月と太陽〜天使と吸血鬼〜9コメント

1 黒猫丸 id:j/MjA9c1

2011-12-31(土) 13:04:29 [削除依頼]
 問題です。

『天使と吸血鬼の友情は成立する。
   〇か×か。』

 あなたはどっちですか?
  • 2 黒猫丸 id:j/MjA9c1

    2011-12-31(土) 13:09:37 [削除依頼]
    。・.+キャスト+.・。
     
     ・西野 アスラ
     吸血鬼。天使の血を吸うために人間の学校へ転入する。

     天使の血を吸うと、吸血鬼の本来の力が発揮される。
     クールで頭がいい。(吸血鬼のくせに・・)
     黒髪のロング。そこらへんにいそうなツンツンキャラ(?)
     
     ・月影 雫
     天使。アスラに狙われるけど、友達になろうとする。

     茶髪のロング。ふんわりしている。
     内気だが、敵と戦うときは真剣モードに。
  • 3 黒猫丸 id:CIFHQC20

    2012-01-01(日) 10:42:51 [削除依頼]
     「・・・へぇ、人間界にもいたんだぁ・・


                           天使が」

     
     「!?」

     「どうしたの?」

     「あ、いや・・・・なんでもないよ?」

     「そう?」

     
     なんだったんだろう・・・今の・・

     
     2012年4月

     「おはよー!やっと2012年になったねー!」

     「えっ、なんで?」

     「だぁってぇ、新しい年といえば転校生が来るでしょ!?!?
      それに、今日このクラスにも転校生がくるって!」

     「そうなの!? ねぇねぇ、その子ってどんな子?!」

     「えー・・そこまでは・・・」

     「そっか・・・」

      
     「席つけー。これから転校生を紹介するぞー」

     「来たー!」

     「どんな子か、本当に知らないの?」

     「うん・・。ちらっと小耳にはさんだだけだから・・・」

     「そっか・・。」

     「転校生の”西野アスラ”さんだ。」

     『ガラガラ・・』

     「わぁっ・・・」 「へぇー、黒髪のロングかぁー。雫と似てるね」

     「うん・・・。」

     「西野アスラです。ヨロシクお願いします。」

     「えっと・・・席はー あ、あの茶髪ロングの隣だな。」
     
     えっ、私っ!?!?

     「っていうか、茶髪ロングって・・・」 「いーじゃ、、そのとおりなんだし?」

     「・・・よろしく・・」

     「あ、こちらこそ・・」

      ―――――私は、知らなかったのです。
       この子が、私のことを狙っているなんて・・・。
  • 4 ゅゅ*、 id:Vrm1Llx.

    2012-01-12(木) 12:36:26 [削除依頼]
    面白いねっ&heats;
  • 5 黒猫丸 id:FHslL4H1

    2012-01-29(日) 09:11:09 [削除依頼]
    ゅゅsama#
     いいえ、こんなヘボ小説、更新もまだ3回しかやってない小説なんて、、、
     コメント、有難うございます(#^−^#)
  • 6 黒猫丸 id:FHslL4H1

    2012-01-29(日) 09:16:14 [削除依頼]
     ■長休み■―――――・・・

     「ねね、聞いた!?!?」

     「へ? 何を?」

     「なんか、最近この辺で人が殺害されてんの!」

     「その話、 詳しく聞かせて!!」

     「え? いいけど・・・

      なんか、この学校の学区内で連続殺人が起きてるんだって 
      で、被害者は普通の一般人
      殺された時刻はだいたいが夜中なんだってさ。

      怖くない? この学校のひとも、何人かが襲われそうになったって!」


     「ふぅん・・・」

     (天使は、こういう悪事をする人の心を洗浄するんだよな・・)

     「ねえ、その場所って、詳しく知らない?」
     
     「え・・・でも、神出鬼没だから、な・・・・」

     「そうか・・・」
  • 7 黒猫丸 id:erj2Gkk0

    2012-02-01(水) 15:34:10 [削除依頼]
    AM1:34―――――
     
     「・・・・・」

     私の予測が正しかったら、天使はくるはず!!

     『ジャリ・・・』

     来た!!!


     「――――――――」

     「 ? 」

     「―――――――」

     何を言ってるの・・・?


     「我ここに降臨する・・・
       我の邪魔をするものは
        ただちに斬首の刑に処する・・・・」


     こいつ、頭がおかしい!!
     だって、明らかに男だもの・・・・


     「・・・男だから・・・・・
       頭がおかしいとはいえないのではないか?

                             小娘。」

     「!!!!  なんで分かって・・」

     「我は千里眼を持つ。
       だれも我から逃れられない・・・」

     「自己中心的な人物ね。
      面白いわ・・」

     「我は お前ごときに負けはしない!!」

     「!!」

     『ドン・・・・・』

     
     
     「う・・・お前、何者・・!!!」

     「我は死神。 そなたらの”命”を貰いに来た・・・」

     「しに・・・がみ・・」

     本当にいたんだ・・
  • 8 にゃんこ id:ttrStO10

    2012-02-03(金) 16:37:39 [削除依頼]
     「あれ?」

     ここは・・? 私、あのまま地面に倒れて・・・ 「ん?」

     これは・・?

     『アスラさんへ

      具合はどうですか。 
     
      散歩の途中で道路に倒れている貴方を見つけてびっくりしました。

      具合が悪かったら無理をしないでください。

      お大事に。

                         通りすがりの天使より』

     「てん・・・し・・・・」

     そうか、私、天使に助けられたんだ・・・。


     「ただいまー」

     「!?」

     「あ、アスラさん!
      具合、大丈夫ですか?」

     
  • 9 黒猫丸+(´艸`)+ id:ecZZpY//

    2012-02-04(土) 09:56:23 [削除依頼]
     「あぁ、うん・・・・。
       あの、この『通りすがりの天使』って・・・?」


     「何ですか?それ?」

     「いや、起きたら枕元に・・・・」

     「それじゃあ、
      アスラさんのことをかわいそうに思った優しい天使さんが
      アスラさんにお見舞いの言葉をよせたんでしょう?」

     「そう・・・」

     天使・・・なんで私は直前に気を・・

     「もういいわ。 家に帰らせてもらうわ。」

     「そうですか?では、お大事に・・・
      気をつけてくださいね?」

     「うん・・。」

     何この子、なんか、この子が天使みたい・・・

     
     「じゃあ、また学校で。」

     「はい!」

     それから、私は家に帰った。

     誰もいない家へ・・・

     「ただいま。」

     元々、私の家族は吸血鬼だった。

     遺伝によって、吸血鬼になるのだ。 でも・・・

     私は元々、吸血鬼ではない。 元々、普通の人間だった。

     私と両親は血のつながっていない親子で、私だけが吸血鬼だった。

     ある日、私は両親を――――――

    。・.+*-、。・.+*-、。・.+*-

     『きゃあっ!!吸血鬼よ!!』

     『早く逃げるんだ!!母さん!』

     『おかあさーん!助けてー!!!』

     『絵未・・?』

     『きゃああああ!!!!!』

     『絵未!! どうした!!』

     『この娘はもう死んだ。
      私が最後の一滴まで吸ったからな。』

     『おのれ、よくも!!!』

     『そんなんで、私に勝てると思うか?』

     『『ギャアアアアアアアアアアア!!!!!!!』』

    。・.+*-、。・.+*-、。・.+*-

     こうして、私は一人になった。

     私は元々、一人が大好きだった。

     あの親子は少し、うるさかったからな・・・・
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません