龍の檻4コメント

1 早蕨 id:kzBQ6Ma1

2011-11-01(火) 22:14:54 [削除依頼]
 
 
 
 
 死んでいるのと変わらないのなら、いっそのこと死んでしまおうか。
 
 
 
 
 
 
  • 2 早蕨 id:kzBQ6Ma1

    2011-11-01(火) 22:21:39 [削除依頼]
    * * * * * 玄冬です。間違えた。早蕨です。 今は小説板にしかいません。ちょくちょく詩板にもいますが。 準備板いると、中毒みたいになっちゃうので自粛中。 この小説では日々の苛立ちと鬱鬱としたやるせない気持ちを発散します。 まあ、とどのつまり、自分による自分のための文章です。はい。 読んで気分が悪くなるかもしれませんが、自己責任でお願いします。 コメント返しがそっけなかったりしても悪意はたぶんありません。 それでは、以上の点も踏まえて。あーゆーれでぃ? Yes! >>2-1000 No! >>1
  • 3 早蕨 id:kzBQ6Ma1

    2011-11-01(火) 22:42:55 [削除依頼]
    * * *
     誰かに殺.して欲しいと願っていた。自分が生きているということは耐え難い苦痛で、それについて考えを巡らすだけでも吐.き気がしていた。自分の意志に従う体が気持ち.悪い。むしろ、そう思う自分の精神までをも否定したかった。
     誰か、自分を殺.して欲しいと願っていた。息をし、物を食べ、歩き、見て、感じる自分がいるという事実はただただ恐ろしいばかりだった。明確に示すことのできる言葉は残念ながら持ち合わせていなかったが、コノハはそれでも断言することができた。
     「自分は、死.んでしまいたいのだ」と。
     彼には母親がいたが、コノハにとっては取るに足らない存在だった。コノハの母親は母親となるには些か若すぎる年齢で、彼女の育児は、それは粗末なものだったからだ。彼女はまだ、ほかの同じ年頃の娘のように遊びたかっただけだった。だけ、と言っても、母としての責任を放棄したことに変わりはない。コノハが母親と共に過ごした暖かな記憶など、無に等しかった。食事を与えられないことも多く、ゴミ捨て場で犬猫に混ざり生ごみを漁り、飢えをしのいだこともあった。
  • 4 早蕨 id:kzBQ6Ma1

    2011-11-01(火) 23:49:42 [削除依頼]
    >>3  "明確に示す〜"  の前に  "その原因や理由を"  を付け足し
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません