あたしとあんたのキモチ12コメント

1 ナナ id:i-/n1U6MZ0

2011-09-22(木) 18:22:33 [削除依頼]
湖麗奈(みずうみれいな)
15歳、中3。
織戸綾那(おりとあやな)
15歳、中3。病弱で入院中。麗奈とは親友。
織戸鈴那(おりとすずな)
17歳、高2。綾那の姉。湖陸斗(みずうみりくと)
16歳高2。麗奈の兄。鈴那とは付き合い中。
これからまだまだ増えて、行きます。よろしくね☆
  • 2 ナナ id:i-/n1U6MZ0

    2011-09-22(木) 18:54:03 [削除依頼]
    あたしの親友は入院中。
    それでも、毎日、元気に、笑っていてくれる綾那が、あたしは大好き!!いつか
    元気になったら、一緒に、遊ぶ予定もしてるんだ。
    そんなあたしだけど、綾那に隠している事がある。
    それは― モデルになりたいという事。そうあたしは、将来モデルになりたいんだ。その事は今日言うつもり。なぜかって?だって、今日は7月7日七夕の日だから。思いきって言うんだ!あたしは452の
    病室を開けた。 ガラッ
    「おっはよー!綾那。」
    すると、綾那は
    「おはよう。麗奈。」
    と、笑顔で言ってくれた。心がほっとした。
    「あのねっ…綾那…」
    綾那は不思議そうに
    「どうしたの?麗奈?」
    あたしは深呼吸して口を開いた。
    「ずっと隠してたけど、あたしっ、モデルになるのが夢なの!!」
    「・・・・・えっ!?」
  • 3 ノア id:JkpkN.9.

    2011-09-22(木) 18:56:35 [削除依頼]
    んじゃー、続きいくでー。
    ーーーーーーーーー

    出入り口を全て封鎖された議事堂。ボーディガードや警備員に使用される奴らには
    火薬も積んであり、武装していない。ましてや普段警護されている側の議員達には抵抗する手段も無く、殺された。
    そしてその会議の様子は全世界へ生中継しており、その残虐な映像を見た者の中には精神を病んだ者もいる。
    議員達を皆殺しにした奴らは、ノイズの混じる声で世界に言ったんだ。

    『皆死ンダ、人間ハ脆イ。ダカラコレカラハ、私タチガ、上ダ』

    ーーーーーーーーー
  • 4 ノア id:JkpkN.9.

    2011-09-22(木) 18:57:20 [削除依頼]
    あれ、、、うっわぁああ!すんません!
    入力ズレてましたね!
  • 5 ナナ id:i-/n1U6MZ0

    2011-09-22(木) 19:03:56 [削除依頼]
    いえいえ(^-^)/構いません読者になってくれたら、
    光栄です!よろしくお願いいたします!!(*^-')b
  • 6 ナナ id:i-/n1U6MZ0

    2011-09-22(木) 19:21:13 [削除依頼]
    綾那は一瞬、固まった。
    でも、すぐに
    「そう…頑張ってね。応援してるよ。」
    「ありがとう!分かって、くれて良かった!さすが、綾那!!」
    あたしは天に舞い上がった気分だった。
    「今日はその事を、言いたかっただけだから!!じゃあね!バイバーイ?」
    ルンルン気分で、出ていった。
    【病室】
    「綾那。どうしたの?」
    「お姉ちゃん。憎いのよ。麗奈が。私は病室から動けないのに。麗奈だけ、夢を追いかけれるなんて!!不公平だよ!」
    「綾那・・・・」
  • 7 ナナ id:i-RUa0yb2.

    2011-09-23(金) 17:26:31 [削除依頼]
    あたしのお兄ちゃんが綾那のお姉さん鈴那さんに呼び出された。
    「どうしたんだ?こんな所に呼び出して。」
    すると鈴那は、くもった表情で口を開いた。
    「あのね…陸斗。麗奈ちゃんに伝えてほしい事があるの。お願いしてもいいかなぁ?」
    陸斗は
    「いいけど、もしかして…麗奈が何か、失礼な事言ったか?そうなんだったら、ごめんな。」
    「綾那には言わないでって言われてるけど、いいよね綾那の本当の気持ちは、麗奈ちゃんが憎いのよ。綾那はもう、夢を追いかけれないのに。麗奈ちゃんだけ、翼があるなんて、羽ばたいて、行けるなんて!って、思ってるの。麗奈ちゃんにも、分かってほしいから。麗奈ちゃんに伝えて。返事が出たら、綾那の病室に、来てって。よろしくね。」そういうと、鈴那は去っていった。
    【家〜麗奈の部屋〜】コンコン
    「ちょっといいか?」
    お兄ちゃんは深刻な顔で、入ってきた。
    「どうしたの?お兄ちゃん?」
    「今日、鈴那に会って、言われたんだ。綾那ちゃんの本当の気持ちを。」
    「?綾那の本当の気持ち?・・・」
  • 8 ナナ id:i-RUa0yb2.

    2011-09-23(金) 17:42:02 [削除依頼]
    「綾那の本当の気持ちって?」
    「麗奈、お前が…憎いらしい・・・・・」
    あたしは何も言えなかったんだ。
    「綾那ちゃんは入院してて夢を追いかける事が、綾那ちゃんは出来ないのに。麗奈は出来るなんて。」
    「返事が出たら綾那ちゃんの病室に来てって、言ってたぞ。じゃあな。」
    私は、しばらくその状況を理解出来なかった。
    (そんな・・!?綾那が、あたしの事を、憎んでる!?ずっと笑ってくれて、いたのに。応援してる、とも、いってくれたのに…!?
    ※麗奈の心の声)
    ピンポーン
    チャイムがなった。覗いてみるといとこの柴田才花
    だった。
  • 9 ナナ id:i-RUa0yb2.

    2011-09-23(金) 17:49:39 [削除依頼]
    あたしは、ドアを開けた。「久しぶり。才花。」
    「何や〜麗奈元気ないやん麗奈らしく、ないに。悩みがあるなら、聞いたんで。言ってみ?」
    才花はいつも、優しくて、小さい頃から、たくさん、頼って来たんだ。
  • 10 ナナ id:i-RUa0yb2.

    2011-09-23(金) 17:54:29 [削除依頼]
    新たな人物紹介
    柴田才花(しばたさいか)
    15歳、中3。麗奈のいとこ。大阪出身。いつも明るく、頼れるお姉さん。
  • 11 ナナ id:i-EbIvqZq0

    2011-09-26(月) 19:32:32 [削除依頼]
    あたしは、才花にあって、涙が、溢れだした。
    「あっあたし…綾那に憎まれてるの。」
    「えっ・・何でなん!?あんなに、仲良かったのに。」「綾那は入院してるでしょあたしだけ、世界に羽ばたいて行けるなんてずるい、って。」
    「確かに、そりゃ、憎みたくもなるわな。」
    才花は綾那に同情したように言う。
    「何で・・・・・!?」
    「だって、考えてみ?麗奈がそんな状況やったら、
    憎みたくも、ならへん?」「あっ・・・」
    「やろ?ちゃんと、向き合ってみ。きっと分かって、くれるに。逃げたい気持ちを、ぐっと押さえて話すんやで。ホラ、いってきーや!ええ報告待ってんで!!」「うん、ありがとう!才花行ってくるね!!」
    (今行くよ!綾那。綾那ときちんと向き合うから!!)
  • 12 ナナ id:i-rPONwY5/

    2011-09-28(水) 18:32:11 [削除依頼]
    ガラッ
    「ごめん!綾那。あたし、綾那の気持ちも知らないで浮かれて!!もっと、綾那の事、理解してれば良かった!親友なのに。これからは綾那ときちんと向き合うから!!あたしと、親友で、
    いてくれるかなぁ?」
    綾那は涙を流した。
    「ありがとう、麗奈。私の事、考えてくれてたんだね。憎いとか、言ってごめんね。心から応援してるね」やっぱり、親友でも、
    本音をぶつけあわないと、本当の親友にはなれない。向き合うから!!
    【完】
    誰も読んでくれていなかったけど、ありがとうございました!m(_ _)m
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません