弱虫story11コメント

1 こっくろーち id:WaHL/W7/

2012-01-24(火) 19:34:27 [削除依頼]
どうも、初めまして、こっくろーちです。
こっくろーち→Cockroach→ゴキ●リ( '艸`*)

小説書くのは初めてなんで…。
駄作をどうかけなしてやってください。
  • 2 こっくろーち id:WaHL/W7/

    2012-01-24(火) 20:40:04 [削除依頼]



     ――…ちえ……いちえ…!

     

     「一絵!早く起きなさい!遅刻しても知らないよ。」
    ママの声がする。ふと、枕元の時計へ目をやると時刻は七時。
    「しち…じ?」
    段々とクリアになってくる頭で考える。
    「今日は、月曜日…!っ遅刻ぅぅぅう!!」
    七時といえば部活の朝練が開始する十分前。
    急いで制服に着替えて、階下のリビングへ向かう。
    「いやぁ、今日も忙しいなぁ一絵は」
    パパが呑気にコーヒーを啜りながら言う。
    「いってらっしゃーい」
    ママが玄関まで見送ってくれる。
    何気無い普通の朝

    …の筈だった。
  • 3 こっくろーち id:WaHL/W7/

    2012-01-24(火) 22:18:53 [削除依頼]



     学校に着くと時刻は七時八分。家が近いお陰でどうにか間に合った。急いで部室へ向かうと、部員が体育館へ向かうところだった。そこに三年生の姿は無い。一年生である私は先輩に絡まれなくて良かったと思いつつ、急いで荷物を置いて皆を追いかけていった。
     体育館に入ると、基礎練習が始まっていた。
     私は演劇・放送部だ。主な活動は演劇コンクールや発表会などへ向けての練習やお昼の放送。部員数は八十人とかなりの大所帯だ。自慢ではないがその中でも私は「期待の一年生」として、春に入学してから今まで良い成績を残し続けた。私も、周囲の期待を裏切らないように、日々練習をしてきた。
    「じゃぁ、腹筋するからペアつくってー」
    部長が呼びかけるとバラバラと仲が良い友達同士でペアを作り始める。私もいつも一緒にやる友達のところへ向かった。
    「澪ー一緒にやろー」
    澪は気付いていないようで、こちらを振り向かない。近くに行こうと思い、澪のほうへ駆け寄ると、
    「みーおっ!一緒やろっ」
    澪のトコに同じ一年生の春陽がいく。けど、それは無駄だ。何故ならいつも澪は私と一緒だから…
    「いいよ、春陽」
    「え…」
    いつもなら絶対一緒なのに…。
    いつもと違うことに戸惑っていると腹筋開始の合図がかかっていた。
    「一絵、何してるの?やる気ないんだったら練習の間はそと走っといて」
    部長に怒られた。仕方なくグランドへ出ようと入り口へ向かう。
    「さっさといけよ」
    すると、後ろから誰かが見下した口調で声をかける。
    ――何で?これっていじめ…だよね。
     私は走ってその場から逃げた。
  • 4 こっくろーち id:WaHL/W7/

    2012-01-24(火) 22:34:00 [削除依頼]



     朝練終了のチャイムが鳴る。私は部員と会いたくなかったので10分前に部室にいた。だけど、それも無駄になった。
    「無い…どこいったの私の上靴…」
     体育館に入るためにルームシューズと履き替えたはずの上靴が無い。
    「あっれー?一絵片付けサボって何してンのー?」
    部員が帰ってきた…。いつも一年生は片づけがあるので先輩たちが先に帰ってくる。
    「すみません…」
     もともと先輩達のことが嫌いだった。理由は簡単、練習は真面目にしないくせに指図ばっかりするから。
    「あー、そうそう。探し物ならあっちにあるんじゃない?」
    先輩が指を指した先はトイレ。急いで中に入り、個室の中を確認する。
    ――三つ目の便器の中に上靴が入っていた。
    「…なんで…」
    やっと口から出た言葉はそれだけだった。
    「あ、泣くの泣くの〜?」
    先輩達が囃し立てる。
    その中で私はしゃがみ込んで、先輩達が出て行くまでただ我慢するしかなかった。
  • 5 こっくろーち id:WaHL/W7/

    2012-01-24(火) 22:40:49 [削除依頼]
    *人物紹介*

    相模 一絵[サガミ イチエ] 中1  主人公。
    高遠 澪 [タカトオ ミオ] 中1  一絵の小学校からの友達。
    片瀬 春陽[カタセ ハルヒ] 中1  演劇・放送部員。練習を真面目にやらないが部での成績が良い。

    桃井 園歌[モモイ ソノカ] 中2  部長。 
  • 6 ピエロ id:i..u3N60

    2012-01-25(水) 17:29:46 [削除依頼]
    おもしろーい
    何回も読み返しました。
    どんどん書いていってください。
    ひとつききたことがあるんですが、
    学校裏サイトってどうつくるんですか?????
    なぞなんですよね。
    知ってます?
  • 7 青村空乃 id:7UTWPXZ1

    2012-01-25(水) 17:32:16 [削除依頼]
    すごい。良く出来てる!面白いよ(^O^)
    続きに大期待デス☆彡
  • 8 こっくろーち id:1/KtsXH1

    2012-01-25(水) 19:20:06 [削除依頼]
    ピエロs>何回も読んで頂けるなんて…。感謝です!ありがとうございます!!!
    学校裏サイト…謎ですね…。
    青村空乃s>そんなこと無いです。もう文章とかぐちゃぐちゃで…。
  • 9 こっくろーち id:1/KtsXH1

    2012-01-25(水) 20:03:51 [削除依頼]


     先輩達が部室から出て行くと、私は他の一年生が帰ってこないうちに教室へ向かうことにした。
    「いじめられる…原因…」
     心当たりはあった。多分中心になってるのは三年生――自分たちよりも成績の伸びてきている私が気に入らないのだろう――
    「あの人たち練習しないからなぁ…」

    ――あ、来たよ〜相模一絵。
       よし、じゃぁ…

    バサバサッ
     教室に入ろうとした私の頭に降ってきたのはゴミ。
    「……ぅわ」
    正直な感想だった。何だかこうなることは予想できたから。
    「はんのー薄ッ!何これ全然面白くなーい。折角澪と春陽が新しいゲーム思いついたのに」
    「澪が…?」
    思いがけない人物の名前に驚いた。
    「そーそー。もともとは先輩が計画してたらしいんだけどー…あんた最近調子のってンじゃん?で、皆一致団結〜相模をいじめよーって」
    聞き間違いである事を願った。澪は小学校からの友達で大親友だと思っていたから。けれども、話し振りからして嘘じゃない…。ということは、今日から私はゲームの道具…。悲しみより何よりも、プライドを傷付けられた気がして、怒りを覚えた。
    「……じゃぁ、私はあなた達のゲームに勝ってやるよ」
    ――だってプライドを傷付けられて、そのまま言いなりになるなんておかしいから。友達なんてもういい。裏切られても一人で頑張ったらいいんだから――


     小さい頃から泣き虫 弱虫。
    ずっとそんな自分が嫌で、でも変える事が出来なかった。
    そんなもどかしい日々は終わりにしよう。
    弱虫が変わる、そんな物語を見せ付けてやる。


           《私は、弱虫じゃない!!》
  • 10 こっくろーち id:kEZnSi./

    2012-02-22(水) 17:50:44 [削除依頼]


     その日、私が家に帰ると家には誰もいなかった。大方二人とも仕事に行ってるのだろうと思い、母が帰ってくるまで部屋に籠っておくことにした。
     「これからどうしよう…」
     さっきまではいじめられたらやり返すつもりでいた。けれども考えているうちに気が滅入ってきた。もちろん、いじめられていることを両親に相談するつもりはない。
    「…明日、行きたくないなぁ……ってダメダメ!あいつらにやり返さなきゃ」
     そうして考えているとドアがノックされた。ママかな?と思いつつ返事をすると、入ってきたのはママではなかった。
    「茜お兄ちゃん!」
    「久しぶり」
    そう、入ってきたのはいとこで10コ年上の茜だった。
    「今日はどうしたの?」
    「柚香さんに、帰り遅くなるからいっちゃんのこと宜しくって頼まれたんだよ」
     柚香というのは私の母の名だ。昔から、茜お兄ちゃんは私が留守番してる時などは必ずうちに来てご飯を作ってくれたりする。
    「よし、じゃぁ晩御飯作ろうか。一ちゃんは何食べたい?」
    「えぇっと…ハンバーグ!」
    「…じゃ、作ろう!」
     茜お兄ちゃんが作るハンバーグはすごく美味しくて私の大好物だ。暫くして、出来上がったハンバーグが食卓に二人分並べられる。
    「いただきます!。。」
  • 11 こっくろーち id:kEZnSi./

    2012-02-22(水) 17:54:17 [削除依頼]
    お久しぶりですこんにちは。暫く更新してませんでしたすいません…。

    そして久しぶりでミスった…。
    間違ってエンターキー押してしまったぁ!!
    中途半端になってしまった…。時間があれば続きかきます。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません