俺のすべてでキミを守る14コメント

1  桜 id:beqLaI90

2012-02-02(木) 16:19:31 [削除依頼]

野球ばっかりしてた俺に、守りたいものができた

幼い俺に、恋を・・そして人を愛するという事を

教えてくれたキミに感謝します

ありがとう。 今もこれからも愛してる
  • 2  桜 id:beqLaI90

    2012-02-02(木) 16:36:50 [削除依頼]
    俺、西山裕也
    俺は、幼い頃からずっと野球をやってきた
    小さい頃、体が弱かった俺に野球を教えてくれたのは
    ―親父だったんだ

    親父は、俺と母さんを残して亡くなった
    でも、もう気づけば4年も経っていた

    俺が入った高校は【恋城高校】だった
    かなり、レベルが高かったが、ギリギリ入学する
    事ができた

    あれこれあって2ヶ月が過ぎた

    いつものように階段を登っていると声が聞こえた
    女子がしゃべってるんだろうと思い登った
    すると
    「優美!」
    1人の女の子が叫んだ
    その瞬間もう1人の女の子が階段を踏み外し落ちた

    俺は、ギリギリその子をキャッチする事ができた

    「あっ!ありがとう・・・ございます」

    「いえいえ・・・・大丈夫ですか?」

    その子が顔をあげた

    その瞬間――― キミに恋をした

    すごく、綺麗だった

    「優美!大丈夫?怪我はない?」
    1人の女の子が近寄ってきた

    この子・・・優美って言うのか・・・・

    「あの!園川 優美です」
    自己紹介されたので、俺も急いで言った

    「西山裕也・・・です」

    ヤバイ・・・かなり緊張した声になってしまった

    「私、藤田由紀です。さっきは優美を助けてくれて
    ありがとう」

    ――― キミと出合ったのは、ホント偶然だった
  • 3  桜 id:beqLaI90

    2012-02-02(木) 16:53:50 [削除依頼]
    あれから、会うたびにドンドン好きになっていった

    「ねぇ☆裕也君♪」

    優美はいつものように決まって俺がいる教室へ来る

    「ん?何?」

    「今日も、一緒に帰ろう♪」

    「うん、じゃ〜いつもの所で」

    最近、親友の由紀に彼氏が出来た
    そのため、「1人になるから」 と言って毎日俺と帰る
    そして、俺の楽しみにしていた放課後
    でも、ココで困るのが話題がでない事だ

    『・・・・・・・』 だまりこむ2人

    よぉ〜し! 俺から声を掛けてみるぞ!

    「なぁ〜・・・優美の親ってどんな人?』

    『えっ!? えっ・・・えっと・・いい人!』

    慌てた風に言う優美に違和感をいだいた

    まさか・・・言っちゃいけない事だったんじゃぁ・・

    「ごめん!無理して答えなくていいよ」

    『・・・・ありがとう』
    俺達はいつも左右に別れる

    「じゃ〜ね」

    少し目を真っ赤にした優美が手を振る

    マズイ・・・泣かせちゃった!
    俺は、ありったけの声をだして反対側の道にいる
    優美に叫んだ

    「相談にのるからさ!」

    と言った

    優美は少しビックリしていたがこう言った

    「うん!ありがと!」

    ―― キミは、俺と同じ悲しみを背負っていた
  • 4  桜 id:Wzx8xPb/

    2012-02-04(土) 16:06:21 [削除依頼]
    家に帰ってベットにダイブした
    うわぁー・・・俺泣かしちゃった・・・
    明日、どうすればいいんだ!

    そんな事を、考えていると家の下から声がした

    「おぉ〜い!裕也!久々に野球しようぜ!」

    俺を、誘ってくれたのは、小さい頃からの親友 山中竜太だ
    俺は、急いで、私服に着替えるとこう言った

    「おう!一緒にやろうぜっ!」

    俺達は今、近くのグラウンドにいる
    ん?・・・あれはまさか・・・優美!?
    優美が一点を見つめていた
    優美の視線をたどると・・・

    ものすごいかっこいい人がいた
    その人は、優美に気づき、駆け寄る
    優美は笑って、タオルを差し出す
    そして、その人は、汗を拭いた後、優美にタオルを返した

    「おい!裕也!どっち向いてんだよ!」

    竜太が怒鳴った

    「すまん!」

    俺は、急いでボールを取りに行った
    ・・・・心の中では、優美とあの人の事でいっぱいだった

    ―― 竜太、ごめんな
    あの時、もっと真剣にやってれば・・・
    お前は、満足してたんだろうな・・・・・・
  • 5  桜 id:Wzx8xPb/

    2012-02-04(土) 16:21:16 [削除依頼]
    グラウンドを出て、竜太と少し、歩いた

    「なぁー・・・裕也、お前・・・何見てたの?」

    竜太が不思議そうに聞いた
    俺は正直迷った
    言った方が・・・いいんだろうか
    ええい!もう、どうにでもなれ!

    「まぁー・・・近くに好きな子がいたから・・・つい」

    俺は、頭をかきながら言った
    すると、竜太が

    「園川 優美・・・だろ?」

    えっ?なんでお前が・・・・

    「何で知ってんの?」

    「だって、俺アイツと 小さい頃から遊んでたもん」

    そうなんだ 全然気づかなかった

    「ってか! 裕也、お前も遊んだことあるだろ!」

    え?俺はそんな覚えがないんだけど・・・

    「は?冗談?よしてくれよ!」

    冗談かと、思い言ってみた
    すると

    「冗談じゃね〜し!」

    と言った 俺が・・・あの優美・・・と?

    「じゃ〜な」

    俺と竜太は昔から、家が反対側にあったため
    小さい頃から、いつも親と一緒に竜太の家へ行ったよう
    な記憶がある

    家に帰ると、ふと竜太が言ったことを思い出した

    「う〜ん・・・」

    考えているうちに、眠りについてしまった

    ―― 優美、俺は、お前が傍にいた事
    気づかなかったんだ・・・ごめんな
  • 6  桜 id:Wzx8xPb/

    2012-02-04(土) 16:36:51 [削除依頼]
    目が覚めると、目の前に桜の木があった

    「裕也!」

    懐かしい、大好きだった人の声・・・・親父だった

    「お父さん!」 俺は駆け寄った

    ん?変だ・・・・だって、親父はもういないんだぞ
    夢? やっぱ夢? それに・・体が小さくなっている

    「裕也!野球、するか?」

    しばらくキャッチボールをした・・・気がする

    「裕也!上手くなったな!」

    親父は、いつも大げさに褒めてくれた
    小さかった俺は、それがすごい嬉しくて何でも
    頑張ってたっけ?
    すると・・・・

    「裕也!裕也!」

    辺りを見回すと 竜太・・・と女の子がたっていた

    「竜太! おっ?優美じゃないか!大きくなったな!」

    え?親父・・・今なんて?

    「優美!アメリカから、帰ってきたのか!」

    親父・・・優美って言わなかった?

    「おじさんっ!英語、ぺらぺらになったよっ!」

    優美はそう言った
    優美って・・・あの優美じゃ・・ないよな?

    「ねぇ〜お父さん、この子誰?」

    お父さんのズボンを引っ張って聞いてみた

    「裕也・・・お前、初めてだっけ? この子
    裕也や竜太と同い年で、近所に住んでる 園川 優美」

    園川・・・・? 竜太が言ってたよな?
    小さい頃、遊んだ・・・って

    「裕也くん!よろしくね」

    小さい手で、桜をつかんで、それを渡してくれた

    「ありがとう。優美ちゃん」

    すると・・・親父が言った

    「よぉ〜し! 皆でキャッチボールでもするか!」

    2人は「よぉ〜し!」とか「こい!」何て言っていた

    俺は言ったんだ

    「よぉ〜し!負けないぞ!」

    そこで、誰かに名前を呼ばれた

    「裕也!!起きなさい!裕也!朝よ!」

    俺は、ゆっくりと目を開けた
    すると、そこには、母さんが立っていた

    「母さん、俺、父さん達の夢みた」

    一瞬びっくりしていたけど、すぐに笑顔になって

    「そう。よかったわね」

    と、言ってくれた

    ―― 父さん。俺、父さんに何もしてやれなかった・・
    こんな、俺を、許してください
  • 7  桜 id:Wzx8xPb/

    2012-02-04(土) 16:44:02 [削除依頼]
    学校に、行ったら確かめてみないと・・・

    「あっ!裕也君!」

    学校に着く前に優美に会ってしまった
    よし!チャンスだっ!

    「なぁー・・・お前、俺の事、前から知ってた?」

    優美はビックリしていたが話してくれた

    「うん。知ってたよ。おじさんの息子でしょ?」

    やっぱり。じゃーあの夢や竜太の言ってた事って
    当たったのか??

    「桜渡してくれたよな?」

    と、聞いてみた すると・・・

    「うん。裕也君、やっと気づいてくれた」

    優美が少し笑った

    「ねぇー・・・あの後、どうなったか、分かる?」

    優美が聞いてきた

    「う〜ん・・・分かんねぇ・・」

    マジで分かんなかったんだ

    「じゃ、思い出してくれたお礼に、教えてあげるね

    少し悲しそうな顔をして言った

    ―― 優美 キミは俺と同じ思いだったんだね
  • 8  桜 id:Wzx8xPb/

    2012-02-04(土) 17:01:08 [削除依頼]
    「あの後ね・・・・」

    優美はゆっくりと話し始めた

    「お母さん、死んじゃったんだ」

    えっ? 優美のお母さんが?

    「それでね、お父さん、ショックが大きすぎて
    『アイツの分まで頑張らなきゃ!』って」

    優実がクスクスと笑った

    「前向きな・・・お父さんなんだな」

    「うん。前向きすぎて困っちゃう・・・・」

    優美の目から涙が一筋流れた
    俺はそれを見逃さなかったんだ

    「でも、裕也君だって、お父さん亡くなってたよね
    優しいおじさんだったんだけどなぁ・・・」

    優美はとうとう泣き出した
    声を押し殺して
    俺はそっと後ろから抱きしめた

    ずっと・・・こうしたいと思ってたんだ

    「・・・・裕也・・・君?」

    「俺が、お前を守るから」

    優美の涙が止まった
    今度は、真正面から、抱きしめた

    「俺が、俺のすべてで、お前を守る!
    だから、これ以上泣くな」

    「それって・・・」 優実が真っ赤になって言った

    「優美・・・俺と付き合って」

    優美は、何か考えた後言った

    「うん。裕也、大好き」

    初めて裕也って呼ばれた事がこんなにも嬉しい事だなん
    て思わなかった

    「優美、昨日グラウンドいたよな?」

    俺は、不安を押し殺して聞いてみた

    「うん。弟が迎えに来いってうるさかったから」

    あの美男・・・優美の弟だったんだ
    美人兄妹だな

    「っていうか、何でクラウンドにいた事知ってんの?」

    優美はビックリした顔で聞いてきた

    「竜太とキャッチボールしてた時見えたから」

    優美はフフッと笑った

    「もしかして、やきもちやいてくれた?」

    優美は、照れながら言った

    「おう!なんか悪いかよっ!」

    たぶん、俺の顔 スゲー真っ赤だと思う

    「って、竜太いたんだ」

    「いたよ!気づかなかったのかー?」

    こんな他愛もない話が嬉しいなんて
    俺、 変だよな

    ―― 優美、すべての事を話してくれて、ありがとな
  • 9 桜 id:Wzx8xPb/

    2012-02-04(土) 17:09:52 [削除依頼]
    放課後になり、一緒に歩いて帰った
    優美が『休みたい』と言ったので、近くの草原で
    休んでいた

    「星、綺麗だね」

    優美が言った

    「お前の方が綺麗だよ」

    優美がどんな反応するのかと思い言ってみた
    すると、真っ赤になってうつむいた
    そんな反応されると・・・俺まで真っ赤に
    なっちまうよ!

    「おじさんと、私のお母さん、元気かなー?」

    寂しそうに優美が言った

    「元気だろ」

    優美の目から、涙か落ちた

    「あっ・・あれ?・・・涙がでできた・・・」

    俺は、優美を抱きしめた

    「大丈夫・・・・俺がお前を守るから
    泣くなよ。俺にまで移るだろ?」

    すると、優美が笑った

    「ありがとう」

    初めて優美としたキスは、涙っぽい味がした

    「何か、涙の味だね」

    優美が笑った

    「二人とも、大事な人を1人なくしてるからだよ」

    俺は言ってみた すると

    「そうかなー?」

    優美が、真っ赤な目を向けてきた

    ―― 優美、キミは・・・今ドコにいるの?
  • 10  桜 id:Wzx8xPb/

    2012-02-04(土) 17:14:58 [削除依頼]

    誰も、こないなぁ・・・・

    1人ってこんなに寂しかったっけ?
  • 11 芹菜【ちー∩王子】 id:AB9sR0x0

    2012-02-06(月) 17:15:26 [削除依頼]
    わぁー☆ 上手だねっ☆

    今後の裕也の行動に、期待しなきゃ♪

    優美も、天然な感じで、女のあたしでも、【守ってあげたい】!

    なんて、思っちゃう☆
  • 12  桜 id:AB9sR0x0

    2012-02-06(月) 17:17:46 [削除依頼]
    頑張りますッ☆
  • 13 桜 id:AB9sR0x0

    2012-02-06(月) 17:18:24 [削除依頼]
    改めまして・・・桜です!

    未熟者だけと、よろしくお願いします☆
  • 14 ちい id:cszKDLA/

    2012-02-06(月) 21:48:22 [削除依頼]
    おもしろい!!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません