夢のつばさ28コメント

1 ナナ id:o.GbvRw1

2011-12-26(月) 17:53:48 [削除依頼]
登場人物
中川レイカ 事故で両親を亡くした小4ゆういつの、友達は、左藤ゆうかだけ。
左藤ゆうか いじめられている小4。頭がよく、友達もたくさんいる。
ユリア   ジュエルタウンに住む天使人間界が好き。
更新
ママ「レイカー起きなさい。」
レイカ「ん・・・・」
ママ「しょうがないわ、ほら、ゆうかちゃんにあえなくなるわよ。」
レイカ「はぁ〜い」
プツッ
レイカ「あ・・・」
目が覚めると、いつもの風景だった・・・・
レイカは、朝食をすませて学校へむかった。
また明日更新すると思います
  • 9 ナナ id:MPPkyHc.

    2011-12-29(木) 10:25:44 [削除依頼]
    朝・・
    レイカ「行こう!」
    なつみ「うん!」
    駅で・・・
    なつみ「きっぷ買った?」
    レイカ「うん」
    プ〜
    レイカ「電車きたよ」
    なつみ「乗ろう」
    ガタンゴトンプ〜
    レイカ「あっちの車輌いってみようよ」
    キイイ・・・
    レイカ「え・・・」
    エンジェルタウン
    と、案内板に書いてあった・・・
  • 10 ASK id:02.mmjD0

    2011-12-29(木) 17:47:53 [削除依頼]
    ナナs読みました!面白いですw
    タメ&呼び捨てOKです!w
  • 11 ナナ id:nrZKiXS/

    2011-12-30(金) 16:18:27 [削除依頼]
    ありがと〜
    ASK〜

    レイカ「あの〜・・なつみ?・・」
    気がつくと、なつみがいなかった。
    なつみは・・
    なつみ「はへ?・・え〜」
    なつみは、びっくりしてさけんでしまった。
    だって、みしらぬところにいたのだから。
    ユリア「あの〜・・だいじょうぶ?」
    なつみ「だっだれ?」
    ユリア「わたしはユリア。今度人間界へひっこすの。」
    ユリアは、得意そうにいった。
    なつみ「ここはどこかわかりますか?」
    ユリア「敬語つかわなくていいよ。わたしもわらない。でも、おしろのなかっていうことはかくじつよ」
    ユリアは、震えながらいった
    キィィィーガチャン
    と、ドアが開く音がした。
  • 12 ナナ id:RIZ6BPH0

    2011-12-31(土) 13:24:29 [削除依頼]
    ユリア「あっ、だれかきた」
    なつみたちは、近くにあった小屋へ飛び込んだ。
    門番「こそこそするな!出て来い!」
    ユリア「うっ、どうしよう。お母さんが来ちゃう」
    でも、出て行ったらどうされるかわからない。
    もしも、死罪になってもいやだったから、かくれているのだ。
    バン、ガラガラッ
    「なつみ!ぶち?」
    振り返るとレイカがぼうをもっていた。
    「レイカ!いいの?そんなことして?」
    門番「さぁ、しょうぶだ!」

    あしたは、更新できないと思います。
  • 13 ナナ id:iZvYifV.

    2012-01-02(月) 11:27:27 [削除依頼]
    今回からは、ミツ葉 さんのようなやり方でやっていきます。
    よろしくおねがいします。

    「いいよ!勝負受けるよ!」
    レイカがさけんだ。
    そのとき!
    「ユリア!なにしてんの!あと2分で人間界行きの電車がきちゃうでしょ〜」
    後ろを振り返るとユリアのお母さんがいた。
    「おっ・・王女様・・申し訳・・・」
    カチャ・・パァァァン
    と、鉄砲を撃つ音がした。
    「いいから!あなたは平氏失格です!」
    ユリアのお母さんが言った。
    「はへ?・・王女様?・・が・・鉄砲持っててそれがユリアのお母さん?・・・」
    なつみは、混乱してきた。
    「さあ、ユリアいくわよ。」
    「うん。なつみまた会おうね〜」
    ユリアは元気よく言った。
  • 14 ナナ id:dBHjYH2/

    2012-01-03(火) 15:18:24 [削除依頼]
    「はぁ・・どうなるかと思ったよ・・」
    と、レイカ。
    「そんなこといったてきずいたらここにいたんだもん・・」
    なつみは、泣きそう。
    コツコツ・・
    「あなたはだれ?まさか・・・!」
    ドアから声がした。
    「ママ!会いたかったよぉ・・ママ!」
    レイカが叫んだ。
    「本とだ!ママだ!」
    なつみは、ママにだきつく。
    「よしよし。今度からいっしょに住もうね」
    レイカたちの夢が1つかなった。
    フワッ・・
    「あ・・何か落ちてきた」
    レイカがとりに行った。
    「わぁ・・はねのキーホルダーだ!」
    なつみはこうふんした。
    「さぁ、帰ったら、説明するね。」
    と、ママ。
    そして人間界に戻ったのだった。
  • 15 ナナ id:VK0HBJV0

    2012-01-04(水) 17:27:46 [削除依頼]
    「「説明して」」
    と、なつみとレイカ
    「・・・クスクスッハハハハッ」
    いきなり笑いだしたママ
    「どした?」
    レイカは心配している。
    「なんでもない。さぁ、昔天使がエンジェルタウンに住んでいた。
    でも、人間がおいやってしまいました。
    そして天使は、願がいがかなうといいな。と、思い、
    はねを残していったの。
    そのはねが、4つそろうと何かがおきるらしいわ。」
    ママは言った。
    「へ〜、なにがおきるのかなぁ?」
    と、レイカが言った。
    「明日から修行にいくわよ。準備をしておいてね。」
    ママは、笑顔で言った。
  • 16 ナナ id:LySfvnP/

    2012-01-05(木) 12:45:11 [削除依頼]
    「またね!」
    自分の家にわかれをつげた。
    1時間後。
    ヒュ〜
    ー着いた所は
       山の上だったー。
    「さぁ、家を作るわよ!レンガを集めてきて!」
    ママが言った。
    「はい!」
    レイカたちは急いでレンガを集めた。
    でも・・
    「「助けて!〜」」
    悲鳴が聞こえた。
    どうやらなつみの声らしい。
    「重いよ〜」
    今度はレイカ。
    行ってみるとレンガがつんであった。
    「よくやった!」
    ママがよろこぶ。
    だが・・
    「ハァハァハァハァ・・・・ママ〜」
    レイカはもうギブアップ。
    その後、なつみと、ママだけで家を作ったらしい。
  • 17 ナナ id:.4QZLrH0

    2012-01-06(金) 12:55:09 [削除依頼]
    「さぁ、まずこの山1週!」

    ママが言う。

    「こっこのヤマァ!」

    高さ1000メーター

    のやまを登るのだ。

    はたしてのぼりきるのか?・・
  • 18 ナナ id:OWri1YZ0

    2012-01-07(土) 16:34:10 [削除依頼]
    「はあっはあ・・・」

    レイカはもうたおれそうだった。

    「あ〜もうっもう家にもどるよ〜」

    ママが言った。

    パァァァ〜

    ドサァッ

    「お〜イエダァ〜」

    「すご〜い」

    レイカたちはこうふんしている。

    「まったく・・明日からは学校いくのよ〜」

    ママはふきげんそうだった。
  • 19 ナナ id:tFDkgb60

    2012-01-09(月) 16:45:21 [削除依頼]
    「はぁぁ・・テストかえし?!」

    レイカはとびあがる。

    (そうだあのときの・・まぁ・・・しゃーない・・
    ママにいっとこ〜)

    (あのときってのは、3,4をみてねww)
  • 20 ナナ id:RytzrfK0

    2012-01-10(火) 18:18:31 [削除依頼]
    「っっっっっ・・レイカ!!!!!!!!
    なんですか?この点数は〜」

    「お母さん!なつみと会った日の

    つぎのひのテストなの!!!」

    レイカはさけぶ。

    「なつみ?だれそれ?−」

    ママはしれっとしていたー
  • 21 ナナ id:5hbqlOG/

    2012-01-11(水) 18:10:36 [削除依頼]
    「え・・ママ!!」

    「あんただれ?」

    ママはー

    記憶をうしなったー

    「っ・・」

    レイカは荷物をまとめてなつみといえ家をでたー
  • 22 ナナ id:pdzlIzF.

    2012-01-12(木) 17:47:42 [削除依頼]
    「なつみ?」

    いない・・なつみが!!!!!

    あれ??

    あそこにわたしが!

    そうもう一人の自分がいた。

    でも、もう一人も動いていた。
  • 23 ☆〜♪*〜ナナ〜♪* id:MhQbeyi.

    2012-01-14(土) 18:16:27 [削除依頼]
    「誰も・・誰も・・本当に・・
    見えないんだ。
    わたしのこと・・」

    レイカは、不安におしつぶされそうだったー

    「もう・・見方なんて・・いないんだ」

    その時ある考えがうかんだ。

    エンジェルタウンに行って

    手がかりをさがしてみよう。
  • 24 ☆〜♪*〜ナナ〜♪* id:dshTS2Z1

    2012-01-17(火) 18:24:23 [削除依頼]
    「っ・・・・はぁはぁはぁ・・・」

    走って駅へ行った。

    もうすぐ電車がくるはず!

    きっぷなんてかわなくていいのだ。

    だって・・・あたしのことだれもみえないんだもん♪
  • 25 ☆〜♪*〜ナナ〜♪* id:7MWoPyg0

    2012-01-18(水) 18:09:25 [削除依頼]
    キィィィィ〜

    電車が来た。

    私は乗った。

    えっと・・・

    6の車両ダッタハズ・・・

    シュゥゥゥゥ〜

    電車が出発した。
  • 26 ☆〜♪*〜ナナ〜♪* id:GL8Zegi0

    2012-01-19(木) 18:25:37 [削除依頼]
    「あった!」

    6の車両についた。

    キィィィ〜

    (あいた!!)

    「わぁぁ・・」

    なつかしかった。

    まずは図書館へ行こう。
  • 27 ☆〜♪*〜ナナ〜♪* id:iOI9gBp0

    2012-01-20(金) 17:59:55 [削除依頼]
    「はぁはぁはぁ・・・」

    レイカは走った。ひたすら走った。

    しばらくすると図書館が見えてきた。

    「・・・・!!!!!」

    わたしはおどろいた。

    だって・・・

    ユリアがいたから。

    そこに。

    「・・・あ・・レイカちゃん?」

    ユリアはたずねる。

    「・・・そう・・だよ」

    レイカはきんちょうしていた。

    「でも・・どうしてここに?」

    ユリアはたずねる。

    そしてレイカはすべてをうちあけた。

    「ふぅぅぅぅ〜〜〜〜〜ん・・
    そんなのきいたことないなぁ??」

    とユリア。

    「あっ・・・でも・・」

    「わたしには・・レイカちゃんが・・・見える・・・」
  • 28 ☆〜♪*〜ナナ〜♪* id:P49bztW1

    2012-01-21(土) 20:27:07 [削除依頼]
    「ほんとだ・・」

    わたしはうれしかった。

    パァァァァ・・・

    気がつくとあたしは自分の記憶の中にいた。

    「はぁ・・天使なんて出て行け!!!」

    じゅうみんの声。

    天使がいる。

    あたしだ。

    なつみはいないのかな。

    ココにいなくてもー

    きっとそうだよね。

    レイカはあたしの生まれ変わり。

    なつみー

    また会おう。

    ユリアも一緒にー

    終わり
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません