●○●   77コメント

1 のん id:GYZu8Wf.

2011-12-23(金) 01:25:54 [削除依頼]



本当はそんなつもりも
気持ちもなかった。


ただ、

くだらないとか
どうでもいいなんてゆう

あの言葉だけでは

濁すことなんて
できなかったんだ。


私の等身大の気持ち。

                              
  • 58 のん id:dPcD3Hv1

    2012-02-26(日) 22:36:17 [削除依頼]


    昔描いた
    あの意味のない絵。


    また出会えるのなら
    純粋だった気持ちと一緒に
    取り戻したい。


    毎日違うページに
    違うことが描かれていく。


    その繰り返しの中で
    何を得たのだろう。


    何が変わったのだろう。


    失ってばかりでは
    ない気がするから。


    探したくなるんだ。
  • 59 のん id:dPcD3Hv1

    2012-02-26(日) 22:43:01 [削除依頼]


    「ただいまー」


    私がそう言うと
    「おかえり」とお母さんが顔を出す。


    晩ごはんの準備の
    途中らしい。


    手にはフライ返しがある。


    「遅かったじゃん」


    私はそう言われて
    テレビの方を見た。


    そこには大学で
    家を出たお兄ちゃんがいた。
  • 60 のん id:5F.VU6m/

    2012-04-04(水) 17:31:32 [削除依頼]


    「お兄ちゃん!?」


    私はびっくりしてリモコン片手で
    ソファーに座っているお兄ちゃんに
    駆け寄った。


    「なんだよ、
    聞いてなかったのか?」


    私がうんうんと首を縦にふると
    キッチンからお母さんが

    伝え忘れていたことを謝った。


    お母さんは時々こんな感じで
    抜けているところがある。


    「まぁ別にいいけど」


    私はそう吐き捨てて
    着替えるために2階へ向かった。
  • 61 のん id:5wwOv6P0

    2012-05-06(日) 11:28:24 [削除依頼]


    私は着替えを済ませると
    すぐに階段を降りた。


    お母さんからご飯ができた、と
    声がかかったからだ。


    リビングでは
    すでに自分の席に座っている
    お兄ちゃんの姿と

    さきほどまではなかった
    お父さんの姿がある。

    仕事から帰ってきたようで
    久しぶりのお兄ちゃんに
    思わず笑顔がこぼれている。


    最後にサラダを
    テーブルに置いたお母さんに

    「座って座って」とせかされ
    私もようやく席に着く。


                        
  • 62 のん id:5wwOv6P0

    2012-05-06(日) 11:36:37 [削除依頼]



    「大学にはもう慣れたか?」


    「まぁ、それなりに。
    もう10月だから」


    「授業は難しいでしょう?
    大丈夫なの?」


    私はから揚げをつまみながら
    会話を聞いていた。


    サラダにから揚げ、スープなど
    今日の晩ご飯のメニューは

    明らかに"特別な日"用。


    から揚げはお兄ちゃんの
    好物のひとつでもある。


    別に特別興味はないが
    大学や一人暮らしの話などに
    真剣に耳をかたむけていた。


    そんなに多弁では
    ないはずのお兄ちゃんも

    今日だけは調子よく
    会話を進めている。


                            
  • 63 のん id:5wwOv6P0

    2012-05-06(日) 11:47:47 [削除依頼]



    「咲もしばらく
    帰ってきていないからなぁ」


    お父さんがつぶやく。


    咲、というのは
    私たちのお姉ちゃんのこと。


    お姉ちゃんは大学4年で
    私なんかより頭もよくて
    美人だった。


    私は3人兄妹の
    末っ子、というわけだ。


    よく稔宏と葵には
    羨ましがれた。


    稔宏は一人っ子で
    小さい頃、うちに来ては
    お兄ちゃんにべったりしていた。


    葵には中学2年の妹がいる。


    葵は「お姉ちゃんが欲しかった」と
    稔宏同様お姉ちゃんにべったりだった。


                          
  • 64 のん id:5wwOv6P0

    2012-05-06(日) 11:54:03 [削除依頼]


    そんな会話が続いて、
    気がつくとサラダもから揚げも
    食べつくされていた。


    いつもはお父さんの帰りが
    遅くなったりして

    お母さんと2人で食べるか

    もしくはお母さんのパートの都合で
    一人で食べるか。


    晩ご飯はそんな感じだった。


    この日はお父さんも
    お母さんも・・・


    きっとお兄ちゃんも。


    そして少なからず私も。


    気分よく
    1日を終えた気がする。

                     
  • 65 のん id:5wwOv6P0

    2012-05-06(日) 12:01:21 [削除依頼]



    「金曜日までによろしく!」


    窓から空を眺めていた私は
    突然気合の入ったその声で
    顔を前へと向けた。


    そこには学級委員の渡辺君が
    ずれる眼鏡を直しながら

    必死に呼びかける姿があった。


    どうやら学祭の出し物を
    決めるらしい。


    前の席から小さな白い紙が
    まわってきた。


    書いて提出、か・・・

       


    わたしはすぐに紙を
    引き出しへと突っ込んだ。


              
                            
  • 66 のん id:5wwOv6P0

    2012-05-06(日) 12:06:18 [削除依頼]


    朝の教室は騒がしい。


    渡辺君は紙が全員に
    行き渡ったことを確認すると

    満足そうに席に着いた。


    去年はベタに
    メイド喫茶みたいなことをやった。


    そのときも学級委員は
    渡辺君だった。


    3年間クラス替えがないことから
    みんな仲良くやっているし

    それぞれのクラス内での役割も
    はっきりしてきた気がする。


                           
  • 67 のん id:tGBkXbS.

    2012-05-06(日) 13:24:23 [削除依頼]



    「掃除部がんばれよーっ」


    「言われなくても頑張りますーっ」


    放課後。
    みんなが教室を出ていく。


    稔宏と葵も手を振りながら
    仲良く去っていく。


    私もそれを合図に
    ほうきを手に取った。


    渡辺君は「考えとけよー!!」と叫びながら
    教室を後にする。


    なんだか微笑ましい。
  • 68 のん id:ckYvkdc.

    2012-05-06(日) 13:32:20 [削除依頼]


    担任の顔を思い出すと
    少しムッとなるけど


    これは暇潰し。


    そういった気持ちでいれば
    別に苦ではない。


    教卓に立っては教室を見渡してみて
    自分の席がどんな風に見えるのか
    検証してみる。


    どう考えても
    担任は私をマークしている。


    私は嫌気がさして
    窓際のある席にドカッと腰をおろす。


    窓からゆっくりとした
    風が流れ込んでくる。
  • 69 のん id:h3zWpiX0

    2012-05-06(日) 13:40:03 [削除依頼]



    (…いたいた)


    私は陸上部の中から葵を見つけると
    小さく微笑んだ。


    頑張ってるな、と同時に
    あの葵がしっかりして見えて
    なんだか不思議な感じだ。


    葵は男子生徒と
    仲良く話をしている。


    (稔宏が見たら
    妬くだろうなぁ…)


    そんなことを考えて
    さらに私の口元がゆるむ。


    あれは確か3年の
    小野巧斗(おの たくと)先輩だ。
  • 70 のん id:msnPKMo0

    2012-05-06(日) 13:49:21 [削除依頼]



    小野拓斗といえば
    うちの高校では有名だった。


    陸上部のエースで、数々の大会で
    優勝をおさめている。


    この時期だと
    もう引退しているはずたから

    久しぶりに来てみた、
    という感じだろうか。


    大学へも陸上で進むと
    噂で聞いたことがある。


    そして彼は長身でスポーツマン、
    整っている顔に優しい性格から
    いつも女の子たちの注目の的だった。


    葵から陸上部の話を聞くたびに
    小野拓斗先輩のすごさは知っていた。
  • 71 のん id:rgwQF9h0

    2012-05-06(日) 13:55:17 [削除依頼]


    気が付くと私は
    2人のことを見つめたままだった。


    ハッと我にかえると
    葵があちらから手を振っている。


    私はほうきを置いて
    葵に手を振りかえす。


    小野先輩も葵につられて
    こちらを向いて、
    私に向かって頭を下げる。


    私はびっくりして
    慌てて頭を下げた。


    あの小野先輩に
    頭を下げられたのだ。
  • 72 のん id:h3zWpiX0

    2012-05-06(日) 14:01:49 [削除依頼]


    集合がかかって
    2人は私に背を向けた。


    それを見届けて
    私もほうきを持ち直す。


    すると廊下からばたばたと
    騒がしい足音がし始め、

    それと同時に誰かが叫ぶ。


    間違いない。


    そう確信すると
    急いで廊下側まで行き
    私はその場に座り込んだ。


    足音は教室の廊下の前で止まる。
  • 73 葵美((-ω-))* id:4JjPe0f1

    2012-05-06(日) 14:06:24 [削除依頼]



    初めまして◎
    一気読みしちゃいました!
    すんごく面白いですoo
    葵美って呼んでください!
    また見に来ます^^
  • 74 のん id:ZrqoC4Q0

    2012-05-06(日) 20:43:55 [削除依頼]
    葵美

    ありがとう!!すっごく嬉しい♪
    ぜひまた見に来てねp(^-^)q
  • 75 のん id:SyoT3g81

    2012-05-07(月) 21:54:51 [削除依頼]


    「何が不満なんだよ!?」


    「何がって何もよ!!
    愛は今先輩に夢中なの!!」


    間違いない。


    1年の平原将と宮本愛だ。


    この2人がこうしているのは
    前にもみたことがある。


    宮本愛の口からでた"先輩"は
    きっと高杉晃のことだろう。


    私はさらに集中して
    耳をすませる。


    「はぁ〜ッ!?あり得ねぇ!!
    俺が女にフラれるとかぜってぇねぇ!!」


    「どこまで自意識過剰なのよっ」
  • 76 のん id:SyoT3g81

    2012-05-07(月) 22:02:53 [削除依頼]



    そんな2人の声が
    騒がしく遠退いていく。


    私はため息をついてその場に立ち上がると
    スカートをパンパンッとはらった。


    ほうきを片付けて電気を消す。


    教室を出てケータイで
    時間を確認する。


    別に用事があるわけでもなくて
    ゆっくり階段を降りる。


    長い廊下の前方には
    先ほどの平原将が見える。


    窓から何かを見つめているようで
    私もその場から同じほうを向く。


    私はそこでハッと
    息をのんだ。
  • 77 のん id:v4wqNWc0

    2012-05-17(木) 20:27:01 [削除依頼]



    目を向けそこには
    先ほどの宮本愛と高杉晃の姿があった。

    私は再び平原将へと
    視線をうつした。


    切なそうで、見ているこちらが
    キュッとなってしまいそうな光景だった。


    その視線に
    気付いているのか、いないのか。


    宮本愛と高杉晃は
    楽しそうに………?

    いや、明らかに
    宮本愛が強引にといった様子で
    学校を後にしていく。


    私がその光景を見ていた間に
    いつの間にかそこにあったはずの
    平原将の姿はなくなっていた。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません