彼岸花を添えて4コメント

1 魚 id:yYtOnDm/

2012-01-29(日) 22:29:16 [削除依頼]
「お兄さん、私と一緒に帰りましょうよ。ねぇ、帰りましょうよ。私、私、__寂しい、」 __過去は俺を離さない、見捨てない。 >>2
  • 2 魚 id:yYtOnDm/

    2012-01-29(日) 22:32:49 [削除依頼]
    あてんしょん、!
    書くことがないです(は
    アドバイス欲しいですですです。プリーズ。
    のんびり、いきます。

    たぶんシリアス、あすアス明日。
  • 3 魚 id:yYtOnDm/

    2012-01-29(日) 22:56:55 [削除依頼]
    「一人は嫌よ、兄さん」
    __例えば私が生まれたとき、

    「兄さんもよく、わかっているでしょう?」
    __例えば私が泣いたとき、

    「兄さん、」
    __兄さんは、

    「寂しいわ、私」
    __いつも一緒だったでしょう? 

    横断歩道の向こう側、彼岸花を胸に抱いた少女が、俺にむかって微笑んでいる。
    信号は赤、映る人の姿は立ち止まっている。
    白く細い雨がずいぶん前から降っていて、道路は滑りやすくなっていた。ここに来る途中、二回ほど転びかけたから、その危険性は重々承知していた。
    __彼女にこの話をしたら笑うだろうか。
    柔らかく、花が開花するときのような彼女の笑顔を考えながら、信号を待つ。

    __信号が青になった。
    止まっていた人々が歩き出す。背の高い彼女はその波に埋もれる。__白く細い雨はだいぶ前から降っていて、コンクリートはぬかるんでいた。
    __俺はその危険性を知っていた。彼女はまだ知らなかった。
    信号が点滅し出す。人々は焦り出す、自然と早足になる。彼女の姿はない。きっと埋もれている。
    信号が赤になった。車が動き出す、彼女の姿が見える。

    彼女は、横断歩道の真ん中にいた。
  • 4 魚 id:tdeOLih.

    2012-01-30(月) 16:56:27 [削除依頼]
    あ、いきなり修正が。 >>2 × 背の高い彼女はその波に  ○ 背の低い彼女はその波に 背高かったら発見できますよね;
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません