鉛筆6コメント

1 公 id:lEm4NaB.

2011-12-14(水) 22:01:20 [削除依頼]

今の時代、小学校低学年ぐらいしか使わない鉛筆。

ボールペンには敵えども、やはり画期的文房具の新王、
シャープペンシルには敵わなかったようだ。


――さて、どうしたものか。
  • 2 公 id:lEm4NaB.

    2011-12-14(水) 22:23:42 [削除依頼]

    誰もが一度は使ったことがあるだろう、鉛筆。
    黒い鉛が芯となって入っている、あの木製のやつだ。
    丸いものから六角形ほどのものまであり、形は様々。
    また変わったものでは、ぐにゃぐにゃの柔らかいのもあるんだとか。

    太さだって、太いものから物凄く細いものまである。

    鉛筆を転がしてバトルや占いをやった、という経験を持つ者も
    多いのではないだろうか。

    その文具の王と言っても過言ではない鉛筆には、長年の相棒、
    消しゴムというやつがいた。名の通りゴムからできていて、
    色々な形や色があるお洒落な奴だ。

    おまけに匂いが付いているものもあるんだから、
    王と謳われし鉛筆には、さぞかし可愛がられたことだろう。


    そんな鉛筆政治の世の中に現れたのが、ボールペンとシャープペンだった。
  • 3 りお♪ id:gysZoYi0

    2011-12-14(水) 22:27:50 [削除依頼]
    なんか、興味湧きますね。
    更新がんばって下さいっ☆

    私、好きになっちゃいけない
    って書いてるんです。

    良かったら、見に来て下さい!!
  • 4 公 id:lEm4NaB.

    2011-12-14(水) 22:30:38 [削除依頼]

    ボールペンは鉛筆と違い、頭の部分を押すとペンの先端が
    出たり入ったりする珍しい奴で、滑らかな書き心地とスタイルの良さに
    人々は魅了されてしまった。

    そして、そいつは鉛筆に対して不死の文具だったのだ、
    何故なら、そいつらの中には『インク取り換えボールペン』という奴がいて、
    そいつがもう強かったのだ。

    死んだかと思えば、新たな芯という名のインクがやってきて、
    また愛された。これには鉛筆も敵わない。

    そしてとどめに、こいつは体の一部に球体を持っていたのだ。
    そう、あの先端のボールだ。これぞボールペンの滑らかな書き心地の
    秘密だったのだ。

    鉛筆は驚いた。そして同時に恨んだのだ。
    何故こんなプラスチックが木製の俺より優れているのだ、と。

    だが、そんなボールペンにも欠点があった。
    そう、消せなかったのだ。己のインクを。

    これはボールペンの最小にして最大の欠点だったのだ。
    当時は修正テープやペン、なんてものがなかったし、
    摩擦で消えるような奴も居なかった。よって鉛筆の勝利。
    鉛筆はまた人々に愛され、確実に王の位置を得たのだった。
  • 5 公 id:lEm4NaB.

    2011-12-14(水) 22:32:04 [削除依頼]
    りおs>

    ありがとうございます。
    頑張ります!

    是非読ませて頂きますね。
  • 6 公 id:lEm4NaB.

    2011-12-14(水) 22:33:10 [削除依頼]

    明日早いので、今日はこの辺にしときます。
    それでは!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません