

2012-02-02(木) 19:20:14 [削除依頼]



「俺、母さんこと
      好きになった…」

どうしても、
抑えられない想いがある。

それは重くて、
決して許されないものでも―。


.


なんか2作目←
恋愛体験ないくせに
恋愛とかいってみた.
  • 2 ☆ユピ☆ id:UqawWvh1

    2012-02-02(木) 21:28:37 [削除依頼]
    気になります(>w<)/
    続きを書いてくださいまし★
  • 3 +葉月+ id:jcjoln3/

    2012-02-02(木) 22:40:25 [削除依頼]
    気になる・・続き〜
  • 4 皐月。 id:eoh3BgA1

    2012-02-05(日) 17:43:43 [削除依頼]
    >>2+3様. コメントありがとう.
  • 5 皐月。 id:eoh3BgA1

    2012-02-05(日) 17:46:41 [削除依頼]

    よし!
    更新する わーい***.
  • 6 皐月。 id:eoh3BgA1

    2012-02-05(日) 18:08:39 [削除依頼]
    恋愛とかさ、してみたい( 黙

    #01.

    「ちょっと、脩斗!
    お弁当箱出しなさい!」
    「あ?台所あんじゃねぇの?」
    「ないわよ。どうせ脩斗のことだから
    また一昨日のことでしょう!」
    はー…うっせーな。
    弁当箱ごときで
    グチャグチャ言ってんなっつの。

    「ほら、出しなさいってば!」
    声と同時に部屋のドアが荒く開いた。
    「はいはい。まじうっせ」
    カバンから弁当箱を雑に取り出して手渡す。
    「『うっせ』は余計よ。
    今度出さなかったらお弁当抜きだから」
    「いーよ別に。購買行くし」
    「あらそう?じゃ、お小遣いも抜くわね」
    「はぁ?!ざけんなよ!」

    何言ってんだ。
    まじ腹立つ!

    「今度から出しなさいよー」
    「あーもー。わーったわーった!
    早く出て行けって」
    ゴチャゴチャうるっせーなホント。
    「まったくー。反抗期かしらね?」
    「知らねーよ!俺に聞くな!
    とにかく部屋から出ろ!」
    「出て行けってひどいわねー。
    お母さん悲しい」
    悲しい悲しい言いながら
    部屋を出て行く母さん。

    悲しいのは俺だ。

    こんな母親のことを

    ―好きになっちまったんだから。


    ...NEXT***
  • 7 皐月。 id:eoh3BgA1

    2012-02-05(日) 18:39:53 [削除依頼]

    #02.

    「はー…」
    ため息をついてベッドに飛び込む。
    静まり返った部屋内には、
    時計の秒針の音が響いていた。

    携帯の画面を見ると、
    時刻は既に0時を回っていた。
    なのに全く寝れない。
    この頃、全然寝てない気がする。
    そのせいで朝、起きにくい。

    「……」
    無言のままベッドから立ち上がった。
    机の引き出しから、
    PSPを取り出して電源をONにする。
    「確か、まだ全クリしてなかったっけ」
    独り言を呟いて、再びベッドに寝転がる。

    先月買ったばかりのゲームを、
    やりにやり込んで、最終ボスの目前まできた。

    「コイツ強ぇからなー。……はぁ」
    前に一度挑んで、呆気なく倒された俺は
    腹が立ってブッチした。
    幸い途中までセーブされていたため、
    今こうやってラスボス前から始めている。
    「あ!僧侶の野郎しんだ!」
    やっぱり強い。
    ちゃんとレベルあげとくべきだったなー。
    戦闘がだるかったから、
    敵とか全部無視してきた。
    そのツケが回ってきてんだ。

    ―コンコン
    不意にドアがノックされた。
    母さんだ。
    俺の家は、家族2人。
    俺と母さんだけ。
    親父とは俺が小さい時に離婚したらしい。

    「何」
    「明日ね、お母さん同窓会あるから
    帰り遅くなるの。夜御飯は作っておくからね」
    「…おー」
    同窓会か。
    「それじゃあお母さん、もう寝るから。
    おやすみ。脩斗」
    「…」

    パタパタとスリッパの音が遠のいていく。

    明日、いねぇんだ。
    ま、別にいいけど。

    ...NEXT
  • 8 バナナ id:nVrY03Y.

    2012-02-05(日) 18:53:04 [削除依頼]
    早く更新してください!楽しみに待っています!
  • 9 皐月。 id:eoh3BgA1

    2012-02-05(日) 19:58:48 [削除依頼]
    >>8様. コメントありがとう* 早くですか…把握です…( 楽しみに待ってくれてる人が いるってことが知れて嬉しいです.
  • 10 皐月。 id:eoh3BgA1

    2012-02-05(日) 20:34:33 [削除依頼]

    #03.

    「はー…」
    今日三回目のため息を吐いて、
    PSPの電源を切る。

    また負けた…。
    ボス強すぎだ。
    もういいや。
    調子でねぇし。
    ……そろそろ、寝るか…

    明日、来なくていいのにな。


    ―Ririririririri....
    目覚まし時計が鳴り響く。
    「ふあー……」
    欠伸をして、立ち上がる。


    途中おち.
  • 11 皐月@ id:8dWOLZd1

    2012-02-06(月) 18:55:16 [削除依頼]

    あげ!
    ようし更新するぞ!
  • 12 皐月@ 猫娘 id:8dWOLZd1

    2012-02-06(月) 19:03:53 [削除依頼]

    名前がおかしいのはパス

    #03.

    「はー…」
    今日三回目のため息を吐いて、
    PSPの電源を切る。

    また負けた…。
    ボス強すぎだ。
    もういいや。
    調子でねぇし。
    ……そろそろ、寝るか…

    明日、来なくていいのにな。


    ―Ririririririri....
    目覚まし時計が鳴り響く。
    「ふあー……」
    欠伸をして、立ち上がる。

    その時脳内に何かが走った。
    そういえば、
    今日母さんはいねぇ日だった。
    朝っぱらからか?
    「………ふあぁ…」
    もう一度欠伸をする。

    ゆっくりと階段を下りて
    リビングに向かう。
    包丁の音は聞こえず、
    リビングはかなり静まり返っていた。
    「………」
    買いだしかなんかに
    行ってんのか。
    さすがの朝っぱらからはねぇだろ。

    …静寂なリビングのソファに座りこむ。
    いつものようにテレビをつけて、
    テレビの心地いい、キャスターの声に
    耳を澄ませながら、俺は…
    ――   寂しい。

    そう思った。


    ...NEXT
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません