メリーゴーランド.5コメント

1 御坂 紫音 id:9h2QbNQ/

2011-10-30(日) 14:32:20 [削除依頼]
 メリーゴーランドのように、くるりくるり。
 廻り続ける。
 
 さあ、始めましょう――


 
  • 2 御坂 紫音 id:9h2QbNQ/

    2011-10-30(日) 16:37:10 [削除依頼]
     はて。
     首を傾げた。
     私はこんな事をするつもりではなかったのだが、何故にこのような事態に陥ったのだろう。全くもって理解したくもなく、私の低知能では分かるはずも無い。
     たとえ理解できるほど賢かったとしても、知りたくないのだから別段頭を回すことも無く。まあ、頭を回転させていなかったからといって今後の生活に支障がきたされるとは思わなかった。
     しかし、しかしである。一瞬で解ったとしても、今の私にはそうなる理由が見当たらない。何がたたったのか、というか私が何をしでかしたのか、全てにおいてこの状況につながる要素が記憶の断片にすらなく、分けが解らなかった。
     つまりは頭の賢さではなく、理解力なのか、いやいや、しかしながらソレとはまた何かが違う。ああ、記憶力か、それだそれだ。
     合点がいき、手を合わせるが根本の解決に至っていないことに気づかされて、我に帰る。
     結局は何なんだ、誰か私に一度過去に戻る能力をくださいと神様に懺悔したい気分である。見に覚えが無いのに被害を被るとは如何せん納得がいかない。納得言っては困る故に、即急の究明が求められるわけであるが、どうにもこうにも此処には私しか居ないらしく、解決の糸口は何一つ見つからない。
     故に、首を傾げる。
     血塗られた手を見て、真っ赤なペンキで塗りたくられた壁を見渡して、嘆息する。鉄くさい、非常に鉄臭い。気分があまり宜しくないし、むかむかと胸焼けがするのだが、胃には何も入っていないようで食べ物より胃酸が逆流しそうである。
     
     
     
  • 3 御坂 紫音 id:9h2QbNQ/

    2011-10-30(日) 18:30:16 [削除依頼]
     そもそも。
     私は誰だ、その観点からも首を傾げてしまう。
     何ゆえにこのような薄暗く鉄くさい場所に私は座り込んでいて、ふわりふわりとしたレースのあしらわれた服装をしていて。しかもそれが黒や紫や赤を基調とした、所謂ゴシックとよばれるものなのか。はてさて、本当にどうした事か。
     名前さえ思い出せれない、全く困った事にこれは記憶喪失ということだ。ああ、ソレならば記憶が無い事にも合点がいくなと頷いて、とりあえずもう一度室内を確認してみた。
     薄暗く、かろうじて手元が見えるぐらい。夜目が利くのか、どうやらここはどこかの豪邸のような場所の一室らしい。私が座り込んでいるのは直接的な床ではなく、カーペットの上。あとは浮かび上がる物体の影から察するに、ベッドや小物台、テーブルと椅子と、豪勢な扉。あと、非常に広い。
     とりあえず部屋が明るくならない事には詳しい状況が分からないわけであり、外からの月明かりだけではどうも不明慮那部分が多すぎる。
     よっこらせと年配者のような掛け声をかけると、立ち上がってみた。だが、非常に滑稽な事にからだはこてんと転げてしまう。どうやら、この厚底ヒールの編み上げブーツが問題らしい。ひとまず脱ぎたいのだが、それ以外にも足場がぬるぬると滑りやすいので結果はあまり、変わらなさそうである。
     いや、そもそも。
     どこに明りがあるのか分からないのだが、誰か教えてくれないか。待て待て、先ほども思ったのだが此処は私以外誰も居ないわけで、結局は自力で探すしかないのだ。嗚呼、面倒である。
     
     
     
     
  • 4 御坂 紫音 id:9h2QbNQ/

    2011-10-30(日) 20:40:38 [削除依頼]
    どこだ、どこだ。
     みっともなくもきょろきょろ見渡しながら、明りがありそうな場所を探すとしよう。実に困る、よく何があるのか見当がつかない。
     いくら薄暗くて少しばかし見えるとはいえ、私は犬猫のような動物ではないのだ。問題がありすぎる、何で此処に来る前に明りをともさなかったのか。
     記憶を喪失する前の自分を少しばかり怨んでみたが、冷静に考えれば可笑しい話である。明らかに夜中に目が覚めて、そうすれば絨毯の上に座り込み、血が散らばった室内に居る。
     何があったのか追求したいが、そのような事より先行事項としては明りをつける、この一点に限るわけで。
     故にどこだ、どこだと呟きながら壁を伝ってみる。途中、扉にあたって開こうと試みたが、残念無念。がちゃがちゃと奇怪な音を立てるばかりで、開く気配は一切無いのであった。
     全く、いい迷惑だと思うのだが吐き出し口が無いため、問題を解決するという事のみに集中するとしよう。
     
     
  • 5 御坂 紫音 id:WY8w19n0

    2011-11-26(土) 13:06:25 [削除依頼]
     はてさて、どうしよう。
     壁に手を当ててぐるりぐるりと部屋を一周してみたが、電灯のスイッチらしきものは見当たらなかった。まさかとはおもうが、ランプを炎でともさないといけないという、何とも古風な部屋なのかという私の疑問は、良くも悪くも的中したようである。指先に何かが触れ、油の匂いと形からしてどうやらランプだろうと推測が付いた。
     これまたどうするべきか、こうなるとマッチかライター即ち炎を用意なければならなくなる。こうなるとどうにもこうにも明りをともす事は不可能になりそうであり、あきらめるが最善とふんでみる。溜息をして絨毯の上に座り込むと、ぬるりとした感覚に襲われた。
     正直先刻から気になっていたのだが、これは鉄の香りもとい血液の匂いではないのだろうか。全くもって嫌になりそうだが、不思議なことにこの香りがとてもいい匂いだと思い始めてしまう。嗚呼私はどうにも困ったちゃんのようで、無性に血液を飲みたくなってきた。私はどうやらヴァンパイアフィリアなのだろうか、非常に問題である。
     
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません