日常ごっこ33コメント

1 林檎 id:hFoYmxU/

2012-01-04(水) 18:59:09 [削除依頼]
私の部屋に朝日が差し込む
いつもと同じ
何も変わらない
それでも私は満足だった
この平和な日常ごっこがいつまでも続けばいいと思っていた

小説板には初投稿の林檎です。
いたらないところがあれば指摘して頂けると嬉しいです。
まあ、gdgdになりながらも書き進めて行きたいと思っておりますので、応援宜しくお願い致します。
  • 14 林檎 id:BdfsM100

    2012-01-06(金) 11:02:20 [削除依頼]
    でも、そんなことをしていたって、記憶は残酷に薄情に薄れていく
    それが恐くて、苦しくて
    周りの人が、自分の周りからどんどん消えていくような気がして
    私は必死に足掻いて でも何も変わらなくて

    きっと、それからだろう。私が捻くれていったのは。

    つまらない日常ごっこをしながら 年を取っていく。
    なんて平穏で面白味のない人生なのだろう。
  • 15 林檎 id:BdfsM100

    2012-01-06(金) 11:43:10 [削除依頼]
    ちょっとキャラまとめ 高橋莉子…主人公。高校生ぐらい。女。 中谷美香…主人公の幼馴染みであり、親友。女。 今まで書いて来たもの↓ >>2+4+6-8+13-14 できてるかな・・・?
  • 16 夢羽 id:2AMWkjm1

    2012-01-06(金) 12:34:59 [削除依頼]
    おはうー^^
    またきたよん!!
    やっぱ面白いぜ!
    これからもがんばって( ´∀`)bグッ!
  • 17 かぜよみ id:SzCaLTK0

    2012-01-06(金) 12:40:26 [削除依頼]
    林檎林檎ーーー!
    読んだよ!凄っ!上手すぎ!
    自分も一時書いてたけどksだったよ・・・
    文も絵も凄くて憧れるわ。うん。
    これからも頑張ってね^^
  • 18 林檎 id:BdfsM100

    2012-01-06(金) 12:43:20 [削除依頼]
    夢羽>
    おうふ!!
    オハヨウコーラス サン!ハイ!|。・ω・)ノ (・∀・(・∀・(・∀・*)オーハー♪
    面白くないぜ((ドヤァ
    がんばるぬー^^
    かぜよみ>
    美味くないしすごくもないぞ。
    いあいあきっとかぜよみのことだからさぞかし神ってたんだろう。
    私なんかに憧れちゃダメだお^q^
    がんばるー^^
  • 19 夢羽 id:2AMWkjm1

    2012-01-06(金) 12:53:21 [削除依頼]
    おーはー^^
    がんばれぬー((パクるなww
  • 20 林檎 id:CR3cJ7W1

    2012-01-07(土) 19:54:20 [削除依頼]
     でも、私には何も変える事は出来ない。
    だから、この日常には一応満足している。

    ♪〜♪〜〜
     ((ん・・・?こんな時間に、誰だろ))

    机の上に置いておいた携帯が、漆黒の闇の中で浮かび上がっている。
    携帯を取り上げ、ディスプレイを見ると
    ((美香 メール一件))
    携帯をおぼつかない手で操作して、メールを開くと

    from|美香
    おーい!!
    今日は元気なさそうだったじゃまいか!!
    そんな元気なさそうだと、私が心配する(´;ω;`)ブワッ

    やはり、美香は優しい。
    私のちょっとした変化を見抜いて、自分のことのように心配してくれる。

    こんな風にしてくれる人がいる。
    こんな私にも、出来る事はあるのだろうか。
  • 21 林檎 id:wiJmXHz.

    2012-01-09(月) 20:01:12 [削除依頼]
     私は昔から人と触れ合えなかった。 
    というよりかは、触れ合いたくなかった。
     いつか別れがくると思うと、恐ろしかった。
    だから、人から逃げて、自分の殻に閉じこもった。
     でも、美香は違った。
    「なんで一人でいるの? 楽しくないじゃん 」

     私の心を開かせた。
  • 22 林檎@気分が(´;ω;`)ブワッ id:uQq2t5Y/

    2012-01-10(火) 15:31:15 [削除依頼]
     美香は小さいときからずっと笑顔だった。
      向日葵のようなキラキラ輝く、屈託のない笑顔。
    それは誰もが見とれてしまうような笑顔。

     私は美香と反対だった。
    暗く何を考えているのか、楽しいのかさえ分からない無表情な顔。
     それだから、美香の隣にいるのが私で良いのか、何度も悩んだ。
  • 23 林檎 id:tvJPpEA/

    2012-02-12(日) 18:28:24 [削除依頼]
    でも、でも、私も一歩踏み出してみようと思った。
    そんな私を、母は喜んでくれた。
    にっこりと笑いながら
    「あなたの気持ちに正直にね、そうすればきっと良い事があるわよ、莉子」
    そう言って、母は私の頭をゆっくりなで、それから強く抱きしめてくれた。
  • 24 林檎 id:tvJPpEA/

    2012-02-12(日) 18:43:03 [削除依頼]
    ここから少し番外編を書かせて頂きます。
    幼少期……そう美香と莉子が出会った当時の美香側のお話です。

    〜 〜 〜 〜
    今日も私は元気です!!
    代わり映えなんかしなくて良いんです。
    それで私はいいんです。
    でも、今は違います。
    心のもやもやが取れないんです。
    いくら楽しい事をしたって、いくら忘れようとしたって取れないんです。
    ……まぁ、その原因はわかっているんですけどね。
    絶対、クラスメイトのあの子です。
    あの黒い長髪がとっても綺麗で、だけどどこか近寄りがたいあの子……
    そう、莉子ちゃんです。
  • 25 おんぷ♪ id:BAJ6HOw.

    2012-02-12(日) 19:05:00 [削除依頼]
    なんか、漫画の友達ごっこに題名が似てますね^^

    応援してます!がんばってください!
  • 26 なっこ id:BAJ6HOw.

    2012-02-12(日) 19:07:24 [削除依頼]
    ここのスレ、おもしろいですね♪
    がんばってくださいっ!
    また来ます☆
  • 27 林檎 id:7d4vWKw0

    2012-02-15(水) 15:40:27 [削除依頼]
    おんぷ♪さん>
    あー…似てるかも知れませんね…
    でもパクリは断じてしていませんのでご安心を。
    ありがとうございます。
    がんばっていきます。

    なっこさん>
    面白いですか?
    ありがとうございます!!
    頑張っていきます。
    ぜひ^^
  • 28 林檎 id:Ok7c2sw0

    2012-02-16(木) 20:32:40 [削除依頼]
    授業って楽しくないですよね。
    やっぱり自分の好きな方法で勉強した方が頭に入って行くと思うんです。
    なんで勉強しなくてはいけないのかは、しっかりと理解してます。
    ……してるつもりです。

    「ガラッ」
    教室の戸が開いて、皆が静かになりました。
    皆は2つの行動を取り始めました。
    1つは表情を硬くして戸の方を見つめる人。
    もう1つは、私のように何が起こったかわからず周りを見回す人。
    静寂を破ったのは先生でした。
    「高橋……いったいなんのつもりだ?」
  • 29 林檎 id:Ok7c2sw0

    2012-02-16(木) 21:43:33 [削除依頼]
    あぁ……莉子ちゃんか。
    「……別に……学校に来ただけです」
    莉子ちゃんは、それだけ言うとさっさと自分の席へ向かった。
    皆の小声の話が聞こえてくる。
    こういうときの小声って、大きな声より、良く聞こえる気がしませんか。
    「やっぱあの子っておかしいよね」
    「あーいう子には近づかない方が良いよね」
    ……こう言う事言われると、傷つくってこと分かんないのかな?この人たちは。
  • 30 林檎 id:GoAP9n1.

    2012-02-18(土) 14:20:52 [削除依頼]
    莉子ちゃんはそんな事は気にしていない。
    自慢の長くて綺麗な黒髪をなびかせて、ただ座っている。

    そんな莉子ちゃんを見つめているうちに、時間は瞬く間に過ぎて行ったようで。

    サラッ…
  • 31 林檎 id:GoAP9n1.

    2012-02-18(土) 20:58:43 [削除依頼]
     莉子ちゃんの髪が揺れたと思うと、私の耳にチャイムの音が飛び込んで来た。

     皆、一斉に自分のしたい事をし始める。
    男子は元気に教室を飛び出して行くし、女子は固まって喋り始める。
     私も、いつもなら女子達の輪に入るのだけど……

    あんな事を言う人達と一緒にいるなんて、考えただけでも反吐がでる。
    ……あぁ、私の仮面は剥がれない
  • 32 林檎 id:GoAP9n1.

    2012-02-18(土) 21:42:53 [削除依頼]
     そんな事を思い机に突っ伏していると、後ろから声が降り掛かって来た。

    「中谷……さん?」

    「……へ…って莉子ちゃん!! 」

    莉子ちゃんは、小動物のようにこちらをじーっと見つめている。

    「あの……教科書落ちてるよ……」

    そういって莉子ちゃんは、私の教科書を拾い差し出した。
    私は少し驚いてぽかんとしながら教科書を受け取った。
    そうするが早い、莉子ちゃんはすぐに自分の机に戻って行ってしまった。
  • 33 林檎 id:wDSTIqC/

    2013-01-07(月) 08:54:20 [削除依頼]
    私は莉子ちゃんが自分の席に戻るのをただただじっと見ていた。

    莉子ちゃんが動くたびに、墨を流したような黒髪が揺れてとても綺麗で、ついみとれてしまった。
    私は、一つため息をつくと次の時間の用意をし始めた。
    ふと固まって話していた女子のほうを振り向くと、いつもと変わらず耳に障る高い声で、人の悪口をたれながしていた。
    でも、あの人たちに言えることなんて、私には何もない。
    私だって同じようなものだもの。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません