Freaks4コメント

1 鬼灯 id:yWzJE7O/

2012-02-01(水) 19:49:38 [削除依頼]
 
 Freaks。
 それは異形のものたちの総称。
 
 科学技術に溺れ驕った、
 人間たちの遺したものたち。
 
 
  • 2 鬼灯 id:yWzJE7O/

    2012-02-01(水) 20:27:35 [削除依頼]
    第一章 赤い砂の沙漠
     
     夜の沙漠は極寒の大地だ。
     昼間の灼熱が嘘のように鎮まり返り、真冬のような寒さが街を襲う。
     沙漠には、申し訳程度に点在する水場がある。オアシスと呼ばれるそれを囲むように石造りの家が放射状に並んでいた。それらの建物をまた、高い塀が囲んでいる。砂嵐から街を守るためだ。
     沙漠に含まれる鉱物成分の結晶が、月光に反射して所々で煌めいていた。満月ということもあってか、日頃とは比にならない程に、大地は夜空を写したかのような美しさをみせていた。
     塀の上で守をしていた少年は嘆息する。羽織るマントは薄く襤褸のようで、見るからに寒さを防げるような代物ではなかったが、彼の手が震えることはなかった。少年は寒さに慣れていた。夜間の南東方面の守が、彼の主な仕事であったからだ。夜を通して、朝日が昇るまで、異常がないかを見張るのだ。
     決して暇な仕事ではない。望んでこなしているものではなかったが、手を抜けば自らにも害が降り懸かるということもあり、少年はいたく真面目な奴であると評判だった。
     けれどどれだけ熱心な者であれ、一息つきたくなる時がある。
     自然が生み出した幻想的な風景に、少年は心癒された。
  • 3 鬼灯 id:yWzJE7O/

    2012-02-01(水) 23:30:17 [削除依頼]
     塀の上で守をするのは、奴(ど)と呼ばれるものたちにあてられる仕事のうちのひとつだ。辛く、大変な仕事。奴でないのは、奴たちを監督する少数だけ。
     奴というのは文字どおり、しもべのことだ。金銭などで取引される、人としての尊厳が認められていない存在だ。少年は奴だった。物心ついたときには奴であったため、どうして自分が奴であるかなど知る訳もなかった。
     少年は月を見上げ、ふわ、と欠伸をする。そして、しまったと体を強ばらせた。
    「衛(エイ)。気を散らすな」
     案の定、隣に居た少年からおとがめを喰らった。
     そう。少年、もとい衛はひとりではない。塀の守は数人に任されるのだ。東西南北の四つの組に分けられ、そのなかでもさらに真南南西南東、などと三つの班に分けられる。
     衛をとがめた少年は、十司という名だ。南組の最年長であり、組長でもある。組長は下のものの責任を負わなければならない。気を張らすのも仕方のないことだ。
     南東班は、衛と十司、そしてもう二人、ログと陣という少年たちだった。
    「ごめん、十司。月が、眩しくて」
    「眠いなら話でもするか?」
    「いや、眠くはない」
     首を横に振る衛に、陣は笑った。
  • 4 鬼灯 id:leqSHFn.

    2012-02-02(木) 01:41:07 [削除依頼]
    「意地を張るなよ、ちみっこいの。監査役は暫く来ないぞ」
    「張ってねえし。チビじゃねえし」
     陣は面倒見がいい。奴に似つかわしくない綺麗で朗らかな笑みが、衛は好きだった。言葉が乱雑で反抗的に鳴ったりもするが、それも拒絶ではない。戯れの一種だ。
    「まあ聞けって。お前の二倍も長く塀守をやってきたんだ。聞いておいて損はないと思うぞ」
     衛は少し面倒だと思い、助けを求めて辺りを見回した。十司を見れば、彼は鷹のような目で沙漠を見据え、我関せずといった様子だった。好きにしろ。横顔で、そう語っている。
     ログはいつも通りに黙したまま、同じように沙漠の方向を向いていた。
     衛は諦めて陣を横目で見た。体は沙漠へ向けたままだ。
     二人して前を向きながら、衛と陣は会話を進めた。
    「倍っても、たかが三年の差だろ」
    「たかが三年、されど三年というだろ」
    「聞いたこともねえよそんな格言」
    「草を軽んじるものは、草に転ぶとは聞いたことがあるだろう?」
    「……なんか使いどころが違う気がするんだが。いや、あってるのか?」
     首を傾げる衛の頭を、細かいことは気にするなと言って、陣は撫でた。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません