友達なんかいりませんー人なんか信用したくないー30コメント

1 M.M id:g1gMUu20

2011-12-26(月) 10:27:55 [削除依頼]
今までやってたのは、ネタが思い付かなかったので辞めました。

この新しい小説で頑張りたいです。
  • 11 M . M id:DmZ.6Bl/

    2011-12-27(火) 09:25:44 [削除依頼]
    >>9 美羽の台詞「首つっこまないでよ」 が、「首つっっこまないでよ」になっていました。 すいませんm(_ _)m
  • 12 M.M id:DmZ.6Bl/

    2011-12-27(火) 10:39:11 [削除依頼]
    夢葉!?
    どうして・・・

    「席は、斉藤の隣な」

    私の隣!? やめてよ、困るよ。

    「押田夢葉です。よろしくね」

    「斉藤美羽です」

    気づくかな? 別に気づかれても困るけど。

    「じゃあ、今から期末テストを始めるぞ」

    「えーー」

    「何が『えーー』だ。昨日、ちゃんと勉強してこいって言っただろ」

    先生はいつもこういうときだけ、真面目になる。こういうとき以外も真面目にやってほしいよ。

    「美羽だよね? 小2んときいじめてごめん・・・。またうちと仲良くしてほしいな・・・。もい美羽のこといじめないからっ!!」

    何が仲良くして欲しい?
    ふざけんな、私はお前と二度と仲良くしたくない。


    期末テストは、ちゃくちゃくと進められた。

    ーーーーキンコンカンコーン

    「じゃあ、今日の期末テストはそこまでだ」

    やっと終わった・・・。
    てか、なんなのよ。夢葉。
    どうにかして、夢葉が私と仲良くしたいという気持ちを諦めさせなきゃ・・・。

    そう考えながら、私は家に帰った。

    『もう美羽のこといじめないからっ!!』

    そうだ!!!
    夢葉をいじめればいいんだ!!!!!
  • 13 M.M id:DmZ.6Bl/

    2011-12-27(火) 13:41:42 [削除依頼]
    夢葉をいじめればいいんだ・・・!!
    どういう方法でいじめれば・・・。
    あ、いいこと思い付いた!!

    私は、家のドアを開けた。
    いつも通りの無表情な顔で。
    笑顔だと、なんか怪しまれるから・・・。

    「おかえりなさい」

    「ただいま。今日も昼いらないから」

    そう言い私は早足で階段を登り、自分の部屋に入った。

    ーーーーーーバタン!!!

    とっさに私は、ノートに夢葉をいじめる方法を書いた。


    1ー朝早く学校に来て、夢葉の机に落書き!!
    2ー放課後夢葉を呼び出してバケツ水を入れて、夢葉の頭に水をぶっかける!!

    夢葉をいじめる方法が次々に出てきた。

    「明日から、夢葉をいじめよう!!!!

    明日は・・・この方法で夢葉をいじめよう!!」


    ーーーーーー次の日
    「行ってきます」

    「あれ、いつもより早いじゃないの」

    「今日、日直だから」

    いまの時刻は、6:45。
    学校の門は、もう開いている。

    「じゃあ行ってきます

    「気をつけてね。いってらっしゃい」

    私は足早に家を出て、走って学校に行った。

    「はあはあ・・・・・・」

    学校の時計を見ると、時刻は6:55。
    10分で学校についた。

    私が今日夢葉をいじめる方法・・・
    それは夢葉の机に落書きをして、夢葉を苦しめる!!!
    あと1つ、やることあるんだよね♪♪


    私は靴を上履きに履き替えて、早足で階段を登り、教室に入った。
    教室には誰もいない。

    すぐざま私は黒いマジックで、夢葉の机に落書きした。

    「消えろ! とか書こう♪♪

    あとは、きもいとか♪♪」

    夢葉、やっとわかったよ!!
    いじめる気持ちが!!!!
  • 14 M.M id:DmZ.6Bl/

    2011-12-27(火) 13:52:37 [削除依頼]
    *キャスト プロフィール*
    押田 夢葉(オシダ ユメハ)
    ・小2のとき、2日間美羽をいじめた。
    ・また、美羽と仲良くなりたいと思っている。

    斉藤 菜緒(サイトウ ナオ)
    ・美羽の母。
    ・親のくせに、料理ができない。 
    ・美羽が5歳の時に、離婚した。
  • 15 M.M id:DmZ.6Bl/

    2011-12-27(火) 14:21:48 [削除依頼]
    私は机以外に、椅子にも落書きした。
    「夢葉は汚い汚い!!!!!」

    私は机と椅子に書けなくなるまで、書き続けた。

    「これぐらいでいっか・・・。ひとまず、トイレに逃げよう」

    私は誰かが来たとき、怪しまれないようにトイレに逃げた。

    すれると教室から、

    「な、なにこれ!!!!!!!!」

    という叫び声が聞こえた。
    その叫び声は、夢葉だ。

    「あはは、いじめって楽しい♪」

    私は小さい声で呟いた。
    10分後、私は教室に戻った。

    「おはよう」

    私はいつも通りの様子で、教室に入った。

    「斉藤さん!」
    とっさに声をかけたのは、森川みなみ。
    「何。騒がしいんだけど」

    「押田さんの机と椅子に落書きが・・・」

    やっぱり。
    面白い♪♪

    顔を見ると、夢葉は泣いていた。

    泣いてる!!
    面白いなー♪♪

    私は教科書を机に入れ、夢葉の周りにいた人達にこう言った。

    「みんな、こういうのは助けちゃダメだよ」

    「な、なんで?」

    「中学校3年にもなって自立できないなんて、ダメじゃん? しかもこの女、私のこと小2んときいじめたんだよ♪
    ひどい女でしょ〜」

    「本当なの? 押田さん」

    「・・・・(うなずく)」

    「さ、サイテー!!」

    あはははは、これで夢葉はクラス1の嫌われものさ!!!

    「みんな、押田のこといじめようよ」

    「賛成ーー」

    クラスの人達全員が、夢葉をいじめることに賛成だった。
    もちろん、森川みなみ、河西怜佳も。

    あーー面白い!!!
    いじめるって、こんなに面白いをだね〜♪♪

    「ね、夢葉♪♪ 今日からアンタを地獄連れてくね♪♪」

    「あはははははははははは!!!!」

    クラス全員が笑った。
    夢葉は、ずっと泣いたまま。

    夢葉、地獄へようこそ♪♪
  • 16 ナナ id:ovk9D2b.

    2011-12-27(火) 17:32:11 [削除依頼]
    う・・・こわいっ
  • 17 M.M id:DmZ.6Bl/

    2011-12-27(火) 17:55:59 [削除依頼]
    ナナ 様
    コメントありがとうございます!!

    えへん、怖いでしょ(笑)←←
  • 18 アラスカ山のたぬきさん id:MA0yDSn0

    2011-12-27(火) 18:12:16 [削除依頼]
    ほぇええ・・・。
    こえぇ女だな斉藤美羽。
    応援してるよ
  • 19 M.M id:DmZ.6Bl/

    2011-12-27(火) 19:00:37 [削除依頼]
    アラスカ山のたぬきさん 樣
    コメントありがとうございます*

    美羽、怖い女だぜ(笑)←←
    応援ありがとうございます♪
  • 20 風鈴 id:4D/smn40

    2011-12-27(火) 19:36:07 [削除依頼]
    ええ!?みなみや怜佳も!?(あ、当然か…/ダッタラナンデオドロイタ)
    美羽…恐ろしい子…←
    応援してます!
  • 21 M.M id:DmZ.6Bl/

    2011-12-27(火) 19:51:20 [削除依頼]
    風鈴 様
    コメントありがとうございます*
    美羽、恐ろしい子でしょ(笑)

    応援ありがとう!!♪♪
  • 22 M.M id:DmZ.6Bl/

    2011-12-27(火) 20:34:44 [削除依頼]
    ーーーーー3日後

    「おっは」

    私に声をかけたのは同じ苗字で、幼なじみの斉藤琢磨(サイトウ タクマ)。

    「朝からうるさいわよ」

    「今日も、押田のこといじめるのか?」

    「今日はやめとくわ」

    「ふうん」

    「てか、何で私に声かけたわけ?」

    「いいだろ、たまには♪」

    「はあ・・・」

    「ため息つくなんてお前らしくねえな」

    「私の何を知ってるのよ」

    「俺ら幼なじみじゃん?」

    「そうだけど・・・」

    「・・・・・・・・・俺は、美羽のことが好きだから・・・」

    「え?」

    「だから俺は、美羽のことが好きだから!!!」

    琢磨が、私のことを好き・・・・・・??

    「琢磨、今日学校サボらない?」

    「え、別にいいけど・・・」

    私と琢磨は、近くの公園に行った。

    「私・・・琢磨のことが好きだよ? でも、人のことを信じるのが怖いの・・・。」

    「好きなのに?」

    「・・・琢磨のこと信じていい?」

    「信じていいに決まってるだろ・・・」

    その時、琢磨が私にキスをした。
    そのキスは、ちゃんと愛がこもっていた。

    「琢磨・・・」
    また、琢磨が私キスをした。

    「今日、どっかいかね?」

    「うん・・・」

    私と琢磨は制服のまま、どこかへ行った。


    **********************
    なんか恋愛系になってしまって
    すいませんm(_ _)m
    夢葉をいじめる話のネタなかなか
    思い付かなくて(;;)
    ネタが思いつくまで、恋愛系で
    小説かかせてもらいますm(_ _)m
    いじめの話や友達関係話も
    少しいれます。((なんか言葉おかしくてすいません。))
  • 23 風鈴 id:8C0Oh3/.

    2011-12-28(水) 11:34:59 [削除依頼]
    凄い展開…どうなっちゃうんだろ…
  • 24 M.M id:NlprGXs/

    2011-12-28(水) 16:45:48 [削除依頼]
    ーーーーーピロリン♪


    「メール・・・」

    「は? 美羽メル友いんだ(笑)意外」

    メールを送ってきたのは、同じクラスの長門仍魅(ナガト ナオミ)。


    RE.斉藤さん♪

    ねえねえ、今日もきも夢葉のこといじめていい?(笑)
    今日も夢葉きもい(笑)

    つか、今日W斉藤休みだったよ(笑)
    あ、W斉藤って家隣同士だよね!?
    もしかして・・・(笑)(笑


    私、琢磨くんのこと好きだからねっ!(笑)


    「琢磨、長門さんのこと好き?」

    「は、なんだよ急に

    「長門さんが、琢磨のこと好きなんだって」

    「は・・・・・・?」

    「嘘じゃないよ? ほら、このメールみてみな」

    私は琢磨にメールを見せた。
    私はね、琢磨のこと信じてないから、。

    「・・・・・・・・・」

    「琢磨って、長門さんのこと好きなんでしょ?」

    「は、何言ってんだよ(笑)」

    「やっぱり。やっぱ琢磨を信じなくて良かった^^」

    「美羽!!!!」

    「もうただの幼なじみに戻ろ。その方がいいでしょ。琢磨は長門さんと幸せになってね。
    私は、夢葉をいじめるのに忙しいから」

    「じゃあ、俺のこと好きっていうのは嘘だったわけかよ!?」

    「嘘だよ。私に好きな人がいる? ありえない」

    「・・・。俺、長門のこと好きだよ。
    つかお前、俺のこと全部お見通しじゃねぇか。こえーよ」

    「ふふ。私、今から学校行ってくる。放課後夢葉をいじめないと^^ じゃあね」

    私は走って琢磨家を出て、学校にむかった。


    「みんなーハロー♪」

    「斉藤!! きたか^^」

    「みんな、夢葉のこといじめた?」

    「うん♪」

    「あらあら、石鹸で洗い中? 汚いね〜、ゆ・め・はちゃん♪」

    「裏切り者・・・」

    「うっせーな!!! 裏切り者はあんただろ!!!!!!!」

    「美羽ちゃん、もやめてーーーー」

    「うるさいよ♪ 汚い女は洗おうね♪」

    あ、夢葉を洗っていたのはあの
    森川みなみと、河西怜佳!
    つか、夢葉泡だらけ♪
    あー面白い!!!

    「もう泡だらけだからやめよ♪ いじめ楽しい♪ 泡は自分で落としてね♪」

    「森川さん、河西さん、ありがと♪」

    「どういたしまして♪ いじめって楽しいね!!」

    「あはは。でしょ(笑)」

    「おっすー」

    「おーーーー琢磨ーーーー」

    「た、琢磨くん!!!」

    「よ、長門♪」

    「長門さん、琢磨に告っちゃいなよ♪」

    「え、でもお・・・」

    「まあまあ、告りなさい♪」

    「・・・はいっ!!!」

    これで、いいんだよ。
    これで・・・いいんだ。
  • 25 風鈴 id:8C0Oh3/.

    2011-12-28(水) 18:15:48 [削除依頼]
    みなみ…怜佳…のめりこんでるなぁ…
  • 26 M.M id:NlprGXs/

    2011-12-28(水) 19:00:31 [削除依頼]
    「あ、あの!!」

    「ん、何?」

    ーーーうぅ・・・き、緊張するぅ・・・

    「話があるので・・・後で、体育館に来てくださいっ!!」

    「ん、わかった^^」

    「斉藤さんっ」

    「何」

    「私たちと、友達になってほしいのっ!!!」

    と、友達?
    私は、今人を信じていいのかな。
    ずっとこのままでいいの?

    「考えときます」

    「ありがとう!!」

    今、人を信じていいのかな。
    私にはあと少しの命なのに・・・


    ーーーその頃
    「話って何?」

    「わ、私・・・・・・た、琢磨くんのことがす、好きですっ!!!」

    「・・・・・・・・・・・・俺も長門のこと好きだ」

    ーーーーきゃあ、両思い!? ありがとう、恋のキューピット斉藤様!!!!!!

    「本当ですかあ・・・私、嬉しすぎてっ・・・ううぅ・・・」

    「何ないてんだよっ(笑)可愛いな♪」
    見事、琢磨と仍美は両思い。


    ーーーその頃美羽は・・・

    「さ、斉藤さん!?」

    うっ・・・い・・・たい・・・!!!

    「き、救急車!!!!」
  • 27 M.M id:NlprGXs/

    2011-12-28(水) 19:28:30 [削除依頼]
    *キャストプロフィール*
    斉藤琢磨(サイトウ タクマ)
    ・美羽の幼なじみ
    ・家が隣同士

    長門仍魅(ナガト ナオミ)
    ・美羽と同じクラス
    ・琢磨のことが好き
  • 28 M.M id:NlprGXs/

    2011-12-28(水) 22:39:06 [削除依頼]
    完結編

    「美羽っ・・・死なないでっ・・・」

    ーーーパチッ

    「美羽!!! 生きてくれてありがとう・・・!!!」

    「はあ・・・」

    「余命・・・・・・3日・・・」

    「そっか・・・」

    ーーーーー3日後
    「美羽!!!!!! 死なないでよ!!!!!!!!」

    「夢葉に、謝っといて・・・・・

    私生まれ変わったら・・・・・たくさん・・・・・友達つくるからっ・・・・・」

    「美羽!!!!!!! いやああああああああ」

    「・・・・・15時55分・・・・・」

    20××年12月12日
    15時55分
    私は、死にました。


    ありがとう。
    生まれかわったら、たくさん友達つくりたいな・・・・・


    ******END******


    うう、終わりました!!!
    また新しい小説かきますね♪

    2011.12.28
    M.M
  • 29 M.M id:xDkM2EK/

    2011-12-29(木) 08:16:57 [削除依頼]
    *お知らせ*
    2作目の小説のタイトルル
    「優等生のふりしてますー私は嘘つき女ー」です。
    2作目もよろしくお願いいたします。

    2011.12.29
    M.M
  • 30 ナナ id:.4QZLrH0

    2012-01-06(金) 13:14:59 [削除依頼]
    あっおわちゃったの〜
    美羽〜しなないでよぉぉぉ〜(T T)
                   O
    最後の「夢葉に、謝っといて・・・・・

    私生まれ変わったら・・・・・たくさん・・・・・友達つくるからっ・・・・・」
    が、心にのこりました。
    泣ける
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません