SAKURA558コメント

1 Noa id:yx424iE/

2012-01-14(土) 14:22:19 [削除依頼]


 桜が散ると
  きまって
       彼を思い出した.
  • 539 Noa id:RRIeqGZ.

    2012-03-03(土) 10:19:55 [削除依頼]



     「桜ってさ、何でも
      似合うよね……。

      可愛いし、可愛いし、
      可愛いし……」


     今日はいよいよ千夏た
     ちと遊ぶ日。だけど、
     千夏のテンションは、
     微妙。


     “可愛い”を連発し
     始めるし。でも、私は
     返し方が分からない。

     
     きっと“千夏のほうが
     可愛いよ! ”と言っ
     ても嫌味だって言われ
     るのが分かる。
  • 540 Noa id:RRIeqGZ.

    2012-03-03(土) 10:20:34 [削除依頼]



     「冬哉君はどんな格好
      してくるんだろ??
      
      楽しみすぎるっ! 」


     さっきとは、全く別の
     雰囲気をかもし出して
     話し始めた千夏。

     
     何を思っているのか、
     よく分からない。


     感情がころころ、ころ
     ころ変わるから私は千
     夏についていけなくな
     る。たまに……。


     「ねぇ? あのもう一
      人の子は待ち合わせ
      場所にいるの? 」


     私は“もう一人”の子
     がどうも気になって仕
     方なかった。


     名前は……。
  • 541 Noa id:RRIeqGZ.

    2012-03-03(土) 10:20:59 [削除依頼]



     「恵梨?? うん。
      待ち合わせ場所に
      いるはずだよ」


     「そっか……」


     “恵梨”ちゃんか。
     千夏の友達なんだから、
     楽しそうな子だろうな。

     私とは性格が真逆そう。


     ただの私の空想だけど。
  • 542 Noa id:RRIeqGZ.

    2012-03-03(土) 10:41:27 [削除依頼]



     「やばい! かっこ
      よすぎる!! 」


     少し遅れてきた、冬哉君
     と大毅。千夏は怒りもせ
     ず、冬哉君の私服を褒め
     まくり。


     「あと聖也先輩と、
      恵梨ちゃん? だけだ
      ね……」


     私ははしゃいでいる千
     夏に確認した。千夏は、
     “うん、うん”となぜ
     か嬉しそうに答える。


     私の話、全然聞いてな
     いし。なんか、千夏の
     表情がにやけてて、笑
     える。
  • 543 Noa id:RRIeqGZ.

    2012-03-03(土) 10:42:02 [削除依頼]



     「いたっ! 」


     頭を急に叩かれて、驚
     いた私。前を見上げる
     と、予想通り、大毅だ
     った。


     

     「グーじゃないから、
      そんなに痛くないだ
      ろ??


      お前、男が苦手そう
      なのによく来たな」


     「苦手だよ……。
      でも千夏のためだか
      らしょうがないじゃ
      んよ」


     私がそう答えると、
     大毅は鼻で笑った。
     聞いといて、その反応
     はひどすぎない??


     まあ、いいか。
  • 544 Noa id:RRIeqGZ.

    2012-03-03(土) 10:42:26 [削除依頼]



     「あははっ!
      冬哉君、そんなこと
      あったの?? 」


     「だから、やべーよな。
      俺ほんとにびくった
      わ」


     一方、千夏と冬哉君は
     とても楽しそう。なん
     か邪魔できない感じ。


     大毅は私の肩を、
     “つんつん”と叩くと
     千夏と冬哉から背を向
     けて耳打ちした。


     

     「あいつら、ばればれ
      だよな。二人とも」


     「……っえ? それっ
      てどういう……」


     “ばればれ”って、
     もしかして冬哉君……。
  • 545 Noa id:RRIeqGZ.

    2012-03-03(土) 10:42:58 [削除依頼]



     「冬哉も千夏も両思い
      だってことだよ」


     「そうなの!? 」


     大毅はなんで分かるん
     だろう。私は千夏がず
     っと冬哉君のこと好き
     だったことに気付かな
     かったのに。


     「あいつら分かりやす
      いし。案外、うまく
      いくんじゃない? 」


     大毅って意外に、人の
     こと見てるんだな……。
     
     なんか、尊敬……――


     
     それにしても、千夏は
     片思いだなんて言って
     たけど、冬哉君も千夏
     のこと好きだったんだ。


     なんか千夏に今すぐ言
     いたいけど、この話は
     きっとしちゃ駄目だよ
     ね。


     頑張れ、千夏!
  • 546 Noa id:RRIeqGZ.

    2012-03-03(土) 15:44:17 [削除依頼]



     なんてほのぼのした雰囲
     気のときに、私たちに近
     づいてきた人がいた。


     「あっ! 先輩!
      十分遅刻ですよ」


     冬哉君が私の後ろの方を
     見て言った。怒ってるん
     だか、分からない表情。
     
     あ……。でも嬉しそう。


     冬哉君は、ニコニコとす
     ごくいい顔で笑ったから
     一瞬ドキッとした。
  • 547 Noa id:RRIeqGZ.

    2012-03-03(土) 15:44:49 [削除依頼]



     「ごめん……」


     なんでだろう。後ろから
     聞こえる声に、なぜか、
     心が熱くなった。あの頃
     と変わらない冷たい返事。


     聖也先輩だ――


     「先輩、いつも遅れて
      来ますよねー。優先輩
      も一緒に! 」


     冬哉君の何気ない一言が
     私の胸に刺さる。私を想
     って私から離れた人。
     
     “優先輩”。


     今でも聖也先輩と仲がい
     いことが、冬哉君の話で
     分かった。


     

     私は何かでさされたよう
     にずっと動けないでいた。
     実をいうと、あまり先輩
     のことを見たくなかった。


     きっと、優先輩と別れた
     ことを知っているから。
     それに……。
  • 548 Noa id:RRIeqGZ.

    2012-03-03(土) 15:45:19 [削除依頼]



     


     「千夏! こっちに来いよ。
      ほら、桜も」


     

     千夏は冬哉君に呼ばれて、
     嬉しそうに手招きについ
     ていく。私は重たい足を
     引きずって後ろを向いた。


     そこには、冬哉君と大毅
     に囲まれた先輩がいた。
     背が高くて、でも、あま
     り笑ってなくて……。


     私は怖かったのかもしれ
     ない。忘れたはずの聖也
     先輩に再び会ったら、ま
     た誰かを傷つけるんじゃ
     かなとか……。


     また先輩に恋しちゃうん
     じゃないかって。
  • 549 Noa id:RRIeqGZ.

    2012-03-03(土) 16:14:59 [削除依頼]



     その後、恵梨ちゃんが
     息を切らして千夏に抱
     きついてきた。


     「ごめん! 遅れちゃって。
      塾の居残りになちゃっ
      て……」


     髪を伸ばしているのか
     分からないけど、すご
     く髪が長い。その分、
     触りたくなるようなさ
     らさらな髪の持ち主だ
     った。


     それが第一印象。


     「ううん。恵梨。
      大丈夫。じゃあ、
      行こっか? 」


     千夏が冬哉君にそう聞
     くと冬哉君は軽く頷い
     た。何処へ行くんだろ?
     そう言えば、千夏には
     何も聞いてなかった。


     わくわくするけど、不
     安のほうが勝っている。
     
     
  • 550 Noa id:RRIeqGZ.

    2012-03-03(土) 16:15:24 [削除依頼]



     「桜! 恵梨のこと紹介
      するね」


     冬哉君ら三人の後ろで
     私たち三人がついて行
     っているとき、隣にい
     る千夏が私に言った。


     「初めまして。私は、
      千夏と同じ塾で習っ
      てる恵梨です。

      ちなみに、丘中。


      彼氏はいないからねっ」


     最初は、堅苦しい挨拶
     をするのかな? とか
     思ったけど、最後の言
     葉で肩の力がぬけた。
  • 551 Noa id:RRIeqGZ.

    2012-03-03(土) 16:16:02 [削除依頼]



     「じゃ、じゃあ、私も。
      ええっと、千夏と同
      中の桜です。

      よろしくお願いします」


     なんて、私のほうが堅苦
     しい挨拶になっちゃった
     し。恥ずかしい……。


     「ふふっ。ところでさ。
      あの人って、どんな人?? 」


     恵梨ちゃんが指差す、
     “あの人”……。


     「ぁあ。聖也先輩だよ。
      うちらの学校の人気者
      だったの」


     千夏がすかさず答えた。
     まあ、でも、千夏は、
     聖也先輩にあんまり興味
     を示してなかったけどね。


     「桜、好きだったんだ
      よね。聖也先輩のこ
      と」


     「へーそうなの?? 」


     恵梨ちゃんが、すごく興
     味津々そう。嫌だな、こ
     の空気。
  • 552 Noa id:RRIeqGZ.

    2012-03-03(土) 16:16:34 [削除依頼]



     「うん。でも今は、違う
      よ。さすがに半年前の
      ことだし……」


     「それに、桜には優先輩
      という彼氏がいたもん
      ね」


     ほら、また関係のない人
     を出してきて。千夏はい
     つも私の話を混乱させる。
     “優先輩”は言わなくて
     もいいことじゃん。


     「彼氏ね……。そっか。
      良かった。私、あの先
      輩すごくタイプなの。
      狙っちゃおうかな?? 」


     恵梨ちゃんが顔を赤く
     して聖也先輩の背中を
     見つめた。


     私の胸が張り裂けそう
     になった。理由は分か
     らないけど、苦しくな
     った。

     


     何で……?


     
     「応援するよ、恵梨!
      桜もするよね? 」


     千夏は同じ答えを私に
     求めた。ここで、断る
     ことなんてできない。
     


     「うん。頑張って」


     私は間違った選択をし
     てしまった。これから
     きっと後悔することに
     なる。


     今の私でもそう思えた。
  • 553 Noa id:a7avhfc.

    2012-03-04(日) 16:35:00 [削除依頼]



     


     恵梨ちゃんは、遠慮がち
     な子に見えたけど案外、
     積極的な子らしかった。
     いつの間にか先輩の隣で
     楽しそうに笑っていた。


     その後ろで私と大毅が
     歩き、後ろでは、千夏
     が冬哉君と楽しそうに
     話していた。


     「うるせーな。前と後ろ
      の女たち」


     苛立つ大毅に苦笑。でも
     楽しそうだな、二人とも。
     大毅は無理やりつれてこ
     られたのかな??


     「大毅はなんで今日来る
      ことになったの? 」


     


     大毅は一瞬びくりとして
     瞬きをくり返しながら、
     答えた。


     「冬哉が一人じゃ無理だ
      からって」


     「じゃあ、聖也先輩も?
      優先輩は? 」


     そう聞いた後で後悔した。
     なんで、私、“優先輩” 
     のこと口に出したのよ……。
     大毅は不思議そうな顔を
     しながらも、


     「優先輩は家で勉強。
      てか何で、優先輩の
      こと知ってんの? 」


     「ううん……。去年、
      よく聖也先輩と一緒
      にいたじゃん? 」


     と聞いてきたから、戸惑
     いながらも大毅の方を怪
     しまれないように真剣な
     顔で見た。
  • 554 Noa id:a7avhfc.

    2012-03-04(日) 16:36:57 [削除依頼]



     「あ……! ねえ、聖也
      先輩って彼女いなかっ
      たっけ? 」


     さっきから何か突っかかる
     と思っていた。そういえば、
     先輩には春先輩という彼女
     がいたじゃん。


     「春先輩のこと? ああ。
      なんか別れたらしいよ」


     “別れた? ”あんなに仲
     が良かった二人が??
     何が原因で? どうして?


     「今年の卒業式の少し後
      にじゃないかな? 」


     「どっちから振ったの? 」


     私はすごく興味津々。
     だって有り得ないんだもん。
     先輩たちが別れるなんて。


     「春先輩だよ。
      聖也先輩の浮気じゃない
      けど、別に好きな人がで
      きたのを許せなかったん
      だって……」


     なんか分からなくなって
     きた。聖也先輩に好きな
     人?? 春先輩からふった?


     私ははっきりした真相が
     知りたくなった。なぜ、 
     先輩たちが別れたのか、
     どんな理由で春先輩は
     別れを切り出したのか。
  • 555 Noa id:oS36j6e1

    2012-03-06(火) 20:50:32 [削除依頼]



       お知らせ+*


       そろそろネタ切れになって
       しまいました...。
       続きは春休みが始まってから 
       進めたいと思います。
  • 556 ゆうな id:KrtkIOK1

    2012-03-23(金) 11:29:00 [削除依頼]
    行進待ってます
  • 557 Noa id:HsW2Ens.

    2012-03-23(金) 12:51:42 [削除依頼]



       ゆうな さま*


       更新しますねっ!
       いつもありがとう
       ございます!!
  • 558 Noa id:HsW2Ens.

    2012-03-23(金) 13:02:19 [削除依頼]



      「ここでいい?」


      千夏が笑いながら、言った。 
      それに、私と大毅と冬哉君
      は頷く。もう、本当幸せそう
      なんだから。いいなあ……。


      両思いであることを知った
      私は、千夏のことを羨ましく
      なった。でも、そうだよね。
      二人ともあんなに仲がいいん
      だもん。


      好きじゃないほうが、
      おかしい。


      
      「え……ちょっと、待って」


      千夏が今、入ろうとしている
      店を見て驚く私。みんなが一斉
      に私に注目する。


      「カラオ……ケ??」
      「うん!」


      千夏は元気に答える。
      “うん”じゃないんだっ
      てば。馬鹿、千夏!
      私がカラオケを嫌いなこと
      知ってるくせに……。

      これじゃあまるで……。
      


      千夏のちょっとした“いじめ”
      じゃん。


      「ごーめん。盛り上がるのには
       一番の場所でしょ??
       お願い。私、今日告白する
       つもりなんだから」


      そんなこと言われたら、
      いやだ。なんて言えない。
      私は応援しなきゃいけない
      から。


      私は千夏に“いいよ”
      と返す。そしたら、嬉しそう
      に、建物の二階へ続く、階段を
      のぼり始めた。


     
      「大丈夫か?」


      隣では、大毅が心配して
      声をかけてきた。
      大丈夫じゃないよ……。


     
      「ううん。平気、平気」


      だけど強がってみせた。


      
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません