〜カルマ〜5コメント

1 桃華 id:Nxy9uk30

2011-10-04(火) 20:51:40 [削除依頼]
『どうして…人間は傷付け合うことしか出来ないの。どうして、罪を擦り合うことしか出来ないの』

これは、私の親友が言った言葉。

この言葉を言った親友は次の日、どこかへ連れて行かれた。

それから2年。私はいつも、彼女の言葉を忘れることは無かった。





キャラ

ルチア…主人公の女の子。名は、闇に支配され続けるノワール国を、そして世界を救う…という意味からつけられた。天才的な弓の使い手である上、歌で人の傷や心を癒すことが出来る。

ミヤビ…ルチアの親友。幼い頃から未来を予言してきた、天才的な巫女。その能力が故に、様々な敵に狙われ、9歳のとき、ついにその身を囚われた。

シン…ルチアと共に、旅をする者。術で様々な攻撃を繰り出す。また、父が陰陽師だったため、陰陽師の術も使える。

カイト…シンの幼馴染で、ルチアと共に旅をする者。100年に一度の天才剣士とも言われている。

フローリアン…シンの幼馴染で、ルチアと共に旅をする者。ミヤビと同じ未来を予言することが出来る。

マリア…旅の途中で出会った。歌で攻撃を繰り出したりする。かつて、自分の姉も何者かにさらわれた。





はじめまして、桃華です!初めての作品なんでぶっちゃけ駄作ですが、宜しくです☆
  • 2 桃華 id:Nxy9uk30

    2011-10-04(火) 20:58:56 [削除依頼]
    『…チア。…ルチア。お願い、どうか闇の帝都へ来て。でないと、世界に更なる闇が襲い掛かってしまう。手遅れになる前に、早く都へ……』

    ハッ

    ルチア「……また…夢か…」

    私の名はルチア(16)。闇の帝都から遠く離れた町に住む、ミコノス村の住人。

    闇の帝都とは…私が生まれる何年か前、闇の生き物達が増加し、この世界を闇に侵食させた時に作られた首都である。闇を侵食させた軍団のリーダーはいまだに名も、姿も、分からないらしい。

    でも最近、妙にリアルな夢を見る……。

    ルチア母「ルチア、起きたの?」

    ルチア「うん」

    ルチア父「顔色が悪いが、どうかしたのか」

    ルチア「なんでもないわ、父さん」

    ルチア母「まさか、ミヤビちゃ…」

    ルチア「違うわ。きっとただの寝不足よ」

    ルチア父「そうか…」

    ルチア母「ご飯がもうスグで出来るから、降りてきてね」

    ルチア「うん……」

    −−−ミヤビは私の幼馴染。ミヤビの家系は、代々巫女の力を受け継いでいて、ミヤビはこの世界でもごく僅かしかいない預言者の1人。
    その能力が故に、ミヤビは今から10年前に何者かによってさらわれた。
  • 3 ハル id:mWUoXBO1

    2011-10-04(火) 21:39:52 [削除依頼]
    題名に惹かれて来ました(笑)
    頑張ってください☆
  • 4 桃華 id:MTqOtDx.

    2011-10-05(水) 05:50:26 [削除依頼]
    ルチア「林檎と、お米と、お芋ね。分かった」

    ルチア母「一応、弓を持っていきなさい」

    ルチア父「気をつけるんだぞ」

    ルチア「平気よ、外には出ないわ。じゃ、行って来ま〜す」

    『何があっても、一人で外に出てはいけない』

    それは、世界が闇に包まれてから、ずっと父さんと母さんに言われ続けた言葉。
    この世界が闇に染まってから、村の外には魔物がたくさんいる。時には、村を襲うことだってある。だから、絶対に一人で外に出てはいけないし、村を歩くときも、何か武器を持ち歩かなければならない。ちなみに、私は弓が得意なので、いつも弓を持ち歩いている。





    おじさん「いつもありがとうね、ルチアちゃん。はい、食い物だ」

    ルチア「ありがとう、おじさん」

    (雲行きが怪しい早いところ家に帰らないと…)

    タッ

    食べ物屋から家へ帰る道を、私は小走りで走った。その時…

    ??「お前が、ルチアか?」

    ルチア「!?」

    何者かに名を呼ばれ、私は後ろを振り向いた。けれど、誰もいなかった。

    ??「木の上です」

    そう言われ、上を見上げると……

    マントを羽織っている男の人が二人、木の枝に立っていて、同じくマントを羽織っている女の人が一人、木の太い枝に腰掛けていた。

    ルチア「だ…れ…」

    私がそういうと、

    ??「あ、失礼しました。降りますよ、シン、カイト」

    女の人が言った。

    ??「了解」

    と、男の人は声を揃えて答えた。

    ストッ

    フローリアン「失礼しました、私の名はフローリアン。神の導きにより、この地へ参りました」

    シン「…シンだ」

    カイト「カイトです。お見知りおきを」

    ルチア「フロ…?」

    シン「…やっぱり混乱してるぞ」

    カイト「当たり前ですがね。フローリアン様の名の長さに混乱するのは」

    フローリアン「そんなに長いでしょうか…」

    ルチア「そうです、フローリアンさんの名前の長さに…って、違いますよっ」

    シン「おお…!」

    カイト「ご覧下さい、フローリアン様。ルチアさんがやっているのが巷で有名な「ノリツッコミ」です」

    フローリアン「あれが噂の…」

    ルチア「すいませんがっ!」

    シン「なんだ」

    ルチア「貴方達、いったい何なんですか?私の名前は知ってるし、「神の導き」とかい言ってるし!」

    カイト「そうですね…簡単に説明するとフローリアン様は…」

    フローリアン「貴方の幼馴染である、ミヤビさんと同じ能力を持っています…といえば、分かりやすいでしょうか?」

    ルチア「!!」

    なんで、ミヤビの事…っ

    シン「フローリアンは、世界の全てを見る事が出来る。過去の事も、現在の事も…未来の事も」

    カイト「シン!また、フローリアン様を…」

    フローリアン「いいんですよ、カイト。私達は幼馴染。カイトも、シンと同じように……」

    ルチア「ちょっと待って!質問の答えになってないっ」

    フローリアン「…では、最近妙にリアルな夢を見ませんか?」

    ルチア「!!」

    シン「ビンゴか…」

    フローリアン「この世にいる竜神の話の夢。もしくは…帝都へ行くようにと促される夢……」

    なんで分かるの?誰にも言っていないのに!

    シン「だから、フローリアンは全てを見る事が出来るんだって言ってるだろう」
  • 5 桃華 id:MTqOtDx.

    2011-10-05(水) 05:51:08 [削除依頼]
    ハルs≫

    ありがとうございます^^
    こんな駄作ですが、頑張るのでよろしくお願いします
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません