龍馬候2コメント

1 龍馬 id:1BF7LX6.

2011-09-28(水) 16:54:54 [削除依頼]
「お願いします岩崎さん。」ふすまの向こうから声が聞こえてくる。       「だめじゃ、あいつのことはしゃべらん。」ふすまを開けると夫の岩崎弥太郎と、最近よくこの屋敷にくる作家がいた。名前までは知らない。         「あんたいいじゃないか」そう言うと弥太郎はしぶしぶ話し始めた。       「あれは嘉永六年三月十七年のことじゃった龍馬が剣術修業のために江戸へ旅立ったのは。」
  • 2 龍馬 id:1BF7LX6.

    2011-09-28(水) 18:43:13 [削除依頼]
     今日は忙しい。末っ子の龍馬が江戸へ剣術修業に旅立つ。そのため、城下本町筋一丁目の坂本屋敷には、朝からひっきりなしに、祝い客がつづいている。祝い客達は、父の八平、嫡兄の権平、末娘の乙女にそれぞれお祝いを申しのべる。龍馬は勉強も何もできなかったが、唯一の取り柄がある。それが剣術である。龍馬は、小栗流の目録者である。そのときわずか十九歳であった。そのため、すこし金がかかるが、江戸へ修業にやりましょう。ということで、大流儀の、北辰一刀流を学ぶことになった。 やがて龍馬の旅にたつときがきた。龍馬は門のまえで、「姉さん、お達者に。」それから「父上、それでは。」といい、土佐を立った。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません