*..ねぇ、永遠の愛って信じる?..*23コメント

1 未来 id:w6H3RYb.

2012-01-02(月) 18:10:03 [削除依頼]
私は、恋をして初めて知った。
『永遠の愛』なんて本当にあるのだろうかと....。

『恋なんて、したってしょうがない』
なんて思っていた私が、
あんなにも人生を左右することになるなんて....。

でも、あなたに出逢ってなければ、恋しくて
                楽しくて
あなたと過ごした以上の嬉しさはなかっただろう
                

だけど、あなたに出逢っていなければ、悲しくて
                  苦しくて
泣きたいくらいこんなにも悩むことはなかっただろう


。...こんな切ない美保のラブストーリー...。


    初めまして(*^-^*)/
   中1の未来といいます☆
  文章力がハンパなくありませんが....
 多くの皆さんに読んでもらえるように頑張ります!!
  • 4 未来 id:.OihX8M.

    2012-01-03(火) 12:39:58 [削除依頼]
     「美保ーおはよう!!」
    朝っぱらから元気な、私[福島美保]の親友[長島綾乃]。
     「あ、綾乃ー。おはよー!!」
     「今日ね、うちらのクラスに転校生が来るらしいよぉ♪
      誰だろう、イケメンかなぁ??」
     「まったく、綾乃はぁ」
    こんな会話で私たちの1日が始まった。

     
     「はい。今日は転校生が来ている。早速紹介するな!入って来ーい!」
    先生の言葉で教室中が静まり返り、扉の方に視線が集まった。


    ――――ガラガラ。


    そこには、顔が整い、爽やかな雰囲気があった。
    いかにも女子たちの目は、ハートになっていた。
    『綾乃まで....』

    その中、私だけ顔を伏せていた。
    『男なんて興味ない』
    なんて思っていた私が、こんなにもすぐに変わってしまうなんて、
    自分でも思っていなかったのだ。


     「松下優です。よろしくお願いします。」
     「はい、みんな。仲良くするようにぃ。
      席は.......福島の隣でいいな!!」

     「えぇぇぇぇっ!!」
    と言った途端、松下優ってやつと目が合ってしまった。

     「あ、ぃ、いいですよ....」


    今度は、みんなの視線が私に集まる。


     「あ、私福島美保です!よろしくね」
    優くんは、「よろしくな」と言って
    またまた爽やかな笑顔で微笑んだ。
  • 5 未来 id:.OihX8M.

    2012-01-03(火) 12:46:27 [削除依頼]
    授業がすべて終わり、部活の時間になった。
    私は、保健委員の仕事で保健室で暇をつぶしていた。


    ――――ガラガラ。


     「痛ってぇ!!この傷手当てしてくれ!!
      って、、、福島ぁ!?!?」

    優くんは、サッカーの練習着を着ていて
    いつもと違う雰囲気だった。
    『いつもよりかっこいい』
          って何思ってんのよ!!←

     「どぉも....
      すごい傷だね。。。大丈夫??
      今手当てするから。」


    私は普通に手当てしていたと思ったのに....
    優くんは......。
  • 6 未来 id:.OihX8M.

    2012-01-03(火) 12:52:25 [削除依頼]
     「優くんってサッカー部だったんだね。」
     「そうだよ。小中学校ってやってたからな。」
     「えっ!じゃあ上手いんじゃん♪」
     「そんな程でもねぇよ////」

    優くん、顔赤くなってる。
    かっわいぃぃぃぃ←


     「優くん、顔赤いよぉぉぉ」
    と言って、頭をぐしゃぐしゃにしたら....
    足がすべって......
    優くんと顔があと1?ってところに...!!

    2人とも顔が真っ赤になってしまった。


     ............。

     (やば...沈黙嫌いなんだよぉ....)
  • 7 未来 id:.OihX8M.

    2012-01-03(火) 12:53:00 [削除依頼]

    そうして、2人はとっさに目をそらした。
  • 8 ソラ id:wne5JmA0

    2012-01-03(火) 20:16:45 [削除依頼]
    頑張って☆
  • 9 ここな(*´`)ノモト→ヵィダョ。  id:Gf9Am79.

    2012-01-03(火) 20:45:55 [削除依頼]
    おもしろぉい!!

    天・才☆
  • 10 未来 id:9/.2aGA/

    2012-01-06(金) 11:41:00 [削除依頼]
     「あっ、あの、部活行かなくていいの?」
     「え?俺、邪魔だった??」
     「あ、いや....そういうわけじゃ...」
    そして、私が最後まで言い終わる前に優くんが口を開いた。
     「っならまだ居るわっっ!!」
    それって、もしかして.....
    私とまだ一緒に居たいって事?
    って何に考えてんのよ!!


     「美保ー!!何で部活来なかったのよ!!」
     「あ、ごめん。....保健委員の仕事でさ....」
     「...んー、なーんか怪しい!!!!
      美保、好きな子でも出来た??」
     「ち、違うよっっ!!」
     「うわー!もっと怪しいし。」

    なんでだろう....
    好きな子って言葉聞くと、あの人の顔が思い浮かぶのは....

     「っまぁ、好きな子できたら親友のあたしには教えなさいよ!」


    そうして、私たちは別れた。
  • 11 未来 id:9/.2aGA/

    2012-01-06(金) 11:57:21 [削除依頼]
    次の日
    ――――ガラガラ。
    教室に入り、席に着いた途端....
     「福島、おはよう。」
     「あ、優くん。おはよう!!」

     「あのさ、番号教えてくんねぇ??」
     「あ、いいよいいよ♪」
     「あと....俺の事優って呼んで!!」
     「え...??あ、うん....」

     「あれあれぇぇ??お2人さん♪
      なーんか、ラブラブじゃないっすか??」
     「えっっ??ち、ちがうよー!」

    そう盛り上がっている私たちは、
    怒りをあらわにしている人達に気づかず....
  • 12 未来 id:9/.2aGA/

    2012-01-06(金) 12:04:29 [削除依頼]
    次の日
    ――――ジリジリジリ。
     「みほぉーー!朝だよーー!」
     「はぁい.....」

    お母さんのMorning callで起こされ、
    ベッドから立ち上がろうとしたその時。

    ↓夢の中↓
    ―――――――――――――――――――――――――――
     『福島....俺さ......。
      福島の事好きなんだよね。
      俺と付き合ってください!!』

     『わ、私も....ゆ、優の事が好きです。』

    ―――――――――――――――――――――――――――

    えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ????
    ゆ、優が私を!?
    わ、私が優を!?
  • 13 未来 id:9/.2aGA/

    2012-01-06(金) 12:06:00 [削除依頼]
    夢の中だというのにもかかわらず、

    ご飯を食べている時も
    着替えている時も
    歯磨きをしている時も
    髪型をセットしている時も


    私は優の事で頭がいっぱいだった。
  • 14 未来 id:9/.2aGA/

    2012-01-06(金) 12:09:34 [削除依頼]
    ――――ガラガラ。

     「あー!美保だぁ!!!おはよぅ♪」
     「おっ、福島。おはよ!」
     
    教室に入ると、綾乃と優が楽しそうに話していた。
    なぜか、その時。
    私の胸は、ズキズキと痛んだのだ。

     「お、おはよう。」

    その気持ちが2人にばれないように
    私はすぐ自分の席に向かった。

    と言っても席は話してる真横なんだけどねwww
  • 15 未来 id:9/.2aGA/

    2012-01-06(金) 12:11:37 [削除依頼]
    いつの日か、私たち3人は
    休み時間や昼食の時間、移動教室の時まで
    一緒に行動するようになっていた。

    私はその理由についてまだ知らずに....
  • 16 koko id:VMjl8gm/

    2012-01-14(土) 12:03:53 [削除依頼]
    きたよん(*^^)v

    あたしより上手い…

    尊敬です(^・^)
  • 17 未来 id:wGRmU.e.

    2012-01-15(日) 19:24:24 [削除依頼]
    ――――とある日の朝
    私は、自分の下駄箱を開け、外靴を入れようとした瞬間....
    小さなメモ用紙が落ちてきた。
    そこには....。

     『福島へ
      話があるから、体育館裏に来て!
                  優より』

    と書かれていた。
  • 18 未来 id:wGRmU.e.

    2012-01-15(日) 21:17:10 [削除依頼]
    私はなぜか胸を踊らせながら、体育館裏に向かっていた。


    だが、付いたが誰もいない。
    少し待つと、後ろから誰かの足音がした。

    それは、大好きな彼の足音ではなく......
  • 19 未来 id:wGRmU.e.

    2012-01-15(日) 21:22:41 [削除依頼]
     「ふっ。本当に来やがった、コイツ。」
     「何騙されてんのー!?バッカじゃない。」
     「優くん大好きだもんねー」

     「「「あはははは」」」

    声のする方を向くと、
    同じクラスの愛美、咲希、佳奈が立っていた。

    なんで??
    あの紙は、優じゃなかったの??
    私.....騙されたの?
  • 20 未来 id:1i0sMlD1

    2012-01-18(水) 15:49:01 [削除依頼]
     「そんなんじゃないよっ!!」

    私は、3人に言われたことを必死で拒否した。


    だが、その時――――。
    ――――バチッッッッ。
    愛美が私の頬をたたいた。

     「お前さぁ、うざいんだよっ。
      優くんと仲良いからって調子乗ってんじゃねぇよ。」

     「あんたみたいな女、優くんが好きになるわけないでしょ!!」

     「優くんは、私のものよ。
      優くんに近づかないで!」

    優...は..愛美....ちゃんの....もの.......。
    私なんかが.....優に...近づいちゃ.....いけないの...?


    私は、大粒の涙を流した。
    私の気持ちと、3人の気持ちをのせて...。
  • 21 未来 id:1i0sMlD1

    2012-01-18(水) 15:57:52 [削除依頼]

    そのまま私は、体育館裏で寝てしまっていた。
     「....ほ!....みほー!!!」
     「あ、綾乃???」
     「美保!!どうしたのその傷!!
      戻ってこないから、心配したんだよ。」
     「ご、ごめん...。大丈夫....だから....。」

    どうして、親友の綾乃にまで隠しちゃうのかな。
    心の底では、綾乃に助けてもらいたいって思ってるのに。

     「美保、後で話聞くよ?
      私は、美保の親友だから!
      私には話せるでしょ??」

    そんな私に対し、綾乃は優しい言葉をくれた。

     「うん。なんかごめんね....。」
     「謝んないの!!
      困ったときに助け合うのが親友でしょ!」
     「ありがとう」

    綾乃の言葉に再び大粒の涙が流れた。

     「っよし!!教室戻ろう??
      優も心配してるよ!」

    今は、優に逢いたくないよ。
  • 22 未来 id:1i0sMlD1

    2012-01-18(水) 16:04:25 [削除依頼]

    ――――ガラガラ。
     「福島!!どうしたその傷!!??」

    優が言葉を発した瞬間に、3人と目が合ってしまった。
    私はすぐに目をそらしたが、
    ずっと3人の視線を感じていた。


     「ちょっと転んじゃって。心配かけてごめんね...。」


    放課後――――。
     「美保ーー!駅前のカフェで話聞くよー??」
     「あ、わかったぁ。」
     「なんだよ話って!!」
     「優には教えなーい。
      女の子の事情だもんねぇ♪美保っ♪」
     「あっ、う、うん。」
     「福島、なんか困ったことあったら何でも言えよ!」
     「うん!ありがとう。じゃあね」


     
  • 23 未来 id:f3sDSxV1

    2012-03-02(金) 21:43:11 [削除依頼]
    久しぶりに続き書こうかな....
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません