俺は凡人だ!!115コメント

1 罪歌MAGOITI id:Eab1KFc1

2012-01-31(火) 21:15:42 [削除依頼]
 ABYの小説「厨二病戦争」でお世話になっている僕が。
 初のオリジナル作品を描きます!
温かい目で見ててください。

 作風は
「俺、転入生なんだけど
  皆に誤解されてく」
 てな、感じです。

 よろしくです
  • 96 罪歌MAGOITI id:JFFkOjK/

    2012-03-13(火) 20:00:05 [削除依頼]
    刃)残像は出てないとして、、
     お前一日で何があった?

     驚きの表情すらも浮かべるのを面倒くさそうに
    刃が聞く。

    山)だから、究極にして人類最終形態である『アイツ』の
     妹の『まーちゃん』に会ったんだってば。

     嘘だろ?心の中で刃は言った。
    たかだか、一人の女が。
     昨日まで虫の息だった男を、ここまで
    元気にさせる。まるで、名医の様に。むしろ魔法使いの様に。

    山)あー、『枯れ葉の舞』も疲れたし。
      次、俺の攻撃ね。
      『まーちゃん』に会ったから少し感覚取り戻したんだよね。嬉しくないけど。

     山田がそう言ってから。刃は我に帰り、素早く身構えた。
    刃はあまり得意ではないが抜刀術も出来る。
     精神統一して、集中すると、、、
  • 97 罪歌MAGOITI id:qZ9MCWT/

    2012-03-14(水) 22:29:10 [削除依頼]
     刃は気付いた。同時に驚いた。自分に失望すらした。
    何でこんな事がありえる?嘘だろ。俺は確かに木刀を持って身構えた。
    木刀を持って抜刀術の構えをした。木刀を握り力を込めて集中した。
     なのに、
    木刀は、、

    山)へぇ、やっぱ良い木刀を持ってんだ、すげー。

     山田が持ってる。
  • 98 罪歌MAGOITI id:RsZwKE0.

    2012-03-17(土) 16:23:37 [削除依頼]
     山田が木刀を一頻り褒め倒していると、
    刃がその場を立ち去ろうとしていた。

    山)ちょっ、お前何処行くんだよ。
    刃)俺はこれでも一人の剣士なんだよ。
      剣を取られては勝負にならねぇ、帰るよ。俺の負けだ
    山)えっと、木刀は返すよ

     木刀を渡された刃は
    「次は勝つからな」と一言言った。
     その一瞬、二人が一代達の存在を忘れてた瞬間に

    「ぐひひ、刃が使えないならいいもんね。
      山田そこ動くなよ。」

     山田が声のする方を見ると
    一代の華奢な首元に、ナイフが。
     一代は体を押さえつけられ、首にナイフを押当てられていた。
  • 99 罪歌MAGOITI id:RsZwKE0.

    2012-03-17(土) 16:39:21 [削除依頼]
     「ぐひひ、僕ちゃん頭良いね。
     人質を取っておけばそこの筋肉馬鹿は動けないよね」

     そいつはにこやかに欲望で染まっている目で笑っていた。

     さて、どうしたものか。
    多分、あいつは手加減とか知らないから思いっきり一代に...
    あぁ、どうすれば良いんだ。

     山田は後悔をしていた。
    「まーちゃん」に会って自分が短絡的になっていた。
    やっぱ、人を救う様な人間になるには『アイツ』に力を借りるしか無いのか?

     一人嘆いていると
    刃が木刀を構えた。

    「ぐひひ、刃さ―ん。
     速くそこの筋肉馬鹿をやっつけてよ〜
     ほら、僕が人質を取ってるうちに〜」

    刃はただ黙って木刀を勢い良く振った。
  • 100 罪歌MAGOITI id:RsZwKE0.

    2012-03-17(土) 16:59:53 [削除依頼]
    「えっ?」

     そいつは驚きの声を上げ、
    倒れた。
     状況も分からず、刃が何をしたかもしらずに

     刃の行動は凄まじかった。

     素早い。一言で言えばくだらない事だが
    体験すれば全く違う。

     刃は山田に木刀を振り、
    頭に当たる前に体を回転させ、、
     一代を拘束するそいつの背後に回り込み頭に
    木刀を振った。

     その後刃はそいつを肩に乗せ、
    「まぁ、俺の雇い主はきっちりけじめつけさせるから安心しな。
     じゃぁな」
     と言い残して、そのまま走った。
    まるで、人を担いでる事が分からない程に軽やかに。
  • 101 罪歌MAGOITI id:RsZwKE0.

    2012-03-17(土) 17:17:36 [削除依頼]
     山田は解放された一代を見た。
    一代は少し嗚咽を漏らしていたが、暫くすると
    申し訳無さそうに言った。

    一)山田、悪かった。
      私のせいで、、、

     最後まで聞かずに山田は一代を小突いた。
    山)そんな事より、
      なんで黙ってたんだよ。俺らにも言ってくれれば良いのに
    一)しかし、迷惑がかか、、
    山)黙れ!言い訳すんな!!
    一)(なんで、と聞いといてそれはどうなんだ。)
    山)迷惑な訳あるか!
      友達だろ!!俺に世界征服を狙う秘密結社にスカウトする事以外は
    何でも頼れ、俺も頼るから!!
    一)・・・
    山)でないと、悲しいじゃん、、、

     目の前で子供っぽく目を潤ませる山田を見て
    一代は笑った。何処か可笑しくて笑った。
    久しぶりに笑った。腹の底から笑った。笑い過ぎて腹が痛くなった。

    山)何が可笑しいんだよ
    一)いや、ただ、、、

     少し汚れた尻尾が山田の尻に付いてるなんて私に言える訳が無いだろう
    一代は心の中でそう思った。
    その後山田がそれに気付いた時に、また笑った。
  • 102 罪歌MAGOITI id:RsZwKE0.

    2012-03-17(土) 17:42:37 [削除依頼]
    山)....

     一代が笑うものだから山田はふて腐れていた。
    少し前はもっと女子らしい方が良いと言っていたが
    自分が笑われるのはやはり気持ちの良い物ではない。

    一)おっと、すまない。

     少し笑い過ぎたと一代は思った。

    山)....

     返事が無い。

    一)本当にすまなかった。
      そうだ、服も汚れてる訳だし。ここで選ばないか?
    山)!!!

     これは幸運!!服を中々買えなくて正直困っていたのだ。
    しかも一代が一緒に考えてくれるらしい。
    革命的センスがあるのもそうだが、
    なんたって一代は女子でしかも綺麗。
    今居るのは二人だけ、これはこれは正に、、、
    ぐひひ、、おっと誰かの口癖が移った。
    いや、考えろ!!これはあくまで服選び。それ以上でもそれ以下でも無い!
    でも、もしかしたら

    山)岡田よ。俺は大人の階段上るぜ、、、
    一)どうした?
    山)いや、なんでもない
  • 103 罪歌MAGOITI id:RsZwKE0.

    2012-03-17(土) 18:44:55 [削除依頼]
    一)で、どうするんだ?
      服買うのか?
    山)買いますとも、買いますとも。
      是非そうさせてください!!

     一瞬、山田のテンションの上がりように驚いた顔をした一代だったが
    、すぐに「そうか、そうか良かった」と呟いた。

    山)えっと、どんなのが俺に似合うと思う?
    一)まぁ、岡田よりはスタイルが悪いが私よりは背が低いのだから
    こんな、白を基調としたワンピースを軸に緑の花アクセサリーを着けてだな
    薄めのブラウンのカーディガンを纏うのが一番だな。袖は長めの方が
    可愛いかもしれないだろうから、これにするか。
    次に顔の方だが幸いにもそこまで男らしくない。だから、岡田みたいにノーメイ
    クとまではいかなくてもある程度のメイクで様になるだろう。
    うーん、私の革命的センスから言わせてもらえば
    山)ちょっっっっっと、待って!!!
    一)おっと済まない、少し集中し過ぎたな
    山)違う違う、それより!
    一)何?私の『ひややっこ系女子ファッション』が気に入らないのか?
      なら、『湯豆腐系女子ファッション』・・・・
    山)待つんだ、落ち着け。
      何で、俺が女装するの前提なんだ
  • 104 罪歌MAGOITI id:/fD42hm.

    2012-03-20(火) 16:51:28 [削除依頼]
     確かに、ほんの少し。冷や奴に乗せるねぎ位『湯豆腐系女子ファッション』
    に興味がある。ほんの少しだけどな。
     しかし、俺は『男』でそろそろ『漢』なんだ。ついでに『凡人』なのだから
    『女装ボーイ』みたいな『変態』になりたくない!!

     心の中で岡田が号泣もしくは女装委員会に喧嘩を売る事を考えながら
    山田は一代を怒らせない様にやんわりといった。(夜は始まったばかりだもんね
    ぐふふ。おっとまた誰かの口癖が、)

     「もっと、男らしいのが俺の好みなんだけど・・」
     「そうか、、、」
     「(そうですだって男だもん)ごめんな」
     「いや、謝る事は無い。趣味を押し付けてすまなかった。
     そうだな、ボーイッシュな感じか、、、」

     違和感。酢豚にパイナップルが入ってる様な違和感を
    山田は感じた。何故だろう。こんな時我が家に一つは欲しい物それは==
     
     山田厨二病メモリ777発動!!
    『魔界出身体が縮んで黒の組織に追われてるじっちゃんの孫(つまるところ名探偵です)』

    ・ボーイッシュとは『ボーイッシュな女の子』と言う意味で使われる。

     この手掛かりで導き出される間のそれは======
    解けた!!
    山)(いつも一つの真実は我が輩のじっちゃんの舌の上にある!!)

     「なら、『冷や奴withキムチ系ボーイッシュ女子』でどうだ?」

     やっぱりな
  • 105 罪歌MAGOITI id:d/xCDxv1

    2012-03-24(土) 15:37:24 [削除依頼]
     「却下。メンズファッションに限る」
    はっきり言わないと分からない様なのでキッパリ言う。
     「安心しろ。
     女子でも着れるような準メンズファッションだ。」
     安心出来るか!!心で毒づきながら言う。
     「普通の男物が良いんだ」
     すると、少し困った様に一代は言った。
     「普通って何だ?」

     えっ?普通って普通は普通って意味だよな普通は。
  • 106 罪歌MAGOITI id:LiPiIOO.

    2012-03-25(日) 16:57:54 [削除依頼]
     「普通ってのは・・」
     「普通ってのは?」
    あれ?おかしいな、上手く説明出来ない...
    あんだけ欲しかった平凡なのに。なんでだ?
    視界が眩み。目の前にモヤモヤが現れる。足がふらつく。
    立っていられない。分からない、分からない。

     普通って何だ?

     綺麗で爽快な心地よい声が聞こえる。
    「人に嫌われたくないんだろ?
      だから皆と同じ物を選ぼうとする。」
    一代はそう言った。
    あぁ、図星かもしれない。俺は『アイツ』に出会ってから。
    自分が異端だと知ってから。
    皆が持ってるものを欲しくなったんだ。

     「山田は山田のままで良いぞ。
     それとも、ありのままの姿で居ると『皆に迷惑がかかるのか』」

     皮肉まじりに一代は言った。
    図星すぎて何も言えないな。
     「おぉ、何か山田(改)みたいな気分!!」
    そう言うと、少し笑いながら一代は言ってくれた。
     「そうだろう?
     なら、山田(改)に似合うこの『豆腐with黒胡麻系ゴスロリガールコーディネート』を・・」
     「全力で拒否する」

     開幕ファッションショー 終了
  • 107 罪歌MAGOITI id:LiPiIOO.

    2012-03-25(日) 17:00:43 [削除依頼]
     なんか今更だけど1<<の作風紹介が
    詐欺っぽいのでなかった事にしてね☆
  • 108 罪歌MAGOITI id:LiPiIOO.

    2012-03-25(日) 17:24:05 [削除依頼]
     ちょこっと劇場。
     「山田、おまえ・・・」
    岡田は驚いて口が回らない様だ。
    そんな彼も10秒足らずで大爆笑するのだろう黒井の様に
     あくまでイメージです↓
    「ぎゃっはははは、なにそっっっっっっっっっれ!!!
    笑うなって私殺す気なの???????~~~~おもしろすぎよ!!」
    あくまでイメージです↑別に言わされてる訳ではありません。
    本当です。本当にイメージです。別に黒・・・に言わさ・・・

     『可愛いと思うよ』
     楠はそう言ってくれた。
    めっちゃ笑ってたけど。

     「似合ってるぞ」
     力強く誇らしげに言う一代。
    全く当てにならない。

     (そこまで似合わないのか?)

     (俺のゴスロリは)
  • 109 罪歌MAGOITI id:kxwzyhe/

    2012-03-26(月) 22:29:57 [削除依頼]
     〔メリー・苦しみます〕
     「明日はクリスマスイブか・・・」
     溜め息を漏らす山田。山田は取り敢えず自分らしく生きていく
    事にした。まぁ、元が普通だったので下手な失敗は特になかった。
     そんなこんなでクリスマス・イブ前日。

     暇だ。

     限りなく暇。見渡す限りの暇。野原一面の暇畑。
    暇尽くし。選べる暇の100タイプ。とっっっっても暇。

     「暇だ・・・」
     口から言葉が溢れる。
     いつもなら皆でワイワイと遊ぶのだが。
    一月前
     「すまない、私は革命的百貨店“冷ややっこの様に白い雪が降る
     クリスマスパーティーの準備があるんだ」
     「えっ?えっと、一代頑張れ」

     二週間前
     「私、お金持ち主催のパーティーがあるのよね...」
     「おぉ...楽しんで来いよ!!」

     一週間前
     「わりぃ、俺のコレがさ、、はは。わりぃな」
     「死ねリア充」

     今日
     『友達と遊ぶ。ごめん』
     「大丈夫、大丈夫。俺も実は用があったんだよ。はは...」

     今
     「あぁ、今年も一人か」
  • 110 罪歌MAGOITI id:RYzHXwX.

    2012-03-27(火) 16:24:33 [削除依頼]
     外の空気は少し肌寒く心にしみる。
     心はクリスマスの予定と同じ様にぽっかりと穴が開いていて、
    大きな喪失感を感じる。
     綺麗なイルミネーションがいつもより眩しくて、
    目を少し閉じながらまた歩く。すると、クリスマス・イブの前日に
    浮かれているカップルも見なくて済む。

     行き先はペットフード専門店。
     別にペットは飼っていないけど、こういう時は野良猫の
    相手をしていると気が紛れる。

     いつもの様に一番安い煮干しを買って
    革命的百貨店の近くにある公園に行く。
     しかし、猫は居なかった。一匹も居ない。
     あぁ、そうか。ここは引っ越す前の公園じゃないんだよな...
     煮干しを片手にカップルの居ないような公園の隅に移動する。
     暇だから革命的百貨店の前の人混みを見ていた。
    すると
     「楠?岡田?黒井?それに一代も?何してんだ?」
  • 111 罪歌MAGOITI id:RYzHXwX.

    2012-03-27(火) 16:40:10 [削除依頼]
     こそっり、と後を追う。
     こんなときには『忍びwalk』を使う。
    厨二病で良かったなと思える。

     さてさて、俺ははぶられるのだろうか?と
    心臓がマッハ2で動き、口から破壊光線的な嘔吐をしそうに
    なる程緊張するが、怖いもの見たさで歩いてしまう。

     「一代、やっぱサプライズはこう寝起きバズーカーで
     こんな感じに・・・」
     岡田がそんな事を言った。間違いなくそう言った。
    山田は聞いた。

     それ本当か?
    俺は除け者にされてたんじゃないな!!
    なんだサプライズかよ!!そうならそうと言えよ!!
    心配して損したわ〜〜

     えっ?寝起きバズーカって...マジ?!
  • 112 罪歌MAGOITI id:pKX9D9l.

    2012-03-29(木) 17:04:01 [削除依頼]
     「あんたバカ〜?寝起きバズーカって・・・」
     おぉ、地味にアスカ(俺の嫁いや皆の嫁)とセリフがかぶってるが
    その調子で俺の寝起きバズーカの刑を止めてくれ、黒井!!
     「予算的にはロケットランチャーexぐらい出来るんだからね!!///」
     貴様には失望した。そして俺は未来に絶望した。
     なんで?なんで、少し照れてんの?
     おかしいよね!!百歩譲って照れるのは良いとしてもだよ。
     何故にロケラン?しかもex?
     そんでもって、何で俺がターゲットなんだよ....
     俺が何かしたかよ...
     ちょっと、ゴスロリ着てみただけじゃん。

     やっぱメイド服にしとけば良かったのかな...
  • 113 罪歌MAGOITI id:2FppTMO.

    2012-04-01(日) 16:40:58 [削除依頼]
     「ピッカーーーン」
     閃いたぜ。ウルトラウルトラ作戦。寝起きロケランを防ぐ方法!!
    ヤッッバイぐらいの閃き。自分でも怖いは俺の才能。
    まぁ、作戦内容は言えないんだけど、どれぐらい凄いと言うとね...

     つい、口で
     「ピッカーーーン」
     って言う位かな。やばいぜ、周りの視線が僕を突き刺す。
    おっと、岡田達には聞こえてない様だな。セーフ。
     よし、そうと決めれば。『忍びwalk』で尾行だな。

     「おぉ、楠!!腐れ外道だよ。本当此畜生だよ。
     むしろ尊敬する。」
     「これは酷いわね。
      あんた怒鬼畜ね。」
     「豆腐に豆乳を投入する程の鬼だな。」
     「///」
     あれ?すげぇー不安になってきたぞ。大丈夫か、俺...
     えっ?楠は何言ったの?tell meしてよ。ねぇ!さぁ!!
     この作戦で大丈夫だよね....。
  • 114 罪歌MAGOITI id:Yef5jBW/

    2012-04-02(月) 11:54:59 [削除依頼]
    イブ〜〜寝起きバズーカ&その他〜〜前夜祭

    山田サイド

     よぉし、明日に備えて今日は良く寝るぞ!!

    岡田軍サイド

     ガチャリッ。

    静寂の中、ロケランをリロードする音が虚しく響いた。
    でも虚しい音なのに嬉しそうに聞こえる。
    まるで、獲物でも狙っているような幼いトラの様に。
    それを構えた、岡田の家の方向に。そして
     「バーン...」
    と、岡田は呟いた。

    そして、夜が開け
     ドッキリが始動する。
  • 115 罪歌MAGOITI id:gJGHZHM/

    2012-04-04(水) 12:08:13 [削除依頼]
     岡田達は朝早くから山田の家の前に集合する。
    実はだが山田の両親にはちょと消えてもらっている。(怖い言い方だが
    ただの箱根旅行二泊三日券二名様を革命的百貨店で当てただけである。意図的に)

    早速、岡田が鍵を開錠ナイフで開ける。(犯罪です)
    山田の家に勝手に入る。(もちろん、犯罪です)
    「あ〜、喉渇いた。」と岡田は冷蔵庫にあったコーラを飲む(犯罪です)

     寝起きロケラン片手に三人は山田の部屋に入ると、、
    山田は起きてた。

     目が真っ赤に充血している。眠眠打破が部屋のあちこちに散乱してる。
    涎が垂れ、髪がボサボサして、ちょいちょい身体が痙攣している。

    「ゃっ、やぁ...奇遇だね...こんな所で会うなんて...ぐへぇ」バタッ
    山田は倒れた。まるでミイラの様に
    山田の華麗なる大作戦『根性で寝ない』は失敗でいいのかな...?
     バッコーーーン
    と、ロケランが炸裂したのだから多分失敗したのだろう。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません