Spiritual decay4コメント

1 朱雀 id:ZsZCxzs.

2012-01-21(土) 15:22:35 [削除依頼]
 
 ――さようなら。私の住む霊界――


              Beginning of the story
  • 2 朱雀 id:ZsZCxzs.

    2012-01-21(土) 15:38:41 [削除依頼]
     初めまして、朱雀です。
     少々知名度が上がってきていると思いますが、知らない方も知っている方も宜しくお願いします。
     始めに自重する事でもありませんが、もの凄く下手くそです。
     気に入らい方はすぐに去ってください。
     もし気に入った方は、どうぞコメントを書いてください。自分、とても喜ぶので。

     この小説は、今書いている【神様の不死鳥】で当初書こうと思っていた話と考えて下さい。
     始めの方は内容は違わないとも最後の方は別物になると思います。
     こちらが気に喰わない方は、どうぞ【神様の不死鳥】の方を読んでみて下さい。

     では、完成を祈って……
     
  • 3 朱雀 id:ZsZCxzs.

    2012-01-21(土) 16:55:54 [削除依頼]
     序章  冥界

     世界は、蒼かった。
     ただ、蒼かった。
     何処を見渡しても蒼かった。
     そこには、何故かいつも一人でいる真紅の瞳を持ち金色の髪を携えた少女が一人で差みそうにいた。
     誰も寄せ付けない雰囲気を醸し出しているが、何処か寂しそうで嘆くのを我慢しているようにも見えた。そんな少女に楽しい気持ちを思い出してほしいと思い近づく。
     ただ話し楽しい気持ちを思い出してほしいとただ思い、一心不乱に近づくが不思議と一向に距離が縮まる気配が無かった。それでも少女のために諦めずに進むが、どれだけ死に物狂いで歩き歩み寄ってもなかなか距離が縮まらなかった。
     そしていつしか諦めかけると、いつも蒼い空を見上げて気合いを注入していた。ただそれだけで希望が見えてくる。
     希望を再び抱き歩き始める。
     ただその繰り返しを永遠と続けるだけだった。
     気が滅入るといつも睡魔が襲い掛かり眠くなる。どうして疲れてくると、自然と眠くなるのか自分自身でも分からなかった。
     その眠気は普通とは違い、一度の睡魔に襲われると抵抗が不可能になり深い眠りついてしまう様な気がした。
     深い眠り着く前はいつも少女の近くにいる。
     どうしてか分からないけど、一つだけ分かる事が有った。それは、とても良い気分だという事だった。
     朦朧とする意識の中で、いつも少女は惜しみない笑顔で見送ってくれる。
     そして、睡魔との攻防に終止符が打たれるとき少女は、孤独に耐えきれないような瞳をして一言を呟く。

     ――貴方は、生きていますか?――

     その言葉を聞くと不思議と安心して闇に堕ちることが出来てしまう。


     序章  冥界 END
  • 4 朱雀 id:EiHf4Xi/

    2012-01-22(日) 14:55:27 [削除依頼]
     第一章 破綻


     ここは、地獄の影響を強く受ける地獄の入り口煉獄だった。
     地獄の近いと言っても、地獄ほど血生臭い現実が待っている訳でもない。あそこに比べてしまえば、此処の住み心地はそこまで悪い物でもない。
     騙されたと思いながらも辺りを見渡せば、草花が咲き誇り心地いい微風がたまに体に吹き付ける。自然と空を見上げれば、大きな三日月が二つほど顔を出している。月の存在感が大きくて他の存在に目がいかなくなってしまうが、少し目を逸らせば満点の星々が重苦しい漆黒の夜空を照らしてくれている。
     そのお蔭で、暗い世界が明るく見えた。でも見えるだけで、現実はそこまで生易しいものが待っている訳でもなかった。
     煉獄に待っていたのは判別者だけだった。
     何も判別するかと聞かれると躊躇なく速攻に答えることが出来る。それは、地獄に行くものとここで生活する者を、的確に格別すると答えると思う。
     その判別のせいなのか、ここ煉獄には殆どの人はいない。それもそうだろう、だって此処に来た時点で地獄に堕ちる事が前提だからだ。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません