執事の好きな人って??30コメント

1 たんぽぽ id:/Koc4Ze/

2011-10-28(金) 16:58:31 [削除依頼]
コメントいただけたら嬉しいです^^

プロローグ

私の名前は藤野 美羽(ふじの みう)。
  • 11 たんぽぽ id:/Koc4Ze/

    2011-10-28(金) 17:43:56 [削除依頼]
    >1 プロローグ続きは>3を見て下さい。
  • 12 たんぽぽ id:/Koc4Ze/

    2011-10-28(金) 17:58:58 [削除依頼]
    「しょうがねーなー」

    「生姜……ないの?買ってこればいいのに」

    もしかして,買うお金がないとか??
    それならかしてあげてもいいんだけどなぁ〜。

    「ちげーよ。アホか!お前は…」

    「っっあぁぁぁ。今、私のこと馬鹿にした!!」

    そう言うと、海はふんっという顔をした。

    「バカにはしてない」

    「だって今……」

    「オレは、アホと言ったんだ」

    「それと」っと、海は、付け足した。

    「そんな言葉……。美羽にはにあわねーよ」

    その言葉はとても小さくてかすかにしか聞こえなかった。
  • 13 さやりん id:ey9ODdE1

    2011-10-28(金) 19:03:43 [削除依頼]
    やしゃあああああ!
    私第一コメ!?
    どーせだし、ここの読者になるね!
    ふふふ。私も、お嬢様の小説かいてんの!
    よかったら見て!
    お嬢様って良いものね
    だよ!
  • 14 さやりん id:ey9ODdE1

    2011-10-28(金) 19:15:00 [削除依頼]
    いいかな?
  • 15 たんぽぽ id:6/AKQ/M/

    2011-10-31(月) 22:07:33 [削除依頼]
    >13 どうぞ〜^^ 今日は時間がないけど、今度見るねぇー(^◇^)
  • 16 たんぽぽ id:6/AKQ/M/

    2011-10-31(月) 22:12:49 [削除依頼]
    「ふん!私はどうせ、頭が悪いですよーだ!!」

    私は、そっぽを向いた。

    (なによ!)

    「分かってるなら勉強しろよ」

    海ってば分かってないよね?
    私は<ハー>っとため息をつきながら,海のほうを見た。

    「わかっていてやるなら、もうとっくにやってます」
  • 17 たんぽぽ id:FSPnozG1

    2011-11-01(火) 16:42:26 [削除依頼]
    そう言うと海は「ははっ」っと笑った。

    「だよなー。って言うかもう少し離れろよ。気になる」

    ハッとして下を見るとわずか5〜60cm!!
    けっこう……というか,かなり近い距離。

    「……ひゃっ」

    私は、跳びのいた。

    「ご、ごめん……」

    自然と私の顔が赤くなる。
    とっても熱い。
    顔だけでなく体までカーッと熱くなった。

    「……何赤くなってんだよ?」

    「いっ、いや……あの、……」

    言葉がつかえる。
    舌が回らない。
  • 18 たんぽぽ id:FSPnozG1

    2011-11-01(火) 16:48:59 [削除依頼]
    どうしてだろう?

    「えっと……うんと……」

    ダメだ!
    こうなったら最後の手段!!

    「何でもないわよ!」

    私は、ズンッと1歩前に出た。
    海を、<キッ>っと見る

    「だって、お前……」

    海が言い終わる前に次の言葉を言う。

    「「お嬢様」って言いなさい!」

    「……!な、なんで……」

    私は2歩前に出た。
  • 19 たんぽぽ id:FSPnozG1

    2011-11-01(火) 17:22:11 [削除依頼]
    「お嬢様何て!……呼べるか!ってゆーか。ぜってぇよばねー!!」

    海は、私をにらんだ。

    「呼びなさいよ!幼なじみだからって……。少しくらい主人を尊敬しなさい!!」

    私がそう言うと海は私に向かって歩いてきた。
    これには、後ずさるしかない。
    そして、ちょうど私の背中が壁に当たると同時に海が止まった。

    「なんで、そんな風に呼ばなきゃいけないんだ?」

    その声は怒り……と言うよりも暗く沈んでいた。

    「だって……―」

    その続きを私は言えなかった。
    瞳が……海の瞳が悲しみにあふれていたから……。

    (どうして、そんな顔をするの?)

    「ごめん……」
  • 20 優奈 id:FSPnozG1

    2011-11-01(火) 17:32:42 [削除依頼]
    おっもしろーい!
    読者にならせて!!
    1つ言ってもいいなら・・・・・・。
    Sっぽくしてほしーなー!
  • 21 たんぽぽ id:FSPnozG1

    2011-11-01(火) 17:39:04 [削除依頼]
    謝るしかなかった。
    海の顔が……とても悲しそうだったから。
    何も言えない。

    (どうして?)

    そんな思いがぐるぐると頭を駆けめぐる。

    「オレこそ……ごめん。なんか、おかしくなってた」

    「ううん。いいよ?私も怒ってごめん」

    「でも…………」

    こんなに落ち込むなんて珍しい。
    いつもは結構ポジティブなんだけどな。
    私が励まされるほうなんだけどな。

    (元気を付けてあげたい)
  • 22 たんぽぽ id:FSPnozG1

    2011-11-01(火) 17:40:21 [削除依頼]
    >20 Sっぽくですか? できるかな??
  • 23 たんぽぽ id:FSPnozG1

    2011-11-01(火) 17:53:46 [削除依頼]
    #海。。。。。

    「ううん。いいよ?私も怒ってごめん」
    「でも…………」

    美羽は、<シュン>っと落ち込んいる。
    「今!?」って思われるかもしれないけど……。
    かわいい。
    声には、出さないけど。
    勿論。

    (でも、どうしたんだろうな?オレ)

    「お嬢様って言いなさい」っと言われた瞬間。
    美羽のことが遠くに感じられた。
    そして,強く思ったんだ。
    「お嬢様」とは呼ばないって。
    呼んだら……、遠くに行ってしまいそうで。
    本当に……本当に,お嬢様と執事という関係になってしまいそうで。
  • 24 たんぽぽ id:FSPnozG1

    2011-11-01(火) 17:57:41 [削除依頼]
    怖い。
    怖かったんだ。

    「か……い……」

    「なんだ?」

    落ち込んでいる・・・。
    そんなところは見せられない。

    「お詫びに、どこかに連れて行ってよ?」

    「はぁ?!」

    美羽は腕を組んでオレのほうを見た。

    「悪いと思ってるんなら。どこかに連れて行きなさいよ。私、暇で仕方がないんだから」
  • 25 たんぽぽ id:FSPnozG1

    2011-11-01(火) 18:03:52 [削除依頼]
    「でも、お前街に入ったことないんだろ?}

    「行ったことあるわよ」

    美羽はそっぽを向いた。
    それなりに、元気付けようとしているのだろう。

    「しょうがねーなー」

    「生姜、ないの?買ってこればいいのに」

    「おんなじことで、おこらせるなー。アホー」

    「フフフ……くすくす」「ハハハハハッハ…」

    オレたちは同時に笑い出した。
  • 26 たんぽぽ id:MRZT8/F0

    2011-11-03(木) 17:49:02 [削除依頼]
    「じゃっ、街に行くか!」

    オレは元気よくそう言った。

    「うんっ!」

    「まずは、着替えだな……」

    「えっっ?!」


    #美羽。。。。。

    「まずは、着替えだな」

    海はそう、うなずいた。

    「えっっ?!」

    私は、とても驚いた。

    「どうして驚くんだ?」

    「だって……。このままでも…………」
  • 27 たんぽぽ id:MRZT8/F0

    2011-11-03(木) 18:00:57 [削除依頼]
    と言って、服の藍色と、水色のフリルを右手でつまんだ。

    「なにいってんだよ。それじゃ、目立ちすぎる」

    「はぃぃ?」

    ……これでは駄目なのかな?
    みんな、こういう服を着ているんではないの(←ドレスです)。
    海の言っている意味がわからない。
    …………そんな私を見て海は溜息をついた。

    「とにかく、着替えるぞ」

    分かったか!!っと言う目に私は「はい」としか言えなかった。
    何か言ったら、どんな目に会っていたことか((怖っ))。
    まっ、とにかく言うことを聞いておこう。

    「……そうだなぁ。っっあ!これだな」

    そう言って、海は1人で納得した。

    (何を考えているのやら)

    「我が思うものをここに―」
  • 28 たんぽぽ id:MRZT8/F0

    2011-11-03(木) 18:17:57 [削除依頼]
    <ボムッ>っという音とともに現れたのは何とも見たことのない服。
    ……あれは、召喚魔法だな。
    服や小物みたいに小さいものはこんな感じで出せる。
    っっ、そんで、悪魔や人みたいな大きなものは自分で魔法陣を書く。
    っといったものだ。

    「これを着ろ。早くな」

    それだけ言うと、海は出て行ってしまった。

    「……。このほうが、目立つんじゃないのかな?」

    でも……。
    怒ると怖いから。

    「……着るしかないよね」
  • 29 たんぽぽ id:sLvWSiA.

    2011-11-04(金) 14:06:10 [削除依頼]
    海から渡されたのは、黒くて白色の字の書いてある(LISTEN……)Tシャツ(←長袖です)。
    赤と黒のチェックのスカート。
    裾にはレースが……。

    「ハー」

    これ、…海の好みじゃないよね?
    この服で本当に大丈夫なんだろうか?

    「早くしろー。連れていかねぇよ!」

    かなり怒っているぞ!
    着替えなくては。

    「ハ……ハーイ」

    あわてて返事をすると、着替え始めた。
  • 30 たんぽぽ id:sLvWSiA.

    2011-11-04(金) 14:12:12 [削除依頼]
    10分後・・・・・・。
    海の声に怯えながらもなんとか、頑張りました。
    私。

    「着…着替えたよ・・・」

    外に出ると仁王立ちで海が待っていた。

    「お…おう。遅かったな。待ちくたびれた」

    「ご…御免なさい。。」

    私は素直に謝った。
    自分でも、遅かったなぁ。っと思う。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません