LOVE story15コメント

1 りーたん id:/bCmLyF.

2011-12-26(月) 18:27:52 [削除依頼]
〜プロローグ〜
いつからだろう??貴方の事がすきになったのは。
いつからだろう??周りの世界が見え始めたのは。
いるからだろう??貴方から離れていったのは・・・。


下手な小説ですが、良かったら見ていってください。
感想&アドバイス待ってます!!
  • 2 優姫(*●´∇`●)--*--* id:/V2O5Kg.

    2011-12-26(月) 18:30:07 [削除依頼]
    頑張ってくんろぉ〜★
  • 3 りーたん id:/bCmLyF.

    2011-12-26(月) 18:50:55 [削除依頼]
    優姫さん。ありがとうございます!!
  • 4 りーたん id:/bCmLyF.

    2011-12-26(月) 19:23:18 [削除依頼]
    1話:矛盾じゃねぇし!!
    「ねぇ麻友。同クラの、長谷川圭って知ってる??」
    「ハセガワケイ??」
    私は、小萩麻友(コハギマユ)。ここら辺では有名な悪ってやつですわぁ。ちなみに高2。
    「しらねぇの!?」
    今一緒に居るのは、友の北川梨乃(キタガワリノ)。
    今私たちは修学旅行中です。
    私は、梨乃と優衣(秋元優衣[アキモトユイ])とおぐれい(小倉麗[オグリレイ])
    と同じ部屋である。
    そして、彼氏イナイ組の私と梨乃でトークをしている訳だ。
    あっ!!そうそう。私の学校は高2で修学旅行に行くわけで、高3になると、受験勉強で・・・・らしぃ。
    「で。長谷川圭って誰??かっこいいの??」
    「yes!!」
    「ふ〜ん。地味男??」
    「わかんねぇけど、眼鏡とると、やばいらしぃよぉ。」
    眼鏡ねぇ・・・・。
    「愛眼??」
    「知らないよ!!」
    愛眼かなぁ・・・??どぉでもいいけど・・・。
    でも、地味っぽいから、NGだな。
    「ってか、同クラの顔ぐらい覚えろよ!!」
    「だって、行ったって、どうせ私は寝てるし、誰も顔あわせようとしないし・・・。」
    「そりゃ、麻友怖いもん。」
    「うっ・・・。」
    1番気にしてる事。皆から恐れられている事。
    「しょうがないじゃん・・・・。」
    私は布団の中に潜った。

    修学旅行は終わるのが早く、明日からは又授業が始まる。
    「だりぃなぁ・・・・・。」
    私はダラダラ廊下を歩いていた。
    「おいっ!!長谷川!!」
    「!!!」
    長谷川・・・・??
    「はい。何でしょうか??先生。」
    「修学旅行のレポートが出てないぞ!!」
    「すみません。明日には出します。」
    「明日には必ずな!!」
    「はい。」
    ・・・・。あれが??長谷川??
    長谷川は、こっちに歩いて来た。
    「あの。」
    ・・・・。??
    「あの、あなたです。そこの金髪の人。」
    ・・・??私??
    「私ですか??」
    私は1歩前に出た。
    「はい。貴方以外この場周辺に金髪はいないでしょう。」
    「はぁ・・・・。」
    何か想像と違うような・・・。
    「あの。」
    「はい??」
    「俺の顔に何かついていますか??」
    「・・・・は??」
    「いや。ずっとこっち見てたんで。」
    ウソッ!!
    「別に・・・・。」
    「そうですか。では・・・。」
    長谷川は去っていった。
    「えっ??」
    ちょっと待って。今の何??
    まともに久々男子と話したかも・・・・。
    「うそ・・・・・。」
    私はびっくりした。
    こんなにも、心臓がドキドキしてる・・・・。
    あいつはムカツク。嫌い。
    なのにどうして??こんなにも欲しいと思うのか・・・。
    「好き・・・・かも。」
    この日私は始めて一目ぼれをしました。
  • 5 りーたん id:/bCmLyF.

    2011-12-26(月) 19:39:57 [削除依頼]
    ちなみに・・・・。
    圭は、俳優の田中圭さんを思って書きました。
  • 6 りーたん id:UjNY1mM/

    2011-12-27(火) 22:31:30 [削除依頼]
    一言メモ
    2日に1回更新予定
  • 7 rinrin id:8yKHOE91

    2011-12-28(水) 18:08:40 [削除依頼]
    長谷川圭ww

    続き楽しみにしとるよ(・ω・)
  • 8 rinrin id:8yKHOE91

    2011-12-28(水) 19:54:07 [削除依頼]
    うちも小説投稿したで☆

    「6倍カルピス」探してみてー♪
  • 9 りーたん id:wk8ahxy1

    2011-12-28(水) 21:47:56 [削除依頼]
    rinrinあんがとぉ
  • 10 りーたん id:wk8ahxy1

    2011-12-28(水) 22:12:43 [削除依頼]
    2話:怖くねぇし!!
    「小萩!!お前今日補習な!!」
    「はぁ!!!意味わかんねぇし行くかボケ!!」
    だりぃ・・・・・。
    「さぼり??」
    「はぁ・・・・??」
    私が振り向くと長谷川が居た。
    「関係ねぇし。ってか誰だよ??」
    本当は知ってるよ。長谷川圭。普通に話しかけてくれる男子。
    「長谷川圭。」
    「ふ〜ん。」
    知ってるよ・・・・・。ってこれじゃ好きみたいじゃん!!
    「俺も。」
    「はぁ??」
    「俺も補習。」
    えっ・・・・。まじ??
    「だっ、だからどぉしたんだよっ!!」
    「テンション上がってる。」
    「はぁ!!??」
    顔が・・・・熱い・・・・。
    「来いよ。」
    そう言って長谷川が去っていった。
    「かっこいい・・・・・。」
    って!!!何だ!!今の言葉!!
    私は金髪でザ・イケメンって感じの・・・・。
    あんな、メガネで黒髪の奴なんて・・・・・。

    「来たんだ。」
    「関係ないでしょ。」
    来てしまった。5時に教室に来てしまった。
    ガチャ・・・・・−
    ・・・??
    「何の音??」
    「さぁ??」
    「ってか先生遅くない??」
    私はドアを開けようとした。
    「・・・??開かない・・・・。」
    はぁ!!待って!!開かない!!
    ウソ・・・??
    「ここの学校5時には鍵全部閉めるんだっけ・・??」
    長谷川が嫌な言葉を発した。
    「じゃぁ、ここに閉じ込められたの??」
    バッ!!
    「キャァ!!」
    電気が消えた!!!!
    「おい・・・・。」
    何灯りがつく。
    長谷川の携帯??
    「お前でもそんな声出すんだなぁ・・・。」
    「えっ・・??」
    私は長谷川に飛びついていた。
    「あっ・・・いや・・その・・・・・。」
    「重い・・・。」
    「私、暗いとこが昔から怖いの!!」
    「へ??」
    「だから・・・・・。」
    ヤンキーになったら暗い所が怖くなくなると思ってた。
    でも・・・・・・。
    ポンッ・・・・−
    「??」
    「怖いものぐらい誰にでもあるよ。」
    長谷川は私の頭に手を置いてそっと撫でてくれた。
    「な・・・。今日はこのままだけど、我慢できるか??」
    「・・・・うん。」
    「子犬みたい(笑)」
    怖くない・・・・・。
    私グレルのやめよっかなぁ・・・・??
    「長谷川・・・??」
    「ZZZ・・・−」
    「・・・・寝てるし。」
    −眼鏡取るとやばいらしぃよ・・・−
    「取っていい??」
    私はそっと眼鏡に手を当てた。
    「!!!」
    かっこいい・・・・・。
    私は外した眼鏡を元に戻した。
    「見つけちゃった・・・・。あなたのカッコイイ所。」
    私は長谷川の胸に顔を当てて寝た。
    私は長谷川が好きだ。
  • 11 りーたん id:7Pb9p6j/

    2011-12-30(金) 22:34:26 [削除依頼]
    3話:先生なんて・・・。
    あの日、朝に私たちは教室を抜け出した(なんとか)
    何も無かったように私は教室に入った。
    「おはよぉ〜。」
    「おはよぉ!!ま・・・・・ゆ??」
    梨乃は、私の顔を見て驚いている。
    「黒髪にしたの!?」
    「うん。」
    長谷川に少しでも近づくために私は、金髪から黒髪に変えた。
    「変??」
    梨乃は横に首を振った。
    「ありがとう。」
    私は席に着こうとした。
    「おはよう。」
    「おはよ・・・・・・!!!」
    長谷川!!
    「黒にしたんだ・・・。」
    「うん。」
    まともに目が合わせられない・・・・。
    「似合ってるよ。」
    えっ・・・・。
    「うっ・・・うるさいなぁ!!」
    顔が・・・・熱い・・・・・。
    「席に着け。」
    いつもと違う声が教室に響く。
    「えっと、昨日まで担任だった金田先生が、急に辞める事になりました。」
    ふぅん。
    「新しい先生が来てます。入って下さい。村山先生。」
    ドアが開く。
    「皆さんこんにちは。今日から担任になった村山漣(ムラヤマレン)です。よろしく。」
    村山ねぇ・・・・。
    ガシャン!!
    「????」
    私は音がした方を見た。
    「長谷川??」
    長谷川が椅子から落ちている。
    「・・・・・漣・・・・・。」
    ??どんな関係??
    まぁ、いっか。
    関係ないし・・・・・。
    村山と長谷川の関係にもっと早く気づいていれば良かったと私は後悔していた。
  • 12 りーたん id:Btkn0y80

    2012-01-12(木) 21:02:17 [削除依頼]
    4話:学級委員上等!!
    「えーっと、まず学級委員。号令よろしくぅ!!」
    村山先生がそう発言した。
    「せんせ〜いい!!」
    優衣が手を挙げた。
    「なんだ??秋元。」
    「学級委員かえない??なんか同じ人って飽きたし。もうすぐ後期だし。」
    「・・・。そうだな。じゃ指名していいか??」
    ウソ!?マジですか????
    あたりませんように・・・・・・。
    「小萩と長谷川な。」
    NOOOOOOOOOOOO!!!!!!!!
    「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」
    私は思い切り机を叩いた。
    「うるさい。」
    長谷川に言われる。
    「あんたはいいよね。気楽で。」
    どうせあたってないんでしょ??
    「俺も当たってるし。」
    えっ・・・・
    まじ・・・・・
    「へっへぇ・・・・。そうなんだぁ。」
    いいいいいいいやったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!
    やりたかった〜やりたかった〜やりたかった〜YES!!君とぉ〜★
    「じゃ、今日の放課後残れよ。」
    『はぁい・・・・。』
    放課後も長谷川に会える・・・!!!!

    〜放課後〜
    「長谷川??いるかぁ・・・??」
    私は教室に入った。
    6時間目をさぼってたから、どんな状況かはまったく分からない。
    「村山先生??」
    ガラッ・・・・。
    「先生・・・??」
    村山せんせいだった。
    「俺と圭の関係しりたい??」
    先生と圭の関係・・・??
  • 13 りーたん id:zxzx7Mf.

    2012-01-14(土) 19:38:18 [削除依頼]
    つくずく思う。
    このクソおもんないの誰が見るのかって。
    何で連載してんだ??
    うけるぅ。
    自分でいっときます。
  • 14 りーたん id:zxzx7Mf.

    2012-01-14(土) 19:48:10 [削除依頼]
    5話:貴方だから。
    「知りたいです。」
    私の答えは1つだった。
    長谷川のことがもっと知りたい。
    長谷川の力になるかも知れないから。
    もっと距離を縮めたい。
    長谷川が好きだから・・・・。
    「ふぅん。わかった。」
    先生はあっさりOKしてくれた。
    「その代わり約束して。」
    「何をデスか??」
    緊張が走る。
    「圭とかかわるな。そのほうがお前のためだぞ。」
    ・・・・・そんなぁ・・・・。
    長谷川の事が知りたいのに、長谷川にかかわるな!?
    なんじゃ!!そりゃ!!
    「嫌です。」
    「じゃぁ、教えない。」
    うぅ・・・・・。
    「ヒント・・・・。」
    うっかり口から本音がこぼれた。
    えぇい!!
    「ヒント下さい!!!!」
    「いいよ。」
    意外とあっさり・・・。
    「君、お父さんいないんだっけ??」
    「はい。2年前事故で他界しました。」
    「それに関係してる。」
    事故に・・・??
    どう関係してるの??
    知りたい。
    ますます知りたい。
    「もういいです。」
    私は頬を膨らませた。
    関係・・・・・。
    知りたい・・・・。
    「教えてください。」
    私の愛情はこんなものか!!!!
    「いいよ。」
    心臓のドキドキが半端ない。
    「約束守る??」
    「はい。」
    内心『まもるかぁ!!』とか思ってた。
    「あの事件の犯人。」
    「はい。」
    嫌な予感・・・・。
    「圭の父親がやったんだ。」
  • 15 rinrin id:pljUGmc0

    2012-01-26(木) 18:12:07 [削除依頼]
    おひさぁ♪

    てかえーーーーーーーーーーーーΣ(°□°)

    展開衝撃!!

    続き読みたい!!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません