ずっと…片思い57コメント

1 美羽 id:23/SyGy.

2011-11-03(木) 15:25:31 [削除依頼]
「届いてる?」
と両立して書きたいと思います☆
感想とか、歓迎です
よろしくおねがいします!
  • 38 美羽 id:vV6wliG0

    2011-11-07(月) 16:46:10 [削除依頼]
    **

    「小春…」
    私は、胸が苦しくなった。

    「うん。そうだった。
     だけど、私もう大丈夫。
     小春、泣くなっ!」
    そう言ったら、
    小春は笑った。

    私って、幸せだね。
    誰かに泣いてもらうなんて。

    小春が、友達で
    よかった。

    「おいっ!誰だ!
     小春を泣かせたのはっ!」
    蒼空が来た。
    面倒くさい奴が来た…。

    「小春、大丈夫か?
     俺がいるからなっ!」
    うざいくらいに、
    心配してる。

    小春は、本当に
    愛されてる。

    私も、
    愛されたいよ。

    **
    [021]
  • 39 美羽 id:vV6wliG0

    2011-11-07(月) 16:57:27 [削除依頼]
    **

    「陸斗くんっ!」
    私は、廊下から
    陸斗くんを呼んだ。

    「あっ。中山」
    陸斗くんは、真剣な
    表情だった。

    「…いいよ…」
    私は、静かに言った。
    できるだけ、まわりに聞こえない
    ように。

    「えっ?」
    陸斗君は、聞こえなかったのか
    聞き返す。

    「付き合おう!」

    新しい、自分に
    なりたい。

    心から、そう思った。

    **
    [022]
  • 40 美羽 id:oxQJbw00

    2011-11-08(火) 23:10:30 [削除依頼]
    **

    でもこんな、考え方を
    した私は

    バカだった。

    **
    [023]
  • 41 美羽 id:8KsyXXl/

    2011-11-09(水) 20:26:48 [削除依頼]
    **

    「ほ、本当?
     よ、よっしゃあ‐!!!」
    陸斗くんは、
    ガッツポーズをする。

    私は、?クスッ?と
    笑った。

    そして、

    「よろしくなっ!」

    と陸斗君に、
    笑顔で言われた。

    **
    [024]
  • 42 美羽 id:3B9fCAm/

    2011-11-10(木) 18:34:49 [削除依頼]
    **

    「中山っ!!
     今日、一緒に帰ろうぜ」
    陸斗くんが、元気に言う。

    顔が近くて、
    びっくりする。

    「うん!」
    私は、元気に返事をした。

    今は、私の大好きな、昼食中。
    いつものグループに、唯ちゃんと
    陸斗くんが入って食べた。

    「ちょっと〜!
     ここらへん、暑い‐!」
    理紗が、
    私のほうを見てにやにやする。

    「なっ、何よ?」
    聞くと、

    「ラブラブ‐!」
    と小春がちゃかした。

    良祐と蒼空も調子に乗って、

    「ひゅ‐ひゅ‐」
    と言ってくる。

    うざい……

    ?どんっ?
    急に、唯ちゃんのほうから
    机を叩く音がした。

    ……大翔だ。

    「俺、どっか行って来る」
    大翔は、そう言って
    教室から出て行った。

    「大翔、機嫌悪‐い」
    理沙が、言った。

    本当に、機嫌が良くなかった。
    もしかして、

    やきもちをやいたのかな…?

    なんて、
    そんな訳ないか。

    **
    [025]
  • 43 はるきゃん id:i-CzmZIDO/

    2011-11-10(木) 21:42:18 [削除依頼]
    面白いです!!
    頑張ってください(*´д`*)
  • 44 美羽 id:3B9fCAm/

    2011-11-10(木) 22:26:41 [削除依頼]
    はるきゃんsan

    ありがとうございますっ!
    頑張ります☆

    美羽
  • 45 美羽 id:3B9fCAm/

    2011-11-10(木) 22:30:54 [削除依頼]
    **

    「ごめんっ!」
    放課後、陸斗くんが私のところ
    にきた。

    「学級の仕事頼まれて…」
    陸斗君は、手を合わせて
    必死に謝っている。

    「いいよっ!大丈夫。
     1人でも帰れるから。
     じゃあ、明日ね!」
    手を振った。

    「本当、ごめん」
    そう言って、陸斗くんは
    教室を出て行った。

    「……帰ろっか」
    誰もいない教室で、呟いて
    ため息をついた。

    **
    [026]
  • 46 美羽 id:3B9fCAm/

    2011-11-10(木) 22:41:06 [削除依頼]
    **

    廊下に出て、1組の前を
    通ると、誰かの話し声が
    聞こえた。

    聞くつもりはなかった。
    けど…。

    「最悪だね、中山美空って。
     気のないふりしてさ。
     平気で、人の彼氏とか取りそう」

    私のウワサをしていたから。
    絶対、よくなさそう。

    私は、気になって
    ドアの影に隠れて聞いていた。

    「だから、付き合っても
     泣いてばかりなんだよね、唯」
    …!!!
    唯ちゃんか…。
    唯ちゃん、私のせいで
    泣いてるの?
    どうして?

    私が、大翔のこと
    すきだから…?

    「唯と大翔くんは、
     付き合ってるのに
     美空がまわりでウロウロ
     してるから。
     しかもさ、あいつ陸斗くんと
     付き合い始めたんでしょ?」

    「ああ‐!分かる!
     私、狙ってたのに…」

    「本当、男好きだよね‐!」

    男好き…。
    私、そんなんじゃないよ。

    私のこと、全然知らないくせに
    変な噂…。

    私は、ドアの小さい窓から
    1組を覗いた。

    教室には、唯ちゃんは
    いなくて、

    唯ちゃんと仲がいい、
    李緒と愛理ちゃんがいた。

    言い返せるわけもなく、
    そのまま学校を出た。

    **
    [027]
  • 47 美羽 id:3B9fCAm/

    2011-11-10(木) 22:43:35 [削除依頼]
    **

    香川 李緒 Kagawa Rio
    中学2年生

    橋居 愛理 Hasii Eri
    中学2年生

    **
    [登場人物。]
  • 48 美羽 id:3B9fCAm/

    2011-11-10(木) 22:53:45 [削除依頼]
    **

    うぅぅ‐。

    「寒い…」
    いつにも増して、寒く
    パラパラ、雪が降っていた。

    「はあああ」
    息を吐くと、白くなる。

    私は、冬になると絶対やる。

    前を向くと、人がいた。
    2人だ…。
    恋人かなぁ。いいなぁ。

    私も、好きな人と
    帰りたかった。

    冬に雪に囲まれて帰るなんて、
    幸せじゃん。

    寒いけど、
    暖かいような気がして…

    なんて、ロマンチックなんだろう。
    でも、私にだって陸斗くんが
    いる。

    私には、もったいないほど
    かっこいい彼氏がいる。

    なのに、どうしてだろう。
    こんなに、胸が痛いのは…

    張り裂けそうなくらいに
    泣きたくなるのは。

    何だか、もどかしくて
    届かない…

    **
    [028]
  • 49 美羽 id:3B9fCAm/

    2011-11-10(木) 23:02:13 [削除依頼]
    **

    帰る道を、少し
    立ち止まったら

    後ろから、声が
    聞こえた。

    「寒いね…!」
    か細い女の子の声。

    「うん。
     大丈夫?マフラー貸そうか?」
    優しい男の子の声。

    「あっ。
     美空ちゃん」
    女の子のほうが、
    私に気付いた。

    「ゆ、唯ちゃん…
     と、大翔?」
    私は、ゆっくり聞いた。

    「俺を、付け足しするんじゃ
     ね‐よ!」
    大翔にチョップを
    かまされた。

    でも、帽子を被ってたから
    痛くなかった。

    いつもなら、怒っているけど
    今はそんな気分じゃない。

    「あの…
     ここでいいよ」
    唯ちゃんが、
    小さな声で言った。

    「あ、そっか。
     唯は、ここの曲がり角を
     曲がるんだよな」
    大翔は、思い出したように
    言う。

    「じゃあ、バイバイ」
    最初は、大翔に言ったんだろうなと
    思っていたけど、
    どうやら私に向かって
    振っていたから、

    私も笑顔でふりかえした。

    **
    [029]
  • 50 美羽 id:XGdkEBi.

    2011-11-11(金) 13:26:35 [削除依頼]
    **

    「最近、唯ちゃんとどう?」
    私は、大翔の方を向いて
    聞いた。

    「普通」
    大翔は、そっけない。

    キイイイイーーー

    さっきから、唯ちゃんが
    いないせいか

    全然会話が少なくて、
    私がせっかく話題を
    作ったのに、

    何、普通って!?

    「お前こそ、どうなんだよ?
     陸斗と」
    大翔が、やっと私を
    見た。

    「もう、それは
     ばっちり!!」
    私は、ピースをした。

    「じゃあ、何で
     1人?」
    大翔は、鼻で笑う。

    「陸斗くんは、
     学級の仕事があって
     一緒に帰れなくなったの!」
    私は、ムキになって答えた。

    「ふ〜ん。
     ちょっとは、女らしく
     なったじゃん」
    大翔は、笑う。

    「ま、前から女でしたぁ‐!
     女と思ってなかった大翔が
     おかしいんだよ。
     陸斗くんは、
     すご‐く優しいんだ〜!」
    私が、大げさに笑いながら
    言うと

    「…っそ。良かったじゃん。
     優しい彼氏ができて」
    嫌味みたいに言う。

    「そうですねっっ!
     私に彼氏ができるなんて、
     すごいことですねっっ!!」
    私は、精一杯力を
    込めていった。

    泣いちゃいそう…

    大翔は、私のこと
    女の子だって思ってないんだよね。

    悔しい。

    **
    [030]
  • 51 美羽 id:XGdkEBi.

    2011-11-11(金) 13:31:58 [削除依頼]
    **

    大翔の家は、
    私の家の隣。

    大翔には、さよならも
    言わずに、

    家の中に入った。

    家に入ると、真っ先に
    こたつに入る。

    暖ったか‐い!

    何か、眠くなってきた。
    私は、眠気に襲われ
    そのまま寝てしまった。

    **
    [031]
  • 52 美羽 id:XGdkEBi.

    2011-11-11(金) 13:36:47 [削除依頼]
    **

    プルルルル

    電話の音…

    私は、それに気付いて
    起きた。

    「ぅ‐、もしもし」
    寝起きのせいか
    声がおかしい。

    「美空。
     明日は何曜日でしょ‐か?」
    理沙の声。

    「ぅ‐ん。
     土曜日?」
    私は、自信なく答えると

    「正か‐い!
     ってことで、明日デートしよっ?」

    「へえええ?
     理沙と?」
    私は、訳がわからない。

    「バカかっ!
     いつものグループでだよ!」
    理沙の声が大きくなる。

    「もしかして、
     8人で?」

    「うん。またまた、
     大正解!」
    嫌な予感がした。

    **
    [032]
  • 53 美羽 id:XGdkEBi.

    2011-11-11(金) 16:48:11 [削除依頼]
    **

    理沙の誘いを
    断れなかった私。

    「陸斗くん、誘っておいてね‐!」
    なんて、
    普通に言うし…

    まだ、付き合ったばかり
    なのに

    電話しろと?

    む、むむ無理!
    男子にかけたことなんて、
    大翔ぐらいだよ。

    受話器をとって
    深呼吸。

    「っよしっ!」

    プルルルルルル
    プルルルルルル

    ガチャッ

    「もしもし」
    この声は、陸斗くんだ!
    よかった‐。
    お母さんとか出なくて。

    「もしもし、美空です」
    声が震える。

    「あっ、中山か!
     ごめんな!今日」

    「ううん。大丈夫」
    私は、微笑んだ。

    「で、どうした?」
    本題を忘れてた。

    「えっとね。
     明日、遊ばない?
     あの、グループの8人で」

    「い、嫌だったら、
     断ってもいいんだよ?」
    付け足す。

    少し間が空いて、
    ドキドキした。

    **
    [033]
  • 54 能天気 id:4U8msiR/

    2011-11-11(金) 19:18:55 [削除依頼]

    もしかしての!!美羽ですかい?(/`д)/★
    能天気がやってきたよ〜

    能天気のスレに書き込み、あんがとねぇ@
    これからもどうぞよろすく!!

    スレの名前、忘れるかもしれないから、
    うちのスレに「見に行ってるスレ」で残しておくわ(笑)

    また来るなっ
  • 55 美羽 id:0JUNLIC0

    2011-11-12(土) 12:20:13 [削除依頼]
    能天気san

    ありがとうございます!
    これからもよろしくね☆

    美羽
  • 56 美羽 id:0JUNLIC0

    2011-11-12(土) 12:23:29 [削除依頼]
    **

    「中山も行くんだろ?」
    陸斗くんの小さな
    声が聞こえた。

    「うん?」

    「行くよ!行く、いく!」
    嬉しそうな声。

    何だか、
    陸斗くん子供みたい…。

    可愛い!

    「じゃあ、明日ね!」

    「ああ。
     楽しみにしてるよ」
    そう言って、
    電話をきった。

    **
    [034]
  • 57 能天気@アニメ見た直後。 id:eJxTC1i0

    2011-11-26(土) 13:19:25 [削除依頼]

    美羽〜っ!!★
    久しぶりにきたけど……最近、来てないのかな?

    とりあえず、あげておくね。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません