未来絵日記4コメント

1 カロン id:ARl.37w.

2011-10-08(土) 22:28:56 [削除依頼]


だいすきな人と結ばれて。

手をつないで。

キスをして。

そんな淡い未来を描いていた、12歳の夏ー。


小さな手のひらに描いた夢は。

その夏の夕暮れとともに。

儚く散り。

終わりを告げたのですー。
  • 2 カロン id:ARl.37w.

    2011-10-08(土) 22:34:06 [削除依頼]

    *登 場 人 物*


    □江野 沙雪

    ■松阪 悠太
  • 3 カロン id:ARl.37w.

    2011-10-08(土) 22:54:40 [削除依頼]

    3年前の夏ー。

    あの日はとくに暑くて。
    遊びに行く気にもなれなかった。

    「悠ちゃん、花火大会いこ!!」

    そう言ってやって来た、不法侵入者。

    か細い腕を懸命に動かして。
    一生懸命に花火を表現しようとしている。

    「いかねーよ」

    呆れ混じりの溜め息を落としす。
    すると彼女は頬を膨らませて。

    「絶対いくの!!強勢参加だよ!!」

    クッションをバンバン叩きながら。
    文句を吐き出す。

    幼馴染みの沙雪は。
    何かと行事が大好きなわんぱく少女。

    何にでも一生懸命で。
    夏の空と笑顔が似合う。

    そんな彼女は。
    いつも淡い、日向の匂いがするんだ。
  • 4 カロン id:ARl.37w.

    2011-10-08(土) 23:15:16 [削除依頼]

    「悠ちゃん、行こうよ!!」

    だんだん意地になってきた沙雪。
    俺の肩をがっちり掴んで揺すり出す。

    それでも"行く"と言わない俺の思考も。
    完全に暑さに参っているようだ。

    「暑いから、行かない」
    「うぇ〜…」

    完全に機嫌を悪くしたらしい沙雪は。
    そっぽを向いてぶつぶつと文句を吐く。

    「6年生最後の夏なのに…」

    その後ろ姿を、ソファに座りながら眺める。
    沙雪の長くて綺麗な髪が。

    カーテンの隙間から入り込んだ日差しに反射して。
    きらきらと輝いて見えた。

    「本当に、本当の本当に、行かない?」

    答えなんか決まっているのに。
    少し悩んでいる様子をしてみせる。

    少しでも期待が戻ったのか。
    沙雪の目がきらきらしている。

    「行かない!!」

    まさに落ち込んだと言う目で。
    沙雪が俺を見てくる。

    「もう、いい」

    すっかり諦めきった様子で。
    沙雪が俺に背を向ける。

    「りんご飴な」

    落ち込みきった背中に呟くと。
    見かけによらず…。

    「わかってる」

    明るい声音で返ってきた返事。
    これも分かって言ったこと。


    花火大会で名物のりんご飴を待ちながら。
    俺は部屋でくつろぎ始める。

    でもそれは。
    二度と届けられる事はなく。

    彼女の姿も。
    戻ってくる事はなかった。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません