非日常ライフ。14コメント

1 雨 id:/J/TYin1

2011-11-02(水) 21:40:53 [削除依頼]
あたしの名前は一条ゆりあ。
ごくフツーの高校生・・・と言いたいところだがそうはいかない。

細かいことは後で話そう。とりあえず叫びたい。


「誰か助けてええええええっ!」
  • 2 雨 id:/J/TYin1

    2011-11-02(水) 21:47:07 [削除依頼]
    パトカーのサイレンを聞きながら私はつぶやく。


    「死ぬかと思った・・・。」


    もうこのセリフは何回目だろうか。毎日言っている気がする。

    まあ誘拐なんて月に3回くらいあるし。
    いつものことだ。


    そう、いつもの・・・。
  • 3 亜衣 id:K2EXUtL0

    2011-11-02(水) 21:48:46 [削除依頼]
    なんか面白そうー!!!
    毎日みてみます^^
  • 4 雨 id:/J/TYin1

    2011-11-02(水) 21:52:26 [削除依頼]
    パトカーの横を、通学途中であろう女子高生が何やら話しながら通り過ぎていく。
    あたしはそれを羨ましそうに眺める。

    どうしてあたしは「普通」に過ごせないのだろうか。


    毎日毎日、誰かに命を狙われ、殺されかける。


    「もうやだ・・・」


    膝を抱えて、しゃがみこむ。

    こんな家に生まれなきゃよかった。
  • 5 雨 id:/J/TYin1

    2011-11-02(水) 21:53:49 [削除依頼]
    ≫亜衣さん

    ありがとうございます((汗
    見ていただけると嬉しいです!
  • 6 雨 id:/J/TYin1

    2011-11-02(水) 21:58:09 [削除依頼]
    あたしのお父さんは一条グループの社長。
    一条グループってのは世界的に有名らしく、世界のあちこちに支社があるらしいが、詳しくは知らない。

    で、あたしがそこの一人娘となると、誘拐して身代金を要求しようって思う人がたくさんいるらしくて。


    「あほらし」

    あたしはそう吐き捨てると、スカートについた土を払って立ち上がった。
  • 7 雨 id:BsNWK730

    2011-11-03(木) 10:40:21 [削除依頼]
    「おいゆりあ、どこ行くんだ」
    後ろから飛ぶ父親の声。
    「どこって、学校だけど」

    「そうやって一人で行動するから誘拐されるんだ。今回も未遂だったからよかったものの・・」

    あたしは構わずすたすたと歩き出す。

    「おい、ゆりあ!」

    父親がそう呼び止めても、あたしは立ち止まらなかった。
  • 8 亜衣 id:95bF/.p0

    2011-11-03(木) 10:42:18 [削除依頼]
    うわーやっぱり面白い^^
    私の小説チャッ友!!!もみてみてね
  • 9 雨 id:BsNWK730

    2011-11-03(木) 10:47:59 [削除依頼]
    ≫亜衣さん

    今度みてみますね^^
  • 10 雨 id:BsNWK730

    2011-11-03(木) 10:54:41 [削除依頼]
    もやもやしたまま、学校についた。
    相変わらず無駄にでかい学校だ。

    憂鬱な気分で門をくぐる。

    この学園はいわゆる金持ち学校というもので、通っている子はたいていいいとこのお嬢様とかお坊ちゃんだ。
    まあ、あたしもその中の一人なんだけど。


    ゴーン、と大きく鐘がなった。
    一時間目が始まる合図だ。

    「やばっ」
    あたしは急いで階段を駆け上がる。
  • 11 雨 id:BsNWK730

    2011-11-03(木) 11:08:00 [削除依頼]
    おそるおそる教室のドアを開ける。
    しかし運悪く先生があたしに気づいた。

    「遅刻ですよ、一条さん」

    みんなの視線があたしにバッと集まる。
    気づかれてしまってはしょうがない。

    「すみませんでした・・・。」
    顔を伏せながらぺこりと頭を下げる。
    皆の視線を体の右側にじりじりと感じながら席に着く。

    あたしの斜め前の奈乃がこっちを見ながら、「おはよう」の形に口を動かした。
    あたしも皆に気づかれない角度で、ちいさく挨拶を返す。

    「詳しいことは後でききます。では続きから、伊集院さん」

    英文の朗読を聞きながら、あたしは思う。


    平和に暮らしたい。
  • 12 雨 id:BsNWK730

    2011-11-03(木) 11:23:38 [削除依頼]
    一時間目が終わった後、職員室に呼ばれ、先生に「あなたも苦労人ねえ、頑張るのよ」などと他人事のように励まされた。
    毎回毎回言われるが、あたしは残念ながらほとんど聞き流している。

    「失礼しました」
    そういって職員室を出ると、「ゆりあ!」と元気のいい声にあたしは呼び止められる。

    あたしをそう呼ぶのは、きっと奈乃くらい。

    「またつまらないはなしか?」

    この学校で唯一、友達と呼べる子。一緒にいて楽しいし、気を遣わなくていい。
  • 13 雨 id:BsNWK730

    2011-11-03(木) 11:36:21 [削除依頼]
    奈乃はほかのお嬢様と違って、堅苦しくないのだ。
    何と言うかこう・・・自由。そう、自由だ。
    あたしはそこをちょっぴり尊敬しつつもある。

    この学校に奈乃がいなかったら、あたしはたぶん不登校というやつになっていたかもしれない。
  • 14 雨 id:BsNWK730

    2011-11-03(木) 11:44:14 [削除依頼]
    「あー、おわったおわった!ゆりあ、かえろー」
    ゴーン、ゴーンと大きく鐘が鳴る。これは早く帰れの合図。
    そんな鐘鳴らさなくたって帰りますよーだ。


    校門にはたくさんの黒塗りの車。お迎えだ。
    けどあたしたちは歩いて帰る。
    週に一回だけでもいいから、と必死に頼み込んだからだ。

    「きょうのすうがく、つまらなかったなー」
    「ねー」

    他愛ない会話をしながら、2人で歩く。
    こういう時は、普通の女子高生の気分を味わえる。
    貴重な時間だ。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません