桔梗学園ニコニコ部14コメント

1 雪音 id:vt-m4c.W3Y0

2011-10-16(日) 10:11:01 [削除依頼]

注意(*´◇`*)

この小説にはヲタク要素。某ニコニコ要素が入ってます(゚ヮ゚)


ネタが分かんない(。・ω・。)
っていう可愛い子猫ちゃんにも分かるようには書きますが

ネタが分かる方の方がより楽しめると(^д^)


以上を注意して……読んで欲しいとか思ってないんだからねっ////
  • 2 雪音 id:vt-m4c.W3Y0

    2011-10-16(日) 10:26:33 [削除依頼]

    季節は春

    だが桜も散り新緑を待つだけになった4月中旬。

    女の子て一緒に登校なんざどんだけリア充様だよって思うが隣の女は仏頂面だ

    そんな女の名前は

    春乃 希奈子

    はるのきなこ ってどんだけ純和風なんだよ

    とツッコミたくなる気持ちも分かるが……

    それはまた別の機会にとっておこう


    そんな希奈子はこう言った


    「つまんない……」


    仏頂面かつこの発言に反応しなくてならないのか?俺……

    とりあえず無反応


    「アンタはつまんないって思わないの?」


    仏頂面かつ睨んできた


    「つまんないって……何がだよ」


    そう返すと希奈子は


    「この学園生活によ!某SOS団みたいなのがあるって思ったのに!SOS団どころかスケット団も無いじゃない!」


    アニメの見すぎだよ……


    「あ、そっか某ハルヒさんも部活作ってたか……私も付くrギャア!!」

    なんで途中で叫び声を上げたかというと俺が殴ったからである。


    「そんなアホな事すんなバカ」

    これは幼なじみとして、親切心による忠告である。


    「バカとはなによ!バーカー!!

    絶対作ってやるんだから!!」


    と言って希奈子は学園へ走っていった。


    嫌な予感しかしない……
  • 3 廻 id:K9SdAe01

    2011-10-16(日) 10:27:16 [削除依頼]
    ち、ちょっと楽しみなんだからねっ////
  • 4 雪音 id:vt-m4c.W3Y0

    2011-10-16(日) 11:06:21 [削除依頼]

    >廻さん

    そんな///
    よんでほしいな///

    コメントありがとやすー(*´д`*)
  • 5 雪音 id:vt-m4c.W3Y0

    2011-10-16(日) 11:10:47 [削除依頼]

    学園へ吸い込まれる希奈子を見た後、しばらく俺は希奈子と行動を共にすることはなかった。


    友人からは

    「リア充がついに爆発したかよかったよかったザマァまろ」

    と言われたがそもそも希奈子とはそういう関係ではない。


    だがな……希奈子


    なんで俺はハーレム状態になってるんだよ!!
  • 6 雪音 id:vt-m4c.W3Y0

    2011-10-16(日) 11:25:57 [削除依頼]


    俺は学園のある部屋で女の子に囲まれた……


    これなんてエロゲ?


    「あのー希奈子さん?これは一体何事で?」

    とりあえず希奈子に聞いた。

    「何って……部活」


    とりあえず事の発端を簡潔に説明しよう


    いきなり希奈子に腕引っ張られたと思ったら
    知らない教室に連れられその教室には女の子いっぱい!

    以上!


    「紹介がまだだったわねー」

    こいつは俺の話を聞いてるのか?


    「このちっちゃいのが『桃見 咲(ももみ さく)』ちゃん」


    といって小学生を指差した。


    「おい希奈子いくらなんでも小学生は……」

    希奈子に流石に文句を言おうとしたら小学生……桃見咲が言った

    「小学生じゃないです!私こう見えても16歳高校生です!」


    えぇえぇええぇ?


    「いやいや、いくら制服きてても……あ、ごめん中学生?」


    それならまだ納得が


    「咲ちゃんは隣のクラスよ〜」

    希奈子まで何を……


    「ほら生徒手帳もある!」

    …………あ、本当だ


    「アンタも失礼ねー」

    希奈子は笑っていて


    「小学生って……私高校生高校生…………」

    ブツブツ言ってる桃見さん

    「ごめん桃見さん……流石に失礼だった」

    俺は素直に謝るタイプだ希奈子と違って


    「咲……」

    桃見さんは自分の名前を言った……


    「咲でいいです!」


    恋愛フラグが立つ音がした。
  • 7 ゆい id:7l4gvek1

    2011-10-16(日) 11:33:38 [削除依頼]
    おもわずわらっちまうぜぇ(笑


    ゆっきーの小説なのかぁ!?(`・ω・)b

    ゆいもかいてる(´ω`*)

    見つけてねー☆

    どっ読者になりたいとかおっおもってないんだかんねぇ!///
  • 8 雪音 id:vt-m4c.W3Y0

    2011-10-16(日) 11:50:30 [削除依頼]

    はいユッキーこと雪音でござんす(゚ヮ゚)b

    そんな///
    読者とかそんな嬉しくないんだから///

    ゆいしゃんの小説探してみまつ(*´ω`)
  • 9 雪音 id:vt-m4c.W3Y0

    2011-10-16(日) 12:05:20 [削除依頼]

    「いや、俺……そういう趣味は……」


    フラグ回避!!


    「アンタ何言ってるのよ」

    希奈子は笑いながら言うと


    「そこに居る眼鏡の子が……」

    その眼鏡の子と目が合うと……
    喋りだした

    「安城希を見たとたんに……俺は身体の中からの熱い欲望に逆らう事は出来なかった。自身は熱く反り返り……」


    アウトォォォオ!!


    「希奈子!!なんだこの子は!!」

    危ない!!喋る18禁だコイツ

    「『安城希(あんじょう 希)』ちゃん夢は官能小説家」

    官能小説……

    「悪い……男性をみるとつい……悪気は無い」


    いい人……かな?


    「まぁコイツなんか何も参考にならないかもしれないないけど」


    希奈子は笑っている……実に楽しそうだ


    「まぁ安城さんよろしく」

    とりあえず挨拶は大事だよな


    「あぁ『やらしくお願いしますぅこの雌犬をいたぶって下さいぃ』……悪い、いつもの癖で」


    なんなのこの子ぉぉお?


    「あ、希ちゃんって考えてる事口に出しちゃうらしいの」


    俺、ここでやっていく自信


    あれ?少しまて


    俺はここでやっていくことなんてない

    希奈子が勝手にやってることだよな……うん
  • 10 ゆい id:7l4gvek1

    2011-10-16(日) 12:16:11 [削除依頼]
    ヒント。ゆいの小説は今日はじめたばかり♪


        (´ω`*)

       フォ━━━━ヾ(*●Д●)ノ゛━━━━!!!!

       (`・ω・)b

     o(・ω・´o)(o`・ω・)oガンバ
  • 11 雪音 id:vt-m4c.W3Y0

    2011-10-16(日) 12:29:03 [削除依頼]
    >ゆいしゃん

    おkおk探す!<●><●>


    あと間違えたあぁ

    安城希(あんじょうのぞみ)

    ですorz
  • 12 雪音 id:vt-i0NjT1n1

    2011-10-17(月) 18:58:57 [削除依頼]


    まぁ頑張れと残し俺はヒラヒラ手を振り教室を後に


    したかったのだが


    「どこいくのよー部活はまだ始まってすらいないわよ」


    希奈子がニンマリと俺のブレザーの裾を掴んでいた


    やれやれ……まぁなんとなく分かっていた気がする


    決して望んでいるのではなく……長年の勘って奴だ
  • 13 雪音 id:vt-i0NjT1n1

    2011-10-17(月) 19:07:09 [削除依頼]



    部活って一体なんだ?某SOSか?


    そんな俺の問いかけに希奈子は


    「はぁ?流石に宇宙人とかを望んではないわよ」


    と、不満げに言われ


    じゃあなんだ


    っていう俺の問いかけには


    「だからそれを今から説明するんでしょ!黙ってなさい!」


    と、怒鳴られた


    そして希奈子は机に乗ると


    「えー今から部活内容について説明するよ!!」


    デカイ声だ


    「この部活は二次元を愛し、更なる同士や、夢に向かって頑張る部活です!」


    よくこれで部活申請通ったな……


    「本日から部活は発足し、大いに輝くでしょう!」


    輝くって……


    「その名は」


    希奈子はニマニマ笑いながら今世紀最大の声で


    「ニコニコ部よ!!」
  • 14 雪音 id:vt-i0NjT1n1

    2011-10-17(月) 19:14:06 [削除依頼]



    希奈子はそう叫んだ後には少しの静寂と


    「わ、わー」


    っという咲さんの歓声?だった


    一方、安城さんは希奈子の事を満更ではない顔で見つめていた。


    希奈子は、咲さんの小さな歓声と安城さんの表情を、東京ドーム全員のスタンディングオベーションを受けたかの如く満足そうな顔をしていた


    「いっえぇぇえい!!ニコニコ部!!早速機材を調達に行くわよー」


    そう言って希奈子は咲さんを連れて備品室へ走っていった


    教室には安城さんと俺が取り残された……
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません