〜黒ウサギが飛んでいる〜19コメント

1 キャンディー id:TvYCqgC/

2011-12-18(日) 09:26:05 [削除依頼]
こんにちは、キャンディーです

小説を他の人に見せるのは、初めてなのですが、

本気で書きたいと思っています

ぜひ読んでみてください
  • 2 キャンディー id:TvYCqgC/

    2011-12-18(日) 09:37:32 [削除依頼]
    〜黒ウサギが飛んでいる〜


     何世紀も前に

     
     人は、ある黒ウサギを殺した

     
     そのウサギは


     瞳が真紅の


     ふつうのウサギ


     けれど 黒ウサギは


     生き返った


     闇の力を借りて


     悪魔のような瞳になって


     また この世に現れた


     一度殺されてから


     もう900年がたっていた・・・・


               続く   
  • 3 ichi id:uXSr.Ct1

    2011-12-18(日) 13:34:42 [削除依頼]
    頑張ってください♪
    私も今はじめてここで「bokuraのkibou*」っていうのを書いてます

    お互い初めてで頑張りましょう(^^*)
  • 4 キャンディー id:fbPNVzh.

    2011-12-18(日) 20:13:50 [削除依頼]
    ichiさん、ありがとうございます

    一緒にがんばりましょう!!
  • 5 キャンディー id:fbPNVzh.

    2011-12-18(日) 20:39:13 [削除依頼]
    続きです


    「なあ、ほんとに見たんだって!信じてくれよ〜」

    「信じられるわけないだろ。そんな夢物語みたいなやつ」

    学校の、放課後。俺達は、高雅高校の門から出てきた。

    皆本雄二がたのむ、と意味不明の顔をしながら俺にすがってくる。

    「だぁかぁらぁ〜、ホントに見たんだって!
     黒いウサギが、ビゥ〜〜〜って、朝、空を飛んでたんだって!!」

    「はいはい、夢は夢で語ろうね〜」

    俺はあっさり雄二を無視した

    だって、いつもこんな風に俺をだまして、あとで付け笑いするんだから、

    そんな雄二を、信じるほうが、ばかばかしい。

    ところが、そう思うことも、ままならなくなってきた。

    雄二が、この、みんなが下校しているその道で、土下座をしてきたのだ。 
  • 6 ichi id:rQaitEG0

    2011-12-19(月) 15:43:57 [削除依頼]
    キャンディーs>私の小説読んでくれてありがとうございます!
            嬉しいです(^^*)

           キャンディーsの小説楽しみにしてますね!
  • 7 キャンディー id:dXAddzP/

    2011-12-23(金) 09:00:48 [削除依頼]
    「な、なんだよ。ばかみてぇに土下座して・・・。」

    「たのむ、時雨!信じてくれ!」

    雄二は頭をコンクリートにぐりぐりおしつけながら、言った

    「本当なんだって!本当!なあ信じてくれ!ガキからの親友だろ!?お願いだ!信じて、信じてください!」

    こんなに必死にお願いをする雄二を、俺は初めて見た

    だって雄二のほうがいつも俺より一枚上手で、はめられてお願いするのは俺のはずなのに

    「・・・・」     気持ちいい・・・

    あの雄二を、たかだ妄想を信じるだけで土下座させることができるとは!
        
  • 8 キャンディー id:dXAddzP/

    2011-12-23(金) 09:12:54 [削除依頼]
    俺は迷っているようにこう言った

    「う〜ん、でもなぁ。そんな夢物語みたいな話、信じられるかなぁ・・」

    「たのむ、たのむ、たのむ〜〜〜!!!」

    雄二がさらに深く土下座する

    俺は、まだOKといわない

    「なあ、ああ、そうだ。信じてくれたら、俺のゲームソフト全部あげるよ。それでいいだろ?」

    とうとう雄二は狂いだした

    雄二がもっているゲームソフトは、ほとんどレアもので、売ったら合計・・・ああ、かんがえるだけで金が俺の頭を埋め尽くす!

    俺は即言った

    「ああ、いいぜ、けど本当にゲームソフト全部くれる約束な!あの初代モンハンもな!」

    「いいぜ」

    やっっったぁぁぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜〜!!!!
  • 9 ichi id:YnRi.36/

    2011-12-23(金) 09:39:14 [削除依頼]
    うわw
    主人公悪いですねーww

    続き待ってます(^^*)
  • 10 キャンディー id:6qbmEGJ.

    2011-12-23(金) 22:49:34 [削除依頼]
    「んじゃ、時雨も黒ウサギ探し隊のメンバー確定な!」

       ・・・・・は?

    「なに、それ?」

    俺はおそるおそる聞いてみた。すると

    「信じてくれたなら、その飛んでたウサギ一緒に捕まえてくれるよな!ああ、俺が黒ウサギ見たの、朝の六時ぐらいだから、これから毎日俺ん家にシューゴーね!」


    やっぱり、雄二のほうが一枚上手だった・・・・・
  • 11 キャンディー id:BKfBrIH/

    2011-12-25(日) 14:24:33 [削除依頼]
    「まてよ、そんなの無理だぜ。雄二の家、すっごく遠いし、毎日って、これから冬休みなのに?」

    「ああ」

    即。

    「信じたなら、やってくれるよな?俺ら親友だもんな?」

    ええええ・・・・

    「空飛ぶウサギなんて、捕まえて売ったら俺たち一気に大金持ちだぜ!」

    ううううん・・・

    「そしたら有名になって、あの西餅美玖チャンもお前のこと意識するんだぞ」

    「ば、ばかいえよ!!!」

    俺はどなった

    「たかだなんかの遺伝子となんかの遺伝子が組み合わさってできたたまたまの生き物を捕まえたって、うちのクラスのににに西餅さんに意識されるなんてばばばかなことを・・・」

    「声がふるえているぜ」

    ・・・・・・

    率直に言う。俺は西餅さんのことが好きだ!

    西餅さんは、絶好の美少女で、期末も10位以内で、テニスで関東大会出場した、もうなんでもデキル女の子。

    その西餅さんに、俺は人目惚れした
  • 12 ichi id:.UqyFU7.

    2012-01-04(水) 13:08:57 [削除依頼]
    キャンディーさん最近更新しないですね……
    どーしたんですか?
  • 13 キャンディー id:lZ1tOBk1

    2012-01-07(土) 19:55:18 [削除依頼]
    すいません、いま更新します!
  • 14 キャンディー id:lZ1tOBk1

    2012-01-07(土) 20:07:24 [削除依頼]
    だから、その、西餅さんに意識されるってことは、もう、俺にとってはすばらしいことで・・・

    「やる!」

    と、いつのまにか俺は口走っていた。

    「さっすが親友!時雨!安形時雨!」

    雄二は俺をほめまくった

    「んじゃ、これから俺ン家に来ねぇか?あの黒ウサギをどう捕まえて、どこにつれてって、どこで金をもらうか相談しようぜぇ!」

    「ああ!」

    とまあまだ二人だけの黒ウサギ探し隊が結成されたんだ

    雄二は二人だけじゃ人数が足りないっていっていたから、これから増やすつもりらしいけど

    こんなやって損っぽいグループ、誰が入っかなぁ
  • 15 キャンディー id:lZ1tOBk1

    2012-01-07(土) 20:13:15 [削除依頼]
    俺達は、いつかお邪魔した雄二の家に向かった

    雄二の家は一軒屋で、庭がとにかく広い

    雄二の母親がガーデニング好きで、わざと計画図に庭を広くするようにしたんだとか

    とにかく俺は、その広い庭をぬけて、家の玄関へ入っていった
  • 16 キャンディー id:JogXl8o.

    2012-01-08(日) 11:48:11 [削除依頼]
    「あらぁ、ひさしぶり、時雨くん」

    雄二の母親がエプロン姿で台所から出てきた

    「今ちょうど庭にできたハーブの葉のお茶ができたの!
     ちょっと飲んでいかない?」

    雄二の母親が手招きする

    「いいよ、時雨と俺は作戦を練るんだから」

    雄二が俺についてくるように、という手招きをした

    「すいません、今、ちょっと雄二と話があるんで」

    「あらそう?残念ねえ」

    雄二の母親はそうため息をつくと、いそいそと台所に入っていった

    「ほら時雨、行くぞ」

    雄二のあとを付いてゆき、俺はいつかお邪魔した雄二の部屋へ入った

    「おおし!ではこれから黒ウサギ探し隊の作戦会議をはじめる!」

    「ああ」

    「まず俺が見たその空を飛ぶウサギの特徴を説明する!」

    「あいあいさ〜」

    んなわけで、俺は雄二の空想動物の特徴を長々と説明された

    その黒ウサギは、本当に黒くて、赤い翼が生えているそうだ。

    さらに、その黒ウサギの瞳が、真っ赤な真紅色だそうで。

    「んで、その真紅の瞳がマジ怖かったんだよ!それに赤い翼だから・・・」

    ごくん、と唾をのむ


    「悪魔みたいだった」
  • 17 キャンディー id:JogXl8o.

    2012-01-08(日) 12:00:16 [削除依頼]
    結局なにも作戦が思い浮かばなかったので、俺は、雄二の母親のお茶をのんで帰った

    とにかくこれから毎日朝6時に雄二の家に行くらしい

    「・・・ああ、どんな約束してんだ、俺」

    と、俺は独り言をいい、両手いっぱいにもった高値のゲームソフトを持ち上げた

    「まあ、それなりの金は手に入れたけど」

    俺は、早起きがあまり得意ではない

    だから、朝6時に雄二の家にいけるかどうか、わからないのだ

    「黒ウサギなんて、ただのウサギに羽をつければいいんじゃねぇの」

    ナイス、アイディア、と思う

    それに、この作戦を成功させたら、西餅さんが意識してくれるかも、なんだと

    「・・・へ、へへへっ」

    つい俺は、一人で笑ってしまった
  • 18 ichi id:2WqP8Rc1

    2012-01-08(日) 19:33:22 [削除依頼]
    お久しぶりです!
    コメありがとうございました^^
    私は更新遅くても大丈夫だと思いますよ。
    私が暇人なだけでw
  • 19 キャンディー id:Imr9WJq/

    2012-01-09(月) 11:15:06 [削除依頼]
    なるべく更新します!
    応援よろしくお願いします!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません