***Noteの1Page***12コメント

1 Miracle id:3JlVvoL0

2012-01-03(火) 02:36:16 [削除依頼]

もし開いていなければ
   
     こんな事起きてなかっただろう―…
  • 2 Miracle id:3JlVvoL0

    2012-01-03(火) 02:42:51 [削除依頼]
    ****第1話****

    ピピピピッピピピピッ
    「ん〜はぁ〜い起きます…」
    バタドタッ
    「いって〜っ(泣)ベットから落ちちゃったよぉ」
    彌紅はようやく目が覚めた。
    「ファァァァ〜おはよぉ。ってわ!!!!こんな時間!
      遅刻しちゃうよ〜」
    彌紅は急いで学校の準備をした。
  • 3 Miracle id:3JlVvoL0

    2012-01-03(火) 02:46:49 [削除依頼]
    ***青空 彌紅Aozora Miku***
    中学3年の女子、遅刻が多く恋愛になると
    何もできなくなってしまう
    ***古野 朱璃Kono Akari***
    彌紅の大親友。彌紅にとって頼りがいがある
    親友。だけど…
  • 4 Miracle id:3JlVvoL0

    2012-01-03(火) 02:58:59 [削除依頼]
    ****続き****

    「んっじゃあ行ってきま〜す!!!!」
    ダッタタタタタッタ
    彌紅は大急ぎで学校に向かった
    バサッ
    「ん??上から何か落ちてきた…何これ?」
    彌紅の目の前にNoteが落ちてきた
    「『最初の1page』????小説か何かかなぁ?」
    彌紅は手に取りカバンに入れた
    「ちょっと怖いから朱璃と一緒に見てみようっと」
  • 5 Miracle id:3JlVvoL0

    2012-01-03(火) 03:09:16 [削除依頼]
    「ふわぁ〜やっと学校に着いた早く教室に行こ〜っと」
    タッタッタッタタタ
    ガラガラ
    「おはよ〜!!!」
    「あ、彌紅!おはよ〜ぅ!!!!」
    「朱璃!!ねぇ聞いてよ!!」
    「どうしたの?」
    「なんかね学校に向かってる途中で上からnoteが
     落ちてきたの」
    「そうなの??え…まさか持ってきてないよね(苦笑)」
    「残念ながら持ってきてます」
    「そうなの?ちょっと見せて」
    「うん分かった」
    彌紅はカバンの中からさっき拾ったnoteを取り出した
    「これだよ!」
    「うわぁボロボロじゃん。『最初の1page』???」
    「ねぇ朱璃…見てみよっか?」
    「そうだねぇ、怪しいけど見てみたいよねっ」
    「それじゃあ開くよ〜」
    ペラッ
    彌紅はnoteの1page目を開いてしまった。
    彌紅達はこのあと大変なことが起きるとは知らなかった
    「start???」「start???」
    noteには『start』と赤色のpenで書かれていた
    「なにこれ〜変だね(笑)」
    「そうだね朱璃(笑)」
    「な〜んだこんなものなら拾ってこなければ
     良かったかな〜???」
    「さぁね(笑)」
    「あ、吾騎君...ねぇ朱璃、吾騎君だ///」
    「…っあっ本当だね」
  • 6 Miracle id:3JlVvoL0

    2012-01-03(火) 03:13:35 [削除依頼]
    ****吾騎 悠樹Aki Yu-ki****
    同じ中学3年で彌紅が好きな相手
    結構カッコよくて優しい
    少しSな部分もある
    ****伊藤 萼Itou Gaku****
    同じ中学3年
    萼は彌紅の事が好き。
    あまり優しくないけど好きな人に対しては
    優しい
  • 7 Miracle id:3JlVvoL0

    2012-01-03(火) 03:25:24 [削除依頼]
    「あっ吾騎君」
    「彌紅!あっ朱璃…お前ら何してるの?」
    「吾騎君あのね今日学校に向かってる途中に
     上からこのnoteが落ちてきて…今その話をしてたの」
    「そうなんだ〜ちょっと俺にも見せて」
    「あ、うん」
    「『start』??なんだこれ??もしかしてこんな事?」
    チュッ
    悠樹は彌紅に軽くkissをした
    「ちょっなにするのよ///」
    「あ、照れてる(笑)」
    「ちょっと悠樹君何してるのよ〜」
    「朱璃、羨ましいのか?(笑)」
    「そんなわけないし…」
    「もう、びっくりさせないでよね」
    「ごめんよ彌紅」
    彌紅はびっくりした顔をしながら顔をpinkに染めてる
  • 8 Miracle id:3JlVvoL0

    2012-01-03(火) 03:51:42 [削除依頼]
    そして放課後

    「じゃあ私先に帰るね!!!」
    「え〜朱璃、もう帰っちゃうの??」
    「彌紅、あたしの変わりに伊藤がいるから」
    「えっ伊藤?!」
    「じゃあね悠樹君と同じ方向だから一緒に帰るね」
    「じゃ―な彌紅」
    「あ、うん…バイバイ…吾騎君…」
    彌紅は朱璃と悠樹を羨ましそうな目で見てた
    「んで、彌紅はなんで居残りするの?」
    「このnoteについて考えようとしてるんだ!伊藤も
     付き合ってね」
    「うん」

    その頃朱璃と悠樹は…
    「んっねぇ!悠樹…君…」
    「何?」
    「あっあたしと……kissして…」
    「やっぱりお前羨ましかったんだ」
    チュッ
    朱璃は強く悠樹にkissをした
    「んっはぁっねぇ...もう少ししててっ…」
    悠樹がいきなり朱璃にkissをした
    優しい大人のkissを。
    そして朱璃は彌紅を裏切る事になってしまった
    二人は禁断の仲になってしまったんです
    朱璃は彌紅が悠樹の事を好きと知った上で
    こんな事になってしまったから。

    続く
  • 9 Miracle id:1lK1P540

    2012-01-03(火) 23:50:46 [削除依頼]
    ****2話****

    朱璃は悠樹に全部話した
    彌紅は悠樹が好きだって。
    悠樹も彌紅の事が好きだったらしい
    でも今は朱璃が好きなんだって。

    二人は付き合う事にした―…
    もちろん彌紅に内緒で

    次の日

    「おはよ―朱璃」
    「おはよう彌紅!!」
    「朱璃〜noteの事、全然分からなかったよ〜」
    「馬路か〜じゃあ今から考えてみよっか!」
    「うん!」
    ガラガラガラ
    「おはよ」
    「吾騎君おはよう」
    「あっ悠樹...おはよう」
    「おっおう」
    「それじゃあ考えよう!」
    「そうだね彌紅」
    「そうだな」
    彌紅は机の中からnoteを取り出した。
    「『start』気になるよね」
    「そうだな」
    「ねぇ朱璃、吾騎君、次のpageも開いてみない?」
    「そうだね」
    「あぁ」
    彌紅は次のpageにした
    そこに書いてあった事は…
    「『朱璃は悠樹とkissをした。朱璃は消える』え...何これ...」
    「なっなによ!あっあたし達きっkiss何かしてないし」
    「だっだよな」
    「二人共何焦ってるの?それより...朱璃は消えるって何なの」
  • 10 (*A`)朱羅⇔羅奈(´A*) id:AKlCc6J0

    2012-01-03(火) 23:58:54 [削除依頼]
    面白いです!!
    応援してます!!頑張ってください(*> <)

    時間があれば『*+とても遠い片想い+*』か『*+そんな君が好き+*』を見てください!!
  • 11 Miracle id:FBIep071

    2012-01-04(水) 00:11:54 [削除依頼]
    「誰よこんなくだらない事書いた人」
    「朱璃は消えないし、絶対吾騎君とkissしてない...」
    「だよな、こんなくだらない事する奴誰だよ」
    「あの...私も入れて」
    「恵那さん...入れてって何にですか?」
    「彌紅ちゃん私もこのゲームに参加させて欲しいの」
    「恵那、ゲームってなんなのよ!もしかして恵那が
     私は消えるって書いたの?」
    「恵那何か怪しいぞ」
    「違います!私じゃありません...けどこのゲームの事
     良く知ってるんです...」
    「恵那ちゃん...どういう事?その話」
    「そうだよ!その話あたし達に教えて」
    「だな」
    「それは出来ません...後から皆さんはわかりますよ
     あと...このゲームに参加させてもらいます」
    「どういうことだよ!」
    「後で教えます...それと朱璃...あなた昨日
     悠樹さんとkissしてましたよね私偶然見ちゃって
    そのあとに悠樹さんの家に入ってく所も」
    「えっ…ねっねぇ...朱璃...どういう事」
    「何言ってるの?そんなわけないじゃん」
    「そうだよなぁ」
    恵那はpocketから朱璃と悠樹がkissしている
    写真を取り出した
    「…朱璃…最低…」
    「ちっ違うの彌紅」
    「違くないじゃん...朱璃あんた裏切ったんだ!」
    「ちょっと待てよ」
    「吾騎君は黙ってて」
    「裏切ってない...」
    「朱璃...私が吾騎君の事好きだって知ってるのにkiss
     したじゃん...あとさ...いつの間にか
    吾騎君の事いつも悠樹君って言ってたのに悠樹って」
    「ごめん…」
    タッタタタタタタガラガラ
    朱璃は走って教室を出た
    「…最低。朱璃ってああいう人だったのね」
  • 12 Miracle id:FBIep071

    2012-01-04(水) 00:14:55 [削除依頼]
    タッタタタタタッタタタ
    「はぁ〜はぁ〜彌紅に悪い事しちゃったな...でも
     あたしも悠樹の事好きだし...」
    タッタッタッタッタタ
    また、朱璃は走った
    家に帰ろうとしていた途中に...
    「キャー」
    ドンッ
    事故にあってしまった
    『朱璃が消える』?

    続く
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません