動きだした時間8コメント

1 めぃな id:Xja/lZD.

2011-12-17(土) 13:40:41 [削除依頼]


なぁ?
お前が居なくなって、何年がたった?

わからねぇよ。
  • 2 めぃな id:Xja/lZD.

    2011-12-17(土) 13:44:13 [削除依頼]
    はじめまして。
    めぃなです!!
    駄作だとは、思いますが、精一杯書くんでよろしくお願いします。

    温かく見守ってください。

    *間違い多し。
    *意味がわからない文、多いと思われますw
    もし、わからなかったら、聞いてください。

    では、はじめます^^
  • 3 めぃな id:Xja/lZD.

    2011-12-17(土) 13:50:09 [削除依頼]
    ー登場人物紹介ー
    浦上 賢人
    不良
    何もかも諦めていた。

    佐倉 桃華
    明るい
    心臓に病気を持っている。

    賢哉
    賢人の親友。
    不良

    七美
    ケンカが強い。
    女番長

    などなど…
    多分(?)これから、たくさんでます!!
  • 4 めぃな id:Xja/lZD.

    2011-12-17(土) 14:04:51 [削除依頼]

    なぁ?
    覚えてるか?俺たちが出会った時の事…

    〜1年前〜
    「賢人!!遅れるぜ?入学式!!」
    浦上 賢人。
    「うるせぇなぁ〜」
    親友の賢哉と、中学の時からケンカ三昧な毎日を送っていた。
    中2の春。
    気付けば、上級生も倒しいつの間にか、学校のトップで
    恐れられる毎日。
    そして、喧嘩を売られ続ける毎日だった。
    「せっかく高校入れたんだし、がんばろーぜ?」
    「はいはい…」
    だるく返事をした。
    俺は、視線を前に向ける。
    そうすると、見慣れた影があった。
    「七美!!」
    「賢人に賢哉。うす」
    可愛い容姿を持っている七美。
    でも、ケンカが強くて女番長。
    そんでもって、俺の幼馴染。
    「ケンカしたのか?」
    よく見ると、七美の顔に絆創膏が…。
    「まぁ…カンケーねぇだろ」
    そっけなく言うと、七美は、俺らと同じ方向に歩き出す。
  • 5 めぃな id:Xja/lZD.

    2011-12-17(土) 14:15:06 [削除依頼]
    「やべーよ!!賢人!!遅刻だ!!」
    俺の手を引っ張って走り出そうとする賢哉。
    「…ッチ…」
    俺は舌打ちをして、引っ張られながら走った。
    10分ほど走って、俺らの通う学校に着いた。
    桜花高校。
    「んだ…ここ…」
    すっげぇ、綺麗に咲く桜。
    「桜なんて、初めて見たぜ…」
    『入学生は、速やかに体育館へ入りなさい』
    俺と賢哉は、その放送で我に返った。
    「やべぇ!!急ぐぞ!!」
    俺らは、体育館へダッシュした。
    「間に合ったぜ…」
    「おはよう!お前らギリギリだぞ!!名前は?」
    体育館の入り口に先生がたっていた。
    「浦上 賢人」
    「笹見 賢哉」
    俺らはだるそうに答えた。
    「おぅ!!俺の生徒だな!!1-Aだ!!そこに座りなさい」
    同じクラスか?賢哉と…
    よかったぜ…
    「あんたら、おっそいのよ。なにやってたわけ?」
    「お前も同じかよ…七美」
    俺らの前に座っているのは、七美だった。
  • 6 めぃな id:o5vRPXR.

    2011-12-17(土) 18:33:23 [削除依頼]
    「なんか、文句でも?」
    ガンをとばしながら、七美は言った。
    「べつに」
    七美には、かなわねぇしな。
    引き下がるが勝ちだ。
    そして、入学式が始まった。
    「えー…」
    今は、長ったるい校長の話。
    賢哉は、隣で爆睡中。
    俺は、携帯をいじっていた。
    「ねぇ」
    七美の横に座ってる奴に声をかけられた。
    「……」
    俺は、無視した。
    「ねぇってば!!」
    「んだよ…」
    俺は、しょうがなく、返事をした。
    「名前は?あ!あたしは、佐倉桃華」
    佐倉 桃華…ねぇ…
    「浦上 賢人」
    だるそうに言う。
    「よろしくねぇ!!浦上くん」
    ニコッ
    「…あぁ」
    そして、校長のクソ長い話は終わって、賢哉を叩き起こして教室に向かった。
    「あー…1-Aの担任になった、須藤だ」
    先生…須藤は、すっげぇデカイやつだ。
    「よろしくー!」
    クラスの誰かがでけぇ声で叫んだ。
    「おぉ!!元気があっていいな」
    須藤はニコニコしてやがる。
    「じゃぁ、自己紹介やるぞー」
    みんなは、「えー?!」とブーイング。
    そりゃ、そうだろ。
    ガキじゃあるまいし…
    「次!賢人ー」
    俺かよ…
    だりぃな……
    ガタン
    「浦上 賢人。とりあえずよろしく」
  • 7 feather@プロテクト id:qKkTg5e/

    2011-12-17(土) 18:40:38 [削除依頼]
    うむ。さっそくだがツッコませていただいても宜しいでしょうか。
    これを読んで頷かれても自分には伝わらないのでちゃっちゃっとツッコませて頂きます。
    「こんなアドバイス、クソじゃねぇの」とかおっしゃるのであれば、お手数お掛けしますが、削除依頼をして下さるようお願いします。

    さっそくいきましょう。
    まず、展開が早い。心理描写しかないだけに、やたら展開が早く感じる。
    情景描写や背景描写などを増やすと、自然に展開が遅くなったり、ネタ切れの時に使えるというものです。

    それと、最初に登場人物を書いてしまうのもアウト。
    その登場人物紹介を小説中に書けばさらに展開は遅くなります。

    でも遅すぎるとダメなので、少し走れるお爺ちゃんくらいのスピードでよろしいと思います。

    不満がおありでしたらすいません。
  • 8 めぃな id:o5vRPXR.

    2011-12-17(土) 18:50:39 [削除依頼]
    >7 ありがとうございます。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません