°*:“+。Labyrinthos-ラビリンス-。+“:*°2コメント

1 ☆優華☆ id:aeb1Iwk.

2011-10-13(木) 22:36:43 [削除依頼]


〜ぷろろーぐ〜

目を開けると、そこには全く知らない土地が広がっていた。


そして

(誰かが…、誰かが私の名前を呼んでる…)


私は、必死にその声の主を探そうと目を凝らした。

…だが、目は、私の意志とは裏腹に、閉じかけていた。

次の瞬間!目に映っていたモノ。そして音が途切れ、私は深い闇に落ちていった……。


〜ぷろろーぐ★END〜
  • 2 ☆優勝 id:aeb1Iwk.

    2011-10-13(木) 22:59:56 [削除依頼]


    〜第1話「記憶」〜


    私は再び誰かの声で目が覚めた。

    目の前には、私と同い年くらいの男の子がほっとしたような表情で立っている。

    そして、どうやら私は今までベッドで眠っていたようだ。


    「目が覚めたか、真理愛。」

    (「真理愛」…?何それ?誰かの名前??)


    私がしばらくだまりこんでいたんで、目の前の男の子は、また口を開いた。

    「…真理愛?どうしたんだ?何か言え」

    と、いわれても、私はどうしたらいいのかわからず、また、黙り込む。


    …それより

    (一体…。私は…誰なの?)


    どうやら私は、知らず知らずのうちに、そのことを声に出していたらしい。

    それを聞いて、目の前にいる男の子は、いぶかしげな表情を浮かべる。


    「…何を言ってるんだ。とぼけても無駄だぞ」

    だんだん言い方が冷たくなっている気がした。


    ……だけど…

    「とぼけてなんていません。本当に…私は…誰なんですか??」

    「まさか……」
    「もしかして、お前…記憶が無い…のか?」

    (記憶が……な…い?)


    そして私はまた、一瞬にして深い闇に落ちていく。

    うすれゆく意思の中、遠くであの男の子が叫ぶ声だけが聞こえた。


    〜第1話★END〜

    NEXT→「無くした思い出」
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません