恋の最初は間違い電話2コメント

1 みちる id:8SiTaqD.

2012-01-23(月) 19:07:46 [削除依頼]
『もしもし、……直也です。
 
     あ、のさ……俺、君のこと好きなんだ』


始まりは、貴方からの間違い電話でした。

その声が、その抑揚が、息を吐くその瞬間でさえも
愛おしいと感じるまでに時間はあまりかからなかった。


貴方には好きな人がいる。


それでも、その声が聴きたくて。


目を閉じて貴方を近くに感じれば
私はすべてが満たされるような気がするの。
  • 2 みちる id:8SiTaqD.

    2012-01-23(月) 19:27:15 [削除依頼]

    〜〜〜♪〜〜♪〜

    聞きなれた音楽が、部屋に鳴り響く。
    大好きな≪カノン≫の曲。
    私の、名前と同じ。

    瀬川佳音(せがわ かのん)

    普通の高校1年生。
    平凡で、どこにでもいる普通の子。

    カノンは流れ続け、私は椅子から立ち上がった。
    確かさっきベッドに投げたはず、
    とベッドの上を見渡すと、それはあった。
    チカチカと光を発しながら、音楽は流れていた。

    「もしもし」

    あ、誰からの着信か見るのを忘れた。
    まぁどうせ友人の咲(さき)だろう。
    電話をかけてくる人は限られているのだから。

    「もしもし?」

    何の返答もないことに苛立ち、もう一度繰り返した。


    『もしもし……直也です』

    その返事に、私は眉間にしわを寄せた。
    なおや、と言った。
    私の知り合いで、なおやはいる。
    いることはいるが……
    電話をかけてくるような仲じゃない。

    どちらのなおやさんですか?
    と口を開きかけた。

    『あのさ、俺……君のこと好きなんだ』

    私の口は開いたまま言葉を発しなかった。
    そのまま固まり、頭の回転も止まってしまった。


    貴方との始まりは、とても不思議なものだった。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません