好き×嫌い64コメント

1 リイ id:1QJycyp1

2012-01-06(金) 00:40:11 [削除依頼]
こんにちは♪
リィです!
初参加ですが がんばってみます!
  • 45 リイ id:wv3krqg0

    2012-01-28(土) 21:58:37 [削除依頼]
    「わぁ♪
     可愛いストラップ♪
    いいな〜♪」


    ユウ『ふーん
       じゃ 僕がとってやるよ。』


    ミリカ『へ〜♪
        いつの間にか仲良くなってる〜♪
    付き合ってみれば?』


    「そんな!?
     私じゃ 合わないよ、、、。
     申し訳ない、、、。」


    ユウ『、、、、、、ハッ!
       (//////)ボッ』


    「、、、、、?」


    ムア『フーン♪
       お似合いだよ?』


    ミリカ『付き合いなさい。』


    ユウ『また強制!?』


    ムア&ミリカ『『強制。』』


    ユウ『それはさすがに、、、、。』
  • 46 リイ id:wv3krqg0

    2012-01-28(土) 22:36:34 [削除依頼]
    ??『へ〜♪
    リムちゃんに彼氏っていたんだ〜
       リムちゃんをよろしくネ
       彼氏クン♪』


    『いや僕は告白もしてな、、、』
    「え?」


    ユウ『いや、、、、。
       何でもない、、、。』


    ??『へ〜♪
       そーなんだ〜♪
       リムちゃんは〜
       バレンタインで張り切って
       作るっていってたのにな〜♪
       誰だっけたしか、、、
       ローマ字でぇ
       YU、、、』
    「わぁぁぁああ〜!!!!!
     何いってくれてるの!?
     リカお姉ちゃん!」


    ミリカ『えええええ!!!
        現在人気上昇中のあの
        モデルのリカさん!?』


    「?
    リカお姉ちゃんは私の
     姉だよ?」


    ムア『僕でも知ってる!
       モデル、女優、歌手!
       あらゆる場面で活躍するあのリカさん!?』
  • 47 リイ id:wv3krqg0

    2012-01-28(土) 23:08:12 [削除依頼]
    ミリカ&ムア『『サインください!!!』』


    ユウ(、、、、、、、。
       バレンタイン、、、か、、。

       
       チョコレート!?


       誰だ!!!
       リムがチョコを渡すのは、、、、
       リムをふったら即


         

        コロシテヤル!!!!)

    なんだろう。


    ユウからすごい殺気がする、、、、。


    リカ『はい♪
    どーぞ♪』


    「ね!
     あのストラップとって!
      
     お願い!」


    ユウ『その目
       反則、、、、、。

       わかった
       とってやる。』


    「やった♪
    じゃあ、あのペアストラップがいい♪」


    ユウ(ペア!?
      相手は誰だ!!
      男の子か!?)

    ユウ『なぁリム
       誰にあげんだ?』

    「誰って?」

    ユウ『例えば、、、。
       大切な人とか、、。』


    「うん
     そうだよ、、、。(/////)
    とっても大切な人。
     大好きな人。」


    ユウ『やはりそうか!!
       相手は誰だ!
       どこの馬の骨だ!!
       成敗してくれる!!!!!』


    ミリカ『ユウ、、、、。
        心の声だと思うけど
        きこえてる。

        しかも
        父親目線かよ。』


    ユウ『ハッ
       、、、、、、、。
       ゴメン
       我を忘れてた。』


    「とにかくとって!
     ストラップ!」


    ユウ『ア、、ウン
       リョウカイ。』


    「ユウはどれがいい?

    男子が好きなの分からないし、、、、、。


     ユウが好きなのとって!」


    ユウ『、、、、、、、、。』

    ガシャン


    、、、、、。

    どういう奇跡だ。

    5個いっきにおちてきた。

    というか


    ユウが気を失った衝撃で落ちてきた。


    って感心してる場合じゃなかった。

    「大丈夫?
     ユウ」
  • 48 リイ id:wv3krqg0

    2012-01-28(土) 23:16:51 [削除依頼]
    〜ユウ〜

    リムの大好きな人、、、、?


    誰だ。


    確かリカさんの話だと、、。


    ローマ字でYU、、、、


    そんな人いたか?

    あぁいた。

    同じグラスのユウタか。

       新キャラ

    あいつなら心配ないか。

    そう思って目が覚めて見たものは、、、、。
  • 49 リイ id:prieDmc1

    2012-01-29(日) 00:15:17 [削除依頼]
    「ユウっ大丈夫?」


    顔が近い!

    そしてここはリムの膝のうえ
          ||
      膝枕

    幸せすぎてしぬ、、、。


    「! こんどは鼻血!?」


    ミリカ『本日2回目の気絶』


    ムア『無理もない』


    ミリカ『どうせ、変なことを考えてたんだよ。』


    ムア『違う
       好きな女子のこと考えると
       ユウは毎回こうなる。』


    ミリカ『へー
        ユウって好きな人いたんだ。』


    ムア『うん。
       ユウいわく
       “可愛いし、優しいし、
       まるで女子の誰よりも好き”
       
               だって。』

    ユウ『おい(^^)
       誰がそのことをいっていいと
       いったぁ!!!!(`д´)』
  • 50 リイ id:prieDmc1

    2012-01-29(日) 00:19:28 [削除依頼]
    <49  訂正

    まるで→世界の
  • 51 リイ id:prieDmc1

    2012-01-29(日) 00:21:05 [削除依頼]
    >50 訂正  <49→>49
  • 52 リイ id:prieDmc1

    2012-01-29(日) 00:22:46 [削除依頼]
    〜リム〜


    、、、、、、、、、。

    やっぱりユウは、


    ミリカのことが、、、、、。
  • 53 リイ id:prieDmc1

    2012-01-29(日) 01:04:46 [削除依頼]
    バタン

    ミリカ『!  リム?

        リムっ!?』

    リカ『あ〜あ

       オーバーヒートだ。』

    ミリカ『オーバーヒート?』

    リカ『うん。

       予想外のことが起こるとなるんだ。
    小さい頃よくこれで入院してた。』

    ミリカ『それって大丈夫なんですか』

    リカ『、、、、。とりあえず。
       人工呼吸。』


    ミリカ『ゴメン。私やり方わかんない。』

    ユウ『僕は分かるけど、、、。』

    ミリカ『よしユウやれ。』

    ユウ『なぜに!?』

    ムア『ね〜。
       救急スペースに連れてけば?』

    ミリカ&ユウ『!!!!!』
  • 54 リイ id:prieDmc1

    2012-01-29(日) 01:29:32 [削除依頼]
    !

    ここどこ?

    ベッド?

    ミリカ『リム!
        気がついたの!』

    ユウ『(/////)』


    「ユウ?どうしたの?
     目赤くなってるよ?」


    ミリカ『あ〜
        それは〜
        人工呼吸と、心配と、、。』


    ユウ『あーえと、、その、、
       ゴメン、、、、。』


    「いや、急に誤られても、、。」


    ミリカ『あれ?覚えてない?
        リム気絶して、、
        ユウに人工呼吸されて、、』


    「人工呼吸!?
    つまり、、、、、。ファーストキス!?」

    ミリカ『!?
        なんで泣いてるの!?』

    「だって、、、、。

     うれしくてっ、、、。」


    ユウ『うれしい?』

    「うんっ。

     だってっ  だってぇ〜

     私はユウのことをっ
     
     ずっとっずっと

           好、、!」
    私が言い終わる前に、、。


    私とユウの距離が0cmになった。


    「んっ  ハァ
     何が起きたの?」


    「ユウ?」

    ユウ『うるさい。
       また、キスしたくなるだろ。』


    ミリカ&ムア『リア充をみせつけるな。』
  • 55 リイ id:prieDmc1

    2012-01-29(日) 01:55:40 [削除依頼]
    「、、、、、。
     ゴメン」


    ミリカ『ユウね
        さっきまでずっと泣いてたんだよ
        後悔と心配と謝罪で。』

    ムア『うん
       ずっと泣いてた』

    ユウ『だって、、。
       リムに悪いことしたと思う。』
       
    「?」

    ユウ『だって、リムは別に好きな人が、、。』

    「なんのこと?
     私が1年の頃からずっと好きな人は
     ユウだよ?
     優しくて、頑張りやで、お人よしで。」
     
    ミリカ『わかった?ユウ

        私10回は言ったよね?』

    ユウ『ゴメン、、、、、。』


    「じゃプレゼント♪」

    ユウ『これ、ストラップ、、、。』

    「可愛いでしょ?
     ユウが気絶したときのペアストラップ
     あと、ネックレス♪」

    ミリカ&ムア『いいな〜♪』

    「二人には、手作りストラップ♪
    大事にしてね♪」


       
  • 56 リイ id:prieDmc1

    2012-01-29(日) 02:03:07 [削除依頼]
    ミリカ&ムア『『ありがとう♪』』


    「じゃあプール行こう!」

    『『『、、、、、。まだ遊ぶの?』』』

    「うん!」

    ミリカ『水着は?』


    「レンタルする」


    ムア『まぁ♪とにかく遊ぼう♪』
  • 57 リイ id:VjyuybL/

    2012-02-04(土) 21:35:15 [削除依頼]
    「とりあえず 移動しよう。

    てゆーかお姉ちゃんは?」

    ミリカ『お姉様は、

        “リムちゃんも女の子になったな〜♪
         いいもの見れたし、帰ろっと♪”
         だって
         あと、“彼氏の家に泊まるときは
         家に連絡してね♪
        色々届けてあげる♪

         PS リムちゃんを悲しませたら
           即 射殺する”

       って。』


    「相変わらずお姉ちゃんはマイペースだな〜、、、、。」


    ユウ『、、、、彼氏、、、、。


       てか 射殺!?』


    「アハハ お姉ちゃんは銃の訓練よくしてるよ〜♪」


    ユウ『僕の命超あぶねーじゃん!』


    ミリカ『、、、、、、。
        多分一生忘れないよ。

             多分。』ポン

    ムア『ユウ、、、、、。』


    ユウ『ミリカ!?それひどくね!?

       ムアは僕の味方だよねっ!』


    ムア『とても真面目でいいやつだったな、、。
       永遠に忘れないよ。

                多分。』


    ユウ『そんなっ!

       ムアまで僕を見捨てるのっ!?』


    「てゆーか
     私は絶対ふられるの?」
  • 58 リィ id:CmYP1B..

    2012-04-21(土) 21:48:54 [削除依頼]
    ユウ『「///////!?!?!?うぅ、、。。」』

    ミリカ『お二人さん!熱いね〜♪』

    ムア『ヒューヒュー♪』

    「恥ずかしくて死ぬ〜、、、。」

    ムア『うわぁ!?大丈夫!?リム!
       めちゃくちゃ熱いよ!?』

    「、、、、、。////////ボッ」

    ユウ『え、、、。まさか、、、、。』

    ミリカ『オーバー、、、。』

    ムア『ヒートだな♪』

    今のじょうきょうは、
    プールに行くための水着選びで
    試着しているところを
    ユウに見られて
    ミリカ&ユウに冷やかされて
    リムがオーバーヒートと言うところだ。
  • 59 リィ id:CmYP1B..

    2012-04-21(土) 22:19:26 [削除依頼]
    ミリカ『おいユウ!!!(どす黒い声)』

    ユウ『ななななななな何!!!!???』

    ミリカ『よくも私のリムを
        気絶させてしかも過去に
        悲しませたなぁああああ!!!!!』

    ユウ『え、、。ちょ、、、。
       首が絞まるぅぅううう!!!』

    ムア『つーかぁ、、。リムを
       なんとかしよーぜ?』

    ユウ&ミリカ『『ハッ!!』』

    ミリカ『早く人工呼吸しろよ??(黒笑)』

    ムア『キース!きーす〜♪』

    ユウ『強制??』

    ミリカ&ムア『『強制。』』

    ユウ『てゆーか人工呼吸だから!
       キスじゃないからね??』

    ミリカ『あぁ?てめぇ私のリムを
        悲しませたくせにぃいい!!
     
        何をいってるんじゃぁああ!』

    ユウ『首が絞まるぅううう!!!』

    ミリカ『てめぇ過去にあんなこと
        やっといてぇええ
        よくも私のリムにぃぃいいい!!』

    ムア『やめとけって。
       ユウ殺したらリム悲しむぜ??』

    ミリカ『あ、、。そっかぁ、、。』

    ユウ『ゲホッ ゲホッ
       やっと解放されたぁ、、、、。』

    ムア『大丈夫?ユウー?』

    ユウ『大丈夫っ、、、。
       てゆーかミリカァアア
       なんでお前がリムの過去をしってんだぁあ!?』

    ミリカ『だって水着を選んでるときに    リムに教えてもらったよ。
        昔は苛められたけど、
        今はとっても嬉しいって。』

    ユウ『、、、、。リムに
       悪いことしたな、、、、、、。』
  • 60 リィ id:CmYP1B..

    2012-04-21(土) 22:30:50 [削除依頼]
    「ハッ 
     ここどこ!?
     ユウ?ミリカ?ムア?」

    ユウ『リム!』

    「あ、ユウゥウウ」

    ユウ『ちょっ!!なぜ泣く!!』

    「だってぇ、、、。」

    ミリカ『テメェェェエエ!!
        よくも私のリムを泣かせたな!!
        この野郎ぅぅう!!!』

    ユウ『頼むから 泣き止んで!!
       ミリカに殺される!!』

    「あ、ごめんなさい、、、。」

    ミリカ『このやろう!!!!』

    ユウ『謝られても殺される!』

    「いゃ、、。あの、安心ちゃって、、。」

    ミリカ&ユウ『『可愛いっっ、、、。
    』』
  • 61 リィ id:CmYP1B..

    2012-04-21(土) 22:46:04 [削除依頼]
    ミリカ『リム!!大丈夫?
        怪我は?記憶は?』

    ムア『あんたは心配性のお母さんか』

    ユウ『大丈夫か?リム?』

    「うん。大丈夫。ありがとう!」ニコッ

    ユウ(かわぃぃいいい!!!)

    「どうかした?ユウ?」上目使い&涙目

    「ゆーうー?きいてrンンッ」チュツ

    ミリカ『こんのぉおやろぉ!!!』

    ムア『怖い!ミリカ殺気とばすな!』

    「ユウ、、、。大好き!」ギュッ

    ユウ『!?!!!!!!!??
    ///////』

    ミリカ『歯ぁ食いしばれえぇぇ
        ユウ!!!』

    ムア『怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い
       怖い怖い怖い怖い怖い』

    ユウ『/////!?!!!!!??』
  • 62 リィ id:CmYP1B..

    2012-04-21(土) 23:59:26 [削除依頼]
    ピピピ
    携帯『一万年と二千年前から愛してる〜♪』

    「あれ?着信?」

    リカ『あーリムちゃん?
       ユウくんに変わって??』

    「ユーウーお姉ちゃんから電話だよ?」

    ユウ『はい。いま変わりましたー』

    リカ『あーユウくん?
       リムちゃん泣かせたね?
       射殺していい??(黒声)』

    ユウ『え、マジデスか?』

    リカ『うん♪私はいつでも真面目だよ?
       いいよね?』

    ユウ『だめですって!
       てか何で知ってるんですか!?』

    リカ『えーとね〜♪監視カメラから♪』

    ユウ『それって、、、。もしや、、。』

    リカ『うん!リムちゃんにキスしたことも、
       リムちゃんが抱きついたことも
       バッチリ知ってるよ!』

    ユウ『ぇぇえええぇぇええ!?!?!』

    リカ『んー♪でも今は
       よろしくしか言えないね〜♪』

    ユウ『へ?』

    リカ『だって、お父様から
       ユウくん認められてたよ?
       すごく悔しがってた♪』

    ユウ『、、、、。』

    リカ『リムちゃんをよろしくね♪』

    ユウ『じゃあ射殺は、、?』

    リカ『するわけないじゃん♪
       冗談だよ♪』

    ユウ『はぁ、、、。』

    リカ『リムちゃんをよろしく♪』ブツ

    携帯『ツー、ツー、ツー、ツー』

    「お姉ちゃんなんて?」

    ユウ『いや、、。公認カップル?
       お父様から認められたって、、。』

    「ほぇ〜♪」

    ミリカ&ムア『『へぇ〜♪』』ジーーーー

    ユウ『何だよ、、。その生暖かい目線はやめろ!』

    ミリカ&ムア『『嫌だ。』』

    「こーにんかっぷるぅ?」

    ミリカ『認められたカップルってこと。
        だが私は認めない!
        リムは私のものだ!』

    「あーまぢで?」

    ユウ『リムは僕の彼女だ!』

    ムア『いんじゃね?
       ユウの彼女で?
       美男美女でいい感じ?』

    ミリカ『うぅ、、、。』
  • 63 りぃ id:DoGBdy41

    2012-04-22(日) 12:57:41 [削除依頼]
    「ねー泳ごー」

    ムア『賛成!』

    ミリカ『リムがそういうなら、、。』

    ユウ『よし、プール行こう!』

    私達はプールに向かい、
    着替えた

    ミリカ『わ〜♪
        リムかわいい!』

    ムア『似合ってる。』

    ユウ『可愛いと思う/////』

    「恥ずかしいよ〜><」

    今はお互いの水着をみせあっているところだ。
    リム→水色と白のストライプのビキニ
    ミリカ→オレンジと赤のビキニ
    ユウ→青の水着(女の子用)
    ムア→黄色の水着

    ミリカ『てゆーか
        ユウ可愛いなww』

    ユウ『いや〜男の子用の水着っていったら、
       店員がこの水着を、、。』

    ミリカ&リム「『すごい敗北感、、。」』
  • 64 りぃ id:tgrsVo2/

    2012-04-23(月) 22:47:41 [削除依頼]
    「ユーウー僕眠い。」

    ユウ『遊び疲れちゃつたか?』

    「ぐぅ、、。」

    ユウ『おいリム!
       プールの中で寝るな!』

    「ぐぅ、、、。ゅ、、ぅ」

    ユウ『?』

    「一人、に、し、ない、で、、、。」

    ユウ『ゴメン。
       本当に悪いことをした。』

    ミリカ『あれー?リム眠っちゃった?』

    ムア『寝てる、、。』

    「ぐぅ、、。」

    ミリカ『しょうがない。
        ユウ、オヒメサマダッコして部屋まで
        つれていけ。』


    ユウ『へーい。ょっと』
    リムは完全に熟睡しています
    ユウにお姫様だっこの状態で。

    ユウ(かわいい、、。)
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません