学園物語っぽいもん44コメント

1 名無しのどんべえ@ id:tF6LEj61

2011-09-30(金) 21:01:08 [削除依頼]
私はあんたらの玩具かっ!?
んなわけないっ!!
私は私だーっ!!
この話は一人の女の子と
学園の人気NO1.2.3のイケメンが繰り広げる
学園物語っぽいもん
  • 25 名無しのどんべえ@ id:voz2HG8.

    2011-10-02(日) 12:49:02 [削除依頼]
    りりさん
    はい!お互い頑張りましょう!
  • 26 名無しのどんべえ@ id:voz2HG8.

    2011-10-02(日) 13:09:10 [削除依頼]
    准「海里!!亨!!
    見てくれ!俺の彼女だよ!」
    どうやら可愛い顔した方が海里って人で
    イケメンの方が亨って人らしい。
    「仮です。」
    私は慌てて訂正する。
    海「わぁ〜可愛いねぇ〜」
    准「なっ!?
    緑色の髪してるなんてそうそういないだろっ!?」
    亨「それよりいいのか…?」
    海・准・四「は?」
    亨「時間…」
    といった瞬間
    キーンコーンカーンコーン
    海・准・四「あっしまった!」
    海里・准・四季・亨達は教室まで走っていった。
  • 27 名無しのどんべえ@ id:voz2HG8.

    2011-10-02(日) 13:18:08 [削除依頼]
    訂正
    亨の読み方はりょうじゃなくてとおるでした。
    申し訳ございません
  • 28 名無しのどんべえ@ id:voz2HG8.

    2011-10-02(日) 13:30:38 [削除依頼]
    あのあと、なんとか間にあった…
    今は四時間目の授業の半ば後もう少しでお昼ご飯!
    (お腹すいてきた…)
    その時隣でいい臭いが…見てみると
    准「はうはう…はぐはぐもきゅもきゅ…」
    はっ早弁しとるー!!
    その時四季の体には雷がつらぬいた。
    ぐぎゅるるる…
    その時お腹も鳴った。
  • 29 名無しのどんべえ@ id:voz2HG8.

    2011-10-02(日) 13:37:26 [削除依頼]
    ピタッ
    准「…お前」
    准がお腹の鳴った音を聞いて箸を止めた。
    そして四季の方を見た。
    (はっ恥ずかしーっ!)
    四季は耳が夕日のように赤く染まった。
    准「プッククク…」
    笑われた。四季は顔が炎のように真っ赤になった。
  • 30 名無しのどんべえ@ id:voz2HG8.

    2011-10-02(日) 15:49:17 [削除依頼]
    准「お前…プッ‥ハハハハ!」
    准が突然笑ったのでみんなは
    「何?何?何があったの!?」
    という顔をしていた。
    先「?准、どうした?」
    准「い、いえ。なにも…」
    先「…?そうか。じゃあいいが。」
    先生と話終わった後ずっと四季を見ていた。
    准「…ジィー」
    「何ですか?」
    准「お前、お腹減ってるんだろ」
    「い、いやそんな事は…」
    「素直じゃねーな。」
  • 31 名無しのどんべえ@ id:voz2HG8.

    2011-10-02(日) 15:52:04 [削除依頼]
    訂正っぽいもの
    ×「素直じゃねーな。」
    ○准「素直じゃねーな。」
  • 32 名無しのどんべえ@ id:voz2HG8.

    2011-10-02(日) 16:00:40 [削除依頼]
    キュルルル…
    「…」
    今四季の顔は真っ赤だ。マンガなら
    かあ〜 という文字が出ているだろう。
    准「お腹の方は素直だな。」
    「…」
    今の四季の表情を絵文字にすると
    (-//-*\)
    ↑みたいな感じになる。
               続く
  • 33 名無しのどんべえ@ id:IVQChEm0

    2011-10-07(金) 18:57:06 [削除依頼]
    准「ほら…やるよ。」
    「へ?」
    准の箸には四季の大好物
    エビフライがはさんであった。
    准「へ?じゃねーよ。
    エビフりゃーやるっていってんの」
    「ま…まじすか?」
    准「マジだよ。さっさと食え。」
    「わーい。エビフりゃーだー」
    准「あ〜ん」

    今の間は四季が少し抵抗した間である。
    しかし、四季が好物を目の前にして我慢できるわけがなかった…。       続く
  • 34 名無しのどんべえ@ id:IVQChEm0

    2011-10-07(金) 19:25:55 [削除依頼]
    パクッ
    「あぁ…
    なんて美味しいんだ…
    サクサクな衣に包まれたエビは
    プリプリしていてとても美味しい!」
    准(なんだコイツ…)
    「グルメな私をここまでうならすとは…
    今すぐシェフを呼んでちょうだい!!」
    先「相川ーどうした?」
    「あ…イエ何でも」
  • 35 名無しのどんべえ@ id:IVQChEm0

    2011-10-07(金) 22:07:40 [削除依頼]
    「う”うぅ…」
    四季は授業中だった事をすっかり忘れていて
    大声を出してしまった。
    結果、廊下に立たされてしまった。
    回想
    先「いいか?俺が良いと言うまで立っていろ。」
    「…はい。」
    回想終わり
    「ハアァァ…」
    まったく。ツイてない…
  • 36 名無しのどんべえ@ id:IVQChEm0

    2011-10-07(金) 22:25:52 [削除依頼]
    「クスクス…」
    廊下に立たされている時に女子に笑われた。
    むむっなんか嫌な感じ…
    准「よっ!ハニーっ!」
    「え!?」
    いきなり声をかけられてびっくりした。
    准「えっ!?じゃねーよ。俺だよ俺。」
    「あっ!?准…さん。
    つーか、ハニーって…。」
    准「ハニーはハニーだよ!
    さっ!ハニー恋人達はランチの時間
    さっおいで。屋上でランチしよう!」
  • 37 名無しのどんべえ@ id:IVQChEm0

    2011-10-07(金) 22:36:19 [削除依頼]
    「えっあっお!?はにぃ〜っ!?」
    四季はパニックを起こしている。
    手を繋いで屋上まで行った。
    その様子をさっきの女子達が見ていた。
    「なんなのアイツ…」
    彼女は市原 神流(詳しい事はまた後で)
    「そうよ!転校生の癖に…生意気なんだよっ!」
    彼女は麻原 沙羅(詳しい事はまた後で)
  • 38 名無しのどんべえ@ id:IVQChEm0

    2011-10-07(金) 22:55:19 [削除依頼]
    〜登場人物〜
    市原 神流(シハラ カンナ)
    准ファンクラブの会の会長。
    准がとっても大好き。
    だから准とは仲が良い四季の事が気に食わない。
    ちなみに可愛い。
    麻原 沙羅(アサハラ サラ)
    准ファンクラブの会の副会長。
    准に思いを寄せている。
    イケメントリオ(准、亨、海里)に囲まれている
    四季が大嫌い。
  • 39 名無しのどんべえ@ id:PBkkKgH1

    2011-10-08(土) 00:23:21 [削除依頼]
    ー−屋上
    屋上には誰もいない。解放された感じがする。
    准がフェンスにもたれかかる
    准「あ〜解放された感がメッチャする〜。」
    「そうですね。」
    准「エビフライ、食べる?」
    「えっ!?いいんですか!!?」
    とたんに四季の目がひかる。
    准「お前…かわい…キーンコーンカーンコーン
    「え?」
    准のセリフとチャイムがかぶった
    准「なんでもねーよ!」
    「ふぅーん」  続く
  • 40 名無しのどんべえ@ id:PBkkKgH1

    2011-10-08(土) 10:49:24 [削除依頼]
    准「もう行くぞ!!」
    「えぇ〜エビフりゃーは?
    まだ食ってないよエビフりゃ〜」
    准「いいからっ!!」
    「う”うぅ…」
    ー−教室
    先「三分の遅刻です。
    二人共廊下に立ってなさい」
    准「はい…」
    「はい…」
  • 41 名無しのどんべえ@ id:PBkkKgH1

    2011-10-08(土) 11:02:58 [削除依頼]
    二人は廊下に立たされる…
    准「お前が悪いんだぞ!」
    「違います准さんが悪いんです!
    屋上に行こうなんていうから…」
    ギャーギャー言い合う二人。
    先「お前等うるさい!
    バケツ持ってろ!!」
    バケツ(空)を持つ二人
    准「ちぇっお前の責で…」
    「もうやめません?バケツに水が入られますよ。」
    准「…そうだな。」
  • 42 名無しのどんべえ@ id:PBkkKgH1

    2011-10-08(土) 12:50:50 [削除依頼]
    准「あーあ。こんなんじゃ
    海里と亨にバカにされちまうぜ。」
    准がブツクサ言う
    「仕方ないじゃないですか。」
    四季がなぐさめるように言う。
    准「あーもういいや。座っちゃえ。」
    「いいんですか?」
    准「お前も座れ。二人でやれば怖くない。」
    「嫌です。」
    准「ノリの悪い奴め」
    その時チャイムが鳴った
    キーンコーンカーンコーン
    こうして二人の時間が過ぎていった…
  • 43 名無しのどんべえ@ id:p0w3lLX1

    2011-10-10(月) 14:03:02 [削除依頼]
    放課後
    海「立たされカップルー!!」
    ケラケラ笑う海里
    亨「見てるコッチは暑苦しい…」
    准「ちぇっこれだからイヤなんだ!」
    なぜか四季達に付いてくる二人
    その時
    神「四季ちゃん!ちょっと来て」
    「はいって…え?」
    四季は神流の事が苦手だ。
    でも行かない訳にはいかない。
    四季は神流の所へ走った。
  • 44 名無しのどんべえ@ id:p0w3lLX1

    2011-10-10(月) 14:33:52 [削除依頼]
    更新遅くなりそうです
    すいません
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません