俺と猫のトレジャーハント novel.125コメント

1 ナグモ id:aFFqsE61

2012-01-26(木) 22:16:08 [削除依頼]
こんです。
これは普通の小説ではありえない、ルールギリギリのストーリーです。
最悪グダグダに終わる時もあります。

登場人物

名前リュウ  出身 ラスベルの村
説明
14歳のトレジャーハンターの男の子
どちらかというとボケ担当

名前奈々(猫名 ミカ)  出身 東京
説明
12歳の女の子
6歳の時に孤児院に送られた
ある事故がきっかけとなり猫になってしまい、更に別世界へ飛ばされた女の子
どちらかというとツッコミ担当

笑い有り、涙有り、恋愛有り!?、戦い有り!?の超常識はずれのコメディ小説です。
感想なども貰えればありがたいです。
1000レス主人公切り替え、スピンオフ有りで書きます
では始めます
  • 6 ナグモ id:MEiVD.F0

    2012-01-27(金) 21:18:39 [削除依頼]
    第何話は書かない、終わりを作りたくないから。 奈々「何カッコいいセルフさらっと言っとんねん、どうせ書き忘れただけやろ」 シュン(;_;) 奈々「あ、ごめん当たってもうた、ダメ元で言ったのに・・・」 リュウ「そろそろ始めるぞ、あっ>5のにゃんこsコメありがとうね」 奈々「お前が言うな、話ややこしくなる。作者もうしっかりせいや」 折れた、心が折れた、もうやだ 奈々「あーー、もうとにかくスターーーート」 >3の数時間前 施設の人「奈々ちゃん、早く部屋に戻りなさい」 奈々「うん、わかっとるよ」 奈々は新聞を読んでいた 小さな記事だったため、報道はされなかったが、山で男の子の行方がわからなくなっていた。 そのニュースに何故か運命を感じた。 次の日、施設内の学校がお休みで私はその山に行った。 自転車で二時間の場所にその山はあった 奈々「東京にもこんな山があっんか」 その山は基本的斜面は緩やかで登るのも大変では無かった。 しばらく歩いていると花が置かれた谷があった。 おそらく、その子はそこで亡くなった事になっているのだろう 奈々「すごい深い谷だな」 気を緩めたその瞬間 「目覚めなさい奈々よ今はこの者に語りかけて」 次
  • 7 ナグモ id:MEiVD.F0

    2012-01-27(金) 21:23:47 [削除依頼]
    奈々「語りかけて?どういう事?」 その時、地面が無くなり、谷に落ちた 奈々「キャーーーー」 小さい悲鳴はやがて消えていった そして今(>3です。) リュウ「おい、大丈夫か?」 奈々「あなたは誰?」 こうして、以外にもシリアスなストーリーが進む
  • 8 ナグモ id:MEiVD.F0

    2012-01-27(金) 21:30:22 [削除依頼]
    この話は本編とは異なるが気にするな
    読みたい人だけが読む未公開編
    その名も
    草原トーク

    2話 あのかねを鳴らすのはあなた

    街はーいーま、ララララーララー、あのかーねーをー鳴らすのはあなーた
    近所の人「ちょっと、おまわりさん、あの家から奇声が聞こえてくるんですけど」
    ピンポーン
    はーい、どなたですか?
    警察「警察ですけど、近所から奇声が聞こえるって苦情があったんですけど」
    なんですって?あの僕の歌が奇声だってじょうだんじゃない
    ペラペラペラ
    こうしてナグモの休日は過ぎていく

    次回もお楽しみにね
  • 9 マイル id:cxI1990.

    2012-01-28(土) 10:21:31 [削除依頼]
    常識越えてる小説だね
    こんなの初めて見た
  • 10 名無し id:cxI1990.

    2012-01-28(土) 16:12:54 [削除依頼]
    今の日本に明るいストーリーはいいね
  • 11 ラン id:1CxtUbz1

    2012-01-29(日) 15:27:52 [削除依頼]
    続きまだかな?
  • 12 ナグモ id:a3OT26e/

    2012-02-08(水) 21:44:38 [削除依頼]
    続き遅くなりました すいません
    書きます

    リュウ「え?お前今喋ったのか?」
    菜々「他に誰がいるって言うのよ」
    ホッペを膨らましながらリュウに言う
    リュウ「いや、猫は普通喋らないだろ?喋るネコなんて初めて見たぞ」
    菜々「え?あんた何言ってんの?どうからどうみても人間でしょ?」
    リュウ「どこが?」
    そういわれ水を覗きこんだ
    菜々「だーかーら、この大きな耳と、ふさふさの毛と尻尾と、肉球を見ればどっからどうみても、、、」
    リュウ「どうみても?」
    菜々「どうみても、、、」
    少し間が空き
    菜々「ネーーーーーーーコーーーーーーーーだーーーーーー!!!!!!」
    リュウ「いや、だから言ってるじゃん」
    菜々『お、落ち着け、私えーーーとまず森に行って、落ちて、こうなった、、、』
    菜々『とにかく、コイツに話してみよう、何か分かるかも』
    そう思い、今までの事を話した
    信じてもらえないだろうと思っていたら、こう問われた
    リュウ「つまり、元々は人間で別の世界から来たっていうわけね?」
    菜々「そうだけど?っていうか別世界って何?ていうかここどこ?」
    リュウ「ここはハーパード山だよ」
    菜々「ハーパード山?どこ?『なんかアメリカハーバード大学に似てる』」
    リュウ「君とは、別の世界の山だよ」

  • 13 ナグモ id:a3OT26e/

    2012-02-08(水) 22:36:45 [削除依頼]
    菜々「別世界?じゃあ帰れないって事?」
    リュウ「っぷ!あははははは」
    菜々「何がおかしいって言うの?」
    リュウ「おかしいも何も、だって目の前に帰る物があるんだもん」
    そういわれて横を見ると、そこにはくぼみのある木があった。
    菜々「これ?」
    リュウ「そう」
    菜々「最初から言ってよ、もう帰れないかと思ったじゃない」
    リュウ「姿がもどるかは分からないが大丈夫だよ」
    菜々「じゃあ、ありがとうね、向こういっても忘れな、、、、」ピカーンゴロゴロ
    その音と共に木が燃えた
    菜々「、、、」
    リュウ「、、、」

    はたして、帰れるのか?
  • 14 ナグモ id:a3OT26e/

    2012-02-08(水) 22:39:56 [削除依頼]
    これは本編とは違うが気にするな
    未公開シーン&無駄話満載の
    草原トーク

    ふぅ〜今回も疲れた
    風呂でも入ろうか、、、
    栓がぬけてたーーーーーーー

    みんなもこう言うことあるよね?

    次回もお楽しみに
  • 15 名無し id:jJehFAD/

    2012-02-10(金) 20:42:09 [削除依頼]
    続きキター
    面白いわこれ
  • 16 ナグモ id:/F3oRpi/

    2012-02-16(木) 23:02:39 [削除依頼]
    前回までのあらすじ
    別世界にやってきた奈々はリュウに出会った イエーイ
    帰る方法がわかった ウルウル
    木が燃えた ガッカリ
    今ごろだけど、この作品に作者=ナレーションとして出ています
    よって「」が無くてもいきなりしゃべりだす事あり

    ハーバード山 山頂付近
    奈々「...」
    リュウ「...」
    奈々「燃えたね」
    リュウ「燃えたな」
    奈々「他に木は?」
    リュウ「わからん」
    奈々「私、帰れると?」何故?方言?
    リュウ「ちょっちゅねー」あんたも何故方言?
    奈々「...」
    リュウ「...」
    奈々「なんでこーーなるのーー?」「なるのーー?」「なるのーー?」
    山彦と共に高い声が響きわたる
    奈々「ハァハァハァ」
    「シラシラシラ」
    奈々「リュウ、シラシラうるさいわよ、静かにして」
    リュウ「俺じゃねーよ」
    奈々「え?じゃあこれって?」
    そこには、鹿のような馬のような生き物が沢山居た
    奈々「嘘でしょ?」
    リュウ「早く逃げるぞ」
    そういうと二人は一目散に逃げていった
  • 17 ナグモ id:/F3oRpi/

    2012-02-16(木) 23:08:13 [削除依頼]
    リュウ「はぁはぁ、ここまでくれば安心だ」
    奈々「[犠牲]はあったけどなんとか逃げ切れた」
    リュウ「今日はここでキャンプだ」
    奈々「うぅーわかった」


    リュウのモンスター図鑑

    001 オウマーシカ 危険度★★
    群を作って暮らしている
    鹿と馬が合体した感じで一言でいえば馬鹿
    こんかいはこいつに追いかけられて疲れた。
  • 18 ナグモ id:/F3oRpi/

    2012-02-16(木) 23:25:23 [削除依頼]
    毎回恒例番外編
    草原トーク
    今回は本編に出てきた、「犠牲」についての出来事です

    さかのぼる事数時間前
    奈々「なんなの?こいつら、早すぎるよ」
    リュウ「こいつらはオウマーシカ、群で暮らす奴等だ」
    奈々「なんで追ってくるのよ?」
    リュウ「さっきの山彦のせいで起こしてしまったんだろう」
    奈々「誰かたすけてー」
    その時
    ??「はーはっは、正義の見方ボマギャルマン参上、私が来たからにはもう安心だ」
    奈々「本当?助けて」
    ボマギャルマン「こんなのひとにぎりで、、、ギャー」プチ
    奈々「ボマギャルマーーン」
    俺は人のピンチを救えたらと思ってんだ
    最近腰にガタがきてるから心配だけど
    あばよ
    奈々「よくわからない登場をして、なんかしてたボマギャルマンが死んだー」
    ??「はっはっは、たよりないな」
    奈々「この声は?」
    ロマートストルヘルツ「ロマートストルヘルツ参上!、俺が来たからにはもう、、、ギャー」プチ
    奈々「ロマートストルヘルツーー」
    俺の叔父の親戚の友達のお父さん、実は大統領何だぜすごいだろ
    最近胃の調子悪くてスランプだな
    奈々「登場時間が妙に短かったロマートストルヘルツ、君の事は忘れない(1分くらいは)」
  • 19 ナグモ id:/F3oRpi/

    2012-02-16(木) 23:29:56 [削除依頼]
    ??「ふぉふぉふぉ、やはり若い者にはまかせておけ、、、ホゲー」プチ
    奈々「わからない人ー」
    わしの発明は世界1じゃ
    こないだだって役場からいっぱい電話来たぞい、発明やめろって
    奈々「登場時間が短い上に名前もわからなかったおじさん、君の勇姿を目に焼き付けておきます」

    こうして、二人は森から抜けたのだった
  • 20 ナグモ id:/F3oRpi/

    2012-02-16(木) 23:31:13 [削除依頼]
    次回から、バトルもあります
    お楽しみに
    あと見てくれてる人、ありがとー
  • 21 マイル id:/H3XvHM1

    2012-02-17(金) 18:47:46 [削除依頼]
    草原トーク、面白いね
  • 22 名無し id:/H3XvHM1

    2012-02-17(金) 20:30:36 [削除依頼]
    久々に来てた
    面白かった
  • 23 ライト id:TWasr6u0

    2012-02-18(土) 08:26:30 [削除依頼]
    続き見たいな
  • 24 ナグモ id:9PFqH9G/

    2012-02-26(日) 22:27:22 [削除依頼]
    だいぶ空いてしまってすいません
    続きをかきます。

    次の日
    奈々は川に居た。
    奈々「ちょっとまったー、川じゃ無くて湖でしょ!み・ず・う・み」
    あっそっか、ミスった。
    なんせ試験続きでファ〜眠い
    奈々「作者がしっかりせんでどうすんの?」
    はいはい、続きを書きますよ。

    奈々は湖の横の浅瀬にある右斜めに貝殻22個、左にボート2隻、足元に42時間32分54秒前に落ちたゴミが、、、
    奈々「細かいよ、誰がそこまで言えって言った?あ?」
    わかりました、まじめにやりますよ・・・次回から
    奈々「え?次回?」
    次回もお楽しみに
    奈々「うそーーん!?」
  • 25 名無し id:u0/rG6R1

    2012-03-05(月) 22:26:00 [削除依頼]
    上げますよ
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません