私が、王様になる日。3コメント

1  綺更 id:OIZJVRW1

2012-01-26(木) 00:46:33 [削除依頼]
 もくもくとひつじ雲が青い空に浮かんでいる。
私はただひつじ雲を眺めながらのんびりしていた。

「レイラ〜ちょっとレイラ〜」
お母さんの大声が家から聞こえてくる。
どうせ、買い物に行ってきてとお願いされるのをわかっているからいかない。
自分でそれぐらいいけるだろ・・。まだ、年寄りでもないのに。

 パッパラッパパパー
かろやかなトランペットの音が、遠くから聞こえた。
どうせ、王様とかなんとかの人たちが通るんでしょ?
あぁ、めんどくさい。いちいち、王様の目の前でかしずいてられっかっての・・。
こんな喋り方してるけど、女。まぁ、わかってるとは思うけど。

 この時、あたしは知らなかったんだ。
王様があたしを迎えに来たことを。わたしが王女候補になったことも。
  • 2  綺更 id:OIZJVRW1

    2012-01-26(木) 00:53:54 [削除依頼]
     どうも、綺更です。初の小説でうまく書けるか不安ですが頑張ります。
    感想をいただけると嬉しいです。

     主な登場人物紹介

    ・レイラ・クリストン
          田舎に住む14歳の少女。想像をするのが大好き。

    ・モストワ・カエタ
          レイラの住んでいる国の国王。レイラを王女候補として迎えに来る。

    ・ベルナ・マキア
          レイラと同じ14歳。街中で豪華な暮らしをしていたため、少々わがまま。
      王女候補の一人。
    ・シルウァン・カエタ
          モストワ王の息子。王子。猫かぶりな性格。
  • 3  綺更 id:OIZJVRW1

    2012-01-26(木) 00:57:18 [削除依頼]
      ♯1

     ドンドンドン
    お母さんに見つかって怒られて・・・少し時間が経った時木製の扉を激しく叩く者がいた。
    「だれかおるかー!」
    少し低めの声は、まるでクマをちっちゃくさせて出した声見たい。
    お母さんは、嫌そうな顔をすると扉を開けに行った。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません