―淡く切ない恋―4コメント

1 青髪の少女 id:VGaL.iA0

2011-09-23(金) 13:04:17 [削除依頼]

君に出会ってから
沢山色々な事があったね。

嬉しかった事。
楽しかった事。
泣いた事。
悲しかった事。
心が折れそうになった事。
人を信じれなくなった事。
幸せな事。

これは全て君が居なくちゃ
起きなかった出来事なんだよ

私は生涯何があろうと
君の事がずっとずっと大好き。
  • 2 青髪の少女 id:VGaL.iA0

    2011-09-23(金) 13:06:19 [削除依頼]

    はじめまして

    青髪の少女です。
    青髪と呼んで下さい。

    この物語は私の実話を
    描いたものです。

    名前等は仮となっています。

    温かく見守って下さい*。*。
  • 3 青髪の少女 id:VGaL.iA0

    2011-09-23(金) 13:19:36 [削除依頼]

    # 01

    ――2010.04.05

    今日は中学校の入学式。
    朝になり私が制服に着替える。


    1年生だから
    スカートは長め。
    白いソックス。
    白いスニーカー。

    全てに対して嫌だった。

    でもこうしなくちゃ先輩に目をつけられる。

    これは新入生にとっては
    大切な事であるに違いない。

    "AM 08:03"

    (そろそろ出ようかな…。)

    私は誰も居ない家に

    行って来ます。

    と1人呟いて家を出た。

    私の家は親が共働き。
    姉も居るが高校が遠いため
    朝6時頃にはもう家に居ない。

    それから少し歩いた頃…。

    歩く先には親友の姿があった。

    「菜緒、おはよ」

    私の親友 "美玖"

    「おはよ、美玖」

    美玖はスタイル抜群。
    可愛いというよりカッコ良くて
    凄い美形。

    でも性格が喧嘩っぱやいから
    男には恐れる存在らしい。

    「行こっか」
    「うん」

    それから10分歩いた所には
    今日から通う学校。

    東中学校。

    もう新入生は何人か居た。

    それから体育館に向かう。
    でもその行く途中。

    いずれ "私が好きになる人" 
    とすれ違っていた。
  • 4 青髪の少女 id:VGaL.iA0

    2011-09-23(金) 13:31:30 [削除依頼]

    入学式が始まる。

    私と美玖はクラスが
    離れてしまったけど
    仲良しの千晶が居たから良かった。

    入学式は出席番号順。

    私は "遠藤菜緒" で11番。
    千晶は "大下千晶" で12番。

    隣だからずっと話していた。

    そして私の前、10番は
    名前の分からない男の子。

    結構背が小さい男の子で
    可愛い顔をしてた。

    一瞬目があったけど
    可愛くてすぐ目をそらしてしまった。

    それから新入生入場で
    体育館に入って行った。

    凄い緊張した…。
    でも後ろには千晶が居たから
    安心出来た。

    それで入学式も終わり家に帰った。

    10番の男の子…何か気になるな。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません