イジメ −お嬢様−63コメント

1 蝶にゃん。 id:6Iwi8A31

2011-11-03(木) 16:37:00 [削除依頼]

初心者ですが、
よろしくおねがいします♪
  • 44 蝶にゃん。 id:i.lVCma0

    2011-12-02(金) 17:35:01 [削除依頼]
    #☆レピナ☆さん#

    ありがとうございます♪

    はいっ!
    頑張ります(^∀^)
  • 45 蝶にゃん。 id:i.lVCma0

    2011-12-02(金) 17:42:11 [削除依頼]
    会場には思った通りいつもより人がたくさん。
    まずはお母さんとお父様を探さなきゃ。

    お嬢様らしく、きょろきょろしないように
    2人を探していると、


    ……!

    すぐ目の前に友姫たちを見つけてしまった。

    「くっ……」

    ここから離れたい。


    …………あっ!

    すぐにでもここから離れたいのに……
    友姫たちのすぐ奥に2人を見つけてしまった。

    友姫たちのすぐ後ろを通らなきゃ、
    お母さんとお父様に挨拶に行けない。

    「うぅー……」
  • 46 蝶にゃん。 id:hKQ8fxv.

    2011-12-09(金) 23:22:06 [削除依頼]
    なるべく顔を見せないように
    後ろを通ろうとしてみた。

    ……

    「あ、ちょっと」

    …………!

    友姫に呼び止められた。

    何でこんな時にっ!

    やばい?
    やばいかなぁ?

    鼓動が早くなる。

    「なんですか?」

    平静を装っての返事。

    どうかばれませんようにっ。


    「あの、彩さんですか?」

    ……は?

    「え? 彩さん? 本物ですかっ?」
    「私、会いたかったんだよねー」

    隣にいた千秋と紅音もこっちを振り向いた。


    けど、なんとか、ばれてない感じかな?
  • 47 蝶にゃん。 id:L2qroSW/

    2011-12-11(日) 18:47:12 [削除依頼]

    ……でも、なんで私のこと知ってるの?

    「あ、いきなりびっくりですよね。ごめんなさい」
    「……どこかでお会いしましたっけ?」

    なんと、友姫が謝った。
    いいタイミングなのでちょっと話してみよう。

    「さっき彩さんのことパパにきいたんです!
     写真も見せてくれたので、わかりました!」

    なるほど。

    きっとまたお父様が家族写真をいろんな人に
    見せびらかしてるに違いない。

    ……あ、まずは挨拶に行かなきゃっ

    「ちょっと、挨拶に行かなければならないので、
     通してもらっていいかしら?」

    私は友姫たちに微笑みながら言う。
  • 48 蝶にゃん。 id:L2qroSW/

    2011-12-11(日) 18:53:17 [削除依頼]
    「あ、すみません。どうぞっ」

    ……なんか、素直すぎて気持ちが悪い。

    「彩さん、またあとでお話しできますか?」

    千秋が訊いてきた。
    友姫も紅音も目をキラキラさせている。

    「よろこんで。では、またあとで」

    私は笑顔で言った。
    作り笑顔。

    また話さなきゃいけないのか……
    なんか、もう疲れた。
  • 49 蝶にゃん。 id:SQIbPHF/

    2011-12-17(土) 11:14:29 [削除依頼]
    「お父様、お母さん」

    私は疲れを見せないように
    笑顔で2人に声をかけた。

    「おぉ、彩、来たか!」
    「結構はやかったじゃない」

    2人とも笑顔でかえしてくれた。

    「お父様、このドレスどう?」

    くるっとまわりながらドレスをみせる。

    「うん。かわいいドレスだ」

    よかった!

    「あ、あとね!
     今日のメイクさん……藤さんを私専属にして!」

    私は藤さんを気に入った理由を話してお願いした。

    お父様ははじめはびっくりしてたみたいだけど、
    その理由を聞くと、笑顔で頷いて言った。

    「わかった。じゃぁ、今日からその藤さんは
     彩の専属という事で話しておこう」
    「やった! お父様ありがとう!」
  • 50 蝶にゃん。 id:SQIbPHF/

    2011-12-17(土) 11:24:12 [削除依頼]
    お父様は私の嬉しそうな顔を見て

    「彩、やっと敬語じゃなくなってきて
     お父さんは嬉しいよ」

    と言った。

    あ、いけない……
    思いっきり敬語使うの忘れてた。

    今まで変な感じがしてたけど、
    敬語じゃなくてもいいかも。

    「お父様っていうのもなおしてくれると
     嬉しいんだけどね……ハハハ」

    ハンカチで目頭を押さえている……。

    そんなに嬉しかったのかな?
    それなら敬語じゃなくてもいいかもしれない。

    「お父様、敬語はあまり使わないようにするよ。
     でも、お父様はお父様だからなおせないかも」
    「ありがとう、彩。
     大丈夫。敬語じゃなくなっただけで嬉しいよ。
     なんか、壁が取れた気がするんだ」
  • 51 蝶にゃん。 id:SQIbPHF/

    2011-12-17(土) 11:29:12 [削除依頼]

    それから暫くお父様とお母さんと話した後、

    「じゃぁ、私、人を待たせてるみたいだから
     そろそろ行きます」

    と言って2人から離れた。

    でも、友姫たちの所に戻る気はない。

    私が向こうへ行く理由なんかないし。
    向こうが私を見つければいいの。

    友姫たちは私が自分たちがいじめている
    『彩』だってことに気付いていない。

    だったら全然問題はない。
  • 52 蝶にゃん。 id:CSlB6jX/

    2011-12-20(火) 17:19:29 [削除依頼]

    暫く会場を歩いていると、

    「あの、すみません……」

    後ろから誰かに声をかけられた。

    「はい?」

    笑顔で振りむく。

    そこにいたのは、首からカメラをかけた
    30代くらいの男の人だった。

    「あの、雑誌の取材で来たんですけど、
     羽月彩さんですよね? 1枚良いですか?」

    そういえばこの前、

    いくつか取材のオファーがあったけど
    めんどくさいから一気にパーティーに呼ぶ。

    みたいなこと話してたなぁ……。

    「いいですよ」

    私はにっこり笑って返事をした。
  • 53 さーちゃん id:zg.SZFh.

    2011-12-29(木) 14:29:40 [削除依頼]
    早く読みたい!
  • 54 HINA id:lD1B29u1

    2011-12-29(木) 20:29:36 [削除依頼]
    面白すぎです!!

    つずきが気になります!!
  • 55 Aya (*´∀`)/ id:7zWNoMC/

    2012-01-07(土) 15:26:28 [削除依頼]
    暫くお休みしてました(汗

    元『蝶にゃん。』です♪

    なりすましとかじゃないのでご安心を☆


    #さーちゃんさん#

    ありがとうございます!


    #HINAさん#

    続き、更新しますねー
  • 56 Aya (*´∀`)/ id:7zWNoMC/

    2012-01-07(土) 15:31:33 [削除依頼]
    男の人は、1枚って言ったくせに
    何枚も写真を撮っていった。

    それでも承諾してしまったものは仕方ないから
    にっこり笑ってやり過ごす。

    男の人がお礼を言ってどこかへ行くと、
    すぐに友姫達が近寄ってきた。


    ……見つかってたみたい。

    最悪だ。

    「彩さん、すごーい!」

    ……すごい猫なで声。

    なんか気持ち悪い。
  • 57 Aya (*´∀`)/ id:rqMtTJf/

    2012-01-12(木) 19:17:09 [削除依頼]
    それから友姫たちは私をずっとおだて続けた。

    そんなにほめても何も出ないし……。


    「友姫とお友達さん、帰るわよー」

    その言葉が聞こえたときは私はもうクタクタだった。


    「もう少しでパーティー終わりそうだし……
     もう休んでもいいよね?」

    私は自分の部屋に戻ることにした。

    本当に今日は疲れた。
  • 58 Aya (*´∀`)/ id:rqMtTJf/

    2012-01-12(木) 19:18:49 [削除依頼]

    Aya

    とゆー名前は、
    この小説の彩からとりました☆

    彩に自分の名前を
    付けたわけではありませんよー(笑
  • 59 有 id:UITUoyg0

    2012-01-13(金) 01:56:02 [削除依頼]
    面白いっ
  • 60 Aya (*´∀`)/ id:7RA..6D0

    2012-01-15(日) 12:12:36 [削除依頼]
    #有さん#

    ありがとうございます♪
  • 61 Aya (*´∀`)/ id:7RA..6D0

    2012-01-15(日) 12:16:32 [削除依頼]
    私は自分の部屋に戻って
    すぐにベットに倒れこんだ。

    「明日も学校か……」

    憂鬱。


    今日はパティ―があったから
    そんなにいじめられなかったけど……。


    私、そもそもなんでいじめられてるんだっけ?

    わかんないや。
    そんなこと全然記憶にないし。


    ……とりあえず今日はお風呂に入って寝よう。
  • 62 Aya (*´∀`)/ id:CFPihff/

    2012-01-29(日) 13:47:56 [削除依頼]

    目覚め最悪。
    しかも遅刻しそう……

    「お嬢様、やっと起きてくださいましたか……」

    何度も起こしてくれたメイドに
    文句を言うわけにはいかない。

    「おはよう……急いで食べれる朝食と藤さんを呼んで」
    「かしこまりました」

    メイドは急ぐそぶりを見せずに静かに部屋から出ていく。

    朝食と藤さんが来る前に着替えを済ませよう……

    私はベッドから降りて急いで制服に着替え始める。


    たとえお嬢様でも世間の常識は破ってはいけないと思う。
    だから私は遅刻をしないように急ぐ。
  • 63 Aya (*´∀`)/ id:CFPihff/

    2012-01-29(日) 14:01:58 [削除依頼]
    制服を着替え終わった直後に朝食、
    朝食を食べ終わった直後に藤さんが来た。


    髪の毛のセットは、
    ストレートにするだけなのですぐ終わる。

    藤さんは今までの人より手際がいい。
    やっぱり藤さんには才能があると思う。

    それにしても、みんなナイスタイミング。

    「藤さん、ありがとう」
    「いぇ、いってらっしゃいませ」

    私は藤さんにお礼を言って家からでると
    準備万端の坂蔵さんが車の前で待っていた。

    「坂蔵さん、よろしく」
    「はい。間に合いますから安心しててください」

    坂蔵さんがそういうなら、
    あとは坂蔵さんに任せておけば大丈夫。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません