甘く小さな冬のこと2コメント

1 カエカエ id:eQGlZYk1

2011-09-24(土) 20:42:28 [削除依頼]
「あ・・・雪・・」私は赤めた顔で笑った。
「何?笑ってんの?そんなに雪・・・・好き?」私を見つめた茶色の瞳が疑った
「・・・・、うん。雪ってさ、白くてキレイで純粋で・・・・、好きなんだ。」
ニコッと笑った瞳と小さな口が答えた「そうなんだ。」私は無邪気に笑って答えた
「うん!大好き!」そう、ここからが絡まりあう痛くてせつないストーリーが始まる・・・。
  • 2 カエカエ id:eQGlZYk1

    2011-09-24(土) 21:31:00 [削除依頼]
    翌日・「雪・・・積もってる!」窓をひょいと顔をだした・・・。「あ・・あれ?」
    この雪の中誰か立っていたのです。「お・・・いお〜い」確かに聞こえる低い声
    「あっ!小崎!」「だれ?何で、あたしの名前を?」見つめると、頬を赤くした「阿須くん!」
    昨日雪の事話したからだ!と思い下を見ると、小さな小さな雪だるまがありました。一回におりて
    窓越しにはなしました。「ね・・・、どうして?」私は顔を見つめました。「だって、雪が好きなんだから
    雪だるまも好きなんだろ?」見つめ返された私は「違うよ・・、なんでこんなに冷たくなるまで・・・」
    冷たい手を包みました・・・。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません