VS部活動34コメント

1 ソルト id:KX.Xkoc/

2011-09-20(火) 22:21:47 [削除依頼]
「はい、それじゃあ先ほど説明した通り、今から皆さんには部活動対抗の殺し合いをしてもらいまーっす♪」
放送器具越しに聞こえてきた無垢な少女の声が、物騒すぎる言葉を吐く。
「ルールは単純で明快。自分の所属する部活以外の生徒のHPをガンガン削って零にしてしまえば良いんです。
武器等は自分の部活が所有しているもの……たとえば野球部で言ったら、バットとかですね。
それだけは使用可能です。注意点は他所の部活動の持ち物に手を出したらペナルティーが発生することですねえ。
その他細かいルールはお手元のガイドブックをご通読くださいな。

さぁて、皆さん、よろしいでしょうか!
制限時間は300分! 範囲は学園内全域!
勝利は制限時間をオーバーした時生存している部員の数が多いチームに与えられます!
それでは部活動対抗ガチンコサバイバルバトル第一ラウンド、
よぉーい始めぇぇっ!!」
……なんてムチャクチャな掛け声と同時に、俺たちの戦いは始まった。
らしい。
全力で不本意だけど。
  • 15 ノア id:eejoV.b0

    2011-09-21(水) 17:03:27 [削除依頼]
    だしょ?(ドヤ!/ww

    あぁ、キャラ的にはレズってのもアリかな?
  • 16 ソルト id:jUPsV7w0

    2011-09-21(水) 17:07:31 [削除依頼]
    ノアs
    レズときたかw
    じゃあそれを視野に入れつつ頑張ってみます!
  • 17 ノア id:eejoV.b0

    2011-09-21(水) 17:09:41 [削除依頼]
    おぉー、随分欲張りましたねー(お前が言ったんダロw

    ガンバです!(丸投げ!w
  • 18 ソルト id:jUPsV7w0

    2011-09-21(水) 17:26:12 [削除依頼]
    私立英彩台学園(しりつえいさいだいがくえん)。
    『アーティフィシャル・ウーム』を導入した県内唯一の高等学校。

    それが俺の通う学校だ。
    電脳世界中毒者とは言わないまでも、電脳世界内のオンラインゲームが
    大好きな俺にとっては理想の環境が整った学校である。
    他より特別な措置を取っている分、短所は多いが、
    入学してから九月半ばの今日まで特に不便に感じた点は無かった。
    そう、今日までは。

    話を戻そう。
    全校上げて、部活動対抗サバイバルなんたらに
    強制参加する羽目になった、その経緯の説明だ。
  • 19 ソルト id:jUPsV7w0

    2011-09-21(水) 18:07:46 [削除依頼]
    今日、九月十五日は午前中まではいつも通りだった。
    習字の授業で、紙以外に付着しないデータを搭載された墨汁を使うのにも関わらず、
    馬鹿みたいに大量に新聞を持ってくるという、ヘマをやらかした以外では特筆することのない、
    平凡な一日として数えられるはずだった。
    だが、それは午後の全校集会で瓦解することとなる。

    集会は、今週行われる体育大会と来週行われる文化祭についての説明がメインだった。
    俺も近くの小太り男子と体操座りで談笑しながら、しっかり右耳から左耳へ話を聞き流していた。
    そんな集会の終盤、生徒会長から一言ということで会長が壇上に上がってきた。
    セミロングの黒い髪、童顔、チビ、ペチャ。
    見た目小学生の可愛らしいアバターの生徒会長、児童院・真希乃(じどういん・まきの)は、
    可愛らしく御辞儀をしてからマイクを手に取り、これまた可愛らしくコホンと咳払いをして、
    「あー、あー」とこれまたこれまた可愛らしくマイクのテストを終えると、話しを始めた。
    俺は隣りの小太り野郎とは違ってロリコンではないので、やましい気持ちなど一切無いのだが、
    動作の一つ一つが微笑ましい彼女を見てると心が和むので、視線だけは壇上に向けていた。
  • 20 ノア id:eejoV.b0

    2011-09-21(水) 18:16:52 [削除依頼]
    実はっすねぇ、僕他の小説にも登場してるのです。その名も「箱舟 ノア」くん。
    コンビニ小説にでてるんすよー。
    名前統一しちゃったらどうすかね?(僕偉そーw
  • 21 ソルト id:jUPsV7w0

    2011-09-21(水) 18:35:24 [削除依頼]
    「ごきげんよう! 英彩台学園の皆様方!
    では最初に諸注意! 司会の人は会長からの一言とか言ってましたけど、あれ嘘ですからねえ!
    今から私、原稿用紙十余枚の長文を語っちゃいますんで、覚悟してください!」
    えええ〜っと、まんざらでも無さそうな生徒達の声が五月蠅い。
    会長の可愛いロリ声が聞こえないだろうが! ちなみに俺はロリコンでは無い。
    「皆さんご存知の通り、今週には体育大会が、来週には文化祭があります。
    ところで皆さんはこの二大イベントのフィナーレを飾る、
    ある特別プログラムの存在を知っていますでしょうか!
    ……まぁ知るわけないよねー、はい。
    この企画を知っている一部の方以外の人はよーく聞いてください!」
    なんだ、なんだ、と体育館がざわめく。俺も隣りの小太りと顔を見合わせた。
    二大イベントのフィナーレを飾る特別プログラム……? 普通に初耳だ。
    「皆さんは知っていますでしょうか?
    今私達のいる電脳世界にはこんなゲームがあるんですけれど」
    児童院会長は一度言葉を切ると、壇上背後の画面の方を指差した。
    それに従って、画面に何か文字が表示される。
    そこには俺もよく知るオンラインゲームの名前があった。
    会長は麗しきミルキーボイスでこう告げる。
    「体感型オンラインRPG、シルクハート。
    今から皆さんにはこのシステムを使って部活動対抗の殺し合いをしてもらいまーす♪」
  • 22 ソルト id:jUPsV7w0

    2011-09-21(水) 18:49:01 [削除依頼]
    ノアs
    なかなかに癖のある名前ですね^^
    良いアイデアですが、その小説を書いている人の確認を
    取った方が良いのではないかと。
  • 23 旧世界の神 id:.aubZI01

    2011-09-21(水) 18:52:28 [削除依頼]
    全然okですよ!
  • 24 ソルト id:jUPsV7w0

    2011-09-21(水) 18:57:14 [削除依頼]
    旧世界の神s

    あー、コンビニの方ですかね。状況的に。
    じゃあ、名前統一でやっちゃいます!
  • 25 ソルト id:jUPsV7w0

    2011-09-21(水) 21:34:34 [削除依頼]
    明るい声音とは裏腹にとんでもない内容を含んだ、
    その台詞が巻き起こしたのは、総勢1200人の混乱だった。
    ざわざわなんてレベルじゃないくらいに膨れ上がる、
    全校生徒の私語の軍団に、会長も気圧されている。
    当然、俺も皆に倣って隣りの小太りに疑問形をぶつけてみた。
    「なぁ。今、生徒会長なんつった?
    なんかあの童顔からは想像もつかないっつーか想像もしたくない
    危ない言葉が聞こえたような気がするんだけど、きっと俺の幻聴だよな」
    「いや幻聴だよな、と言われてもねぇ……。
    それより君は例のシルクハートとかいうゲームに手を出してなかったかい?
    僕は君みたいにゲーマーじゃないから知らないけど、一体どういうゲームなのかな」
    小太り君の冷静な返答に俺はふぅむと腕を組んだ。
    「手を出してるっていうか、もはや身を捧げてるレベルだな。
    俺がSランクプレイヤーになるためにどれだけの労力と時間を費やしたと思ってるんだ。
    いいか、シルクハートというゲームはだな……」
    「ご静粛にいいいいいっ!!!」
    説明しよう!とばかりに人差し指をたてて、シルクハートを語ろうとしていた俺を、
    ハウリングをガンガンに利かせた会長の絶叫が遮る。
    これには流石に、意識を児童院会長の方へ持っていかざるをえなかった。
    その他大勢の生徒も途端におしゃべりを中断し、壇上に目をやる。
    「いいですか、紳士淑女の皆さん。私は冗談とかちょっとしたドッキリを仕掛けるつもりで、
    先ほどの台詞を言ったんじゃありません。
    これから本当に皆さんには、ゲームをしてもらいます」
  • 26 ソルト id:jUPsV7w0

    2011-09-21(水) 21:53:48 [削除依頼]
    今度は誰も何も言わず、体育館は静寂に支配された。
    児童院会長のその真剣な声に圧倒されたのだ。
    「えー、では気を取り直して。超人気のオンラインゲームの話です。
    もちろん皆さん、シルクハートという名前だけなら聞いたこともあると思いますが、
    今回はそのシステムをちょっとお借りしてですねー、
    ヒットポイント制度と、痛覚遮断設定と、特殊エフェクト発生プログラムを
    皆さんのアバターに仕込んでみましたー♪」
    一人楽しげに拍手する会長を生徒達はポカンと見上げている。
    ちなみに俺や小太り君もその中の一人だったりする。
    とんでもない未曾有の計画が現在進行形で展開されているという事は、
    皆なんとなく分かっているのだが、その実態がまだよく掴めず戸惑っているのだ。
    俺は、会長の一番最初の衝撃発言「部活動対抗の殺し合いをしてもらいまーす♪」(脳内再生)が気になってたまらなかったが
    とりあえずは彼女の突飛なお話に付き合うことにした。
  • 27 ソルト id:zODYEq4/

    2011-09-23(金) 19:18:19 [削除依頼]
    「コホン、まぁ、そのシステムの話はさておき。
    皆さん、先ほど私が口走った言葉の真意をはかりかねているでしょうし、その話から参りますねー。
    えっと、殺し合いをしてもらいます、とは言いましたけど、
    正真正銘、モノホンの殺人劇を演じろという意味ではありません。
    一応ゲームですし、安全面を無視した遊びなんて学校側が許すはずも無いですから。
    なので、皆さんには電脳世界内のゲームシステムを借りて擬似的な殺し合いをしてもらいます」
    会長は幼い顔を無表情に保ち、ステージの下にいる全校生徒を見渡した。
    「既に言いましたとおり、皆さんの可愛らしいアバターにはゲームシステムの一部が組み込まれています。
    その中にヒットポイント制度があるんですが、これは言わずとも皆さん見当付いてますよね?
    もちろん、ヒットポイントというのはHP、キャラクターの体力の事ですねー。
    RPGなどにもあるようにこれがゼロになるとそのキャラは戦闘不能に陥ります。
    皆さんに付与されたヒットポイント制度もそれと全く同じ役割を果たしています。
    個人個人の体力に順ずる形でHPは割り振られていますので、例に挙げるとするなら、
    帰宅部のゲーマーより、陸上部の長距離選手の方がHPバーが長いという事ですね」
    ……帰宅部のゲーマーって俺の事じゃね? 不気味なほど例が悪いぞオイ。
    そんな感じの内容を小太り君に言おうとも思ったが、
    周りのメンツが真剣に会長の説明に聞き入っているものだから、私語は慎むことにする。
  • 28 あげもの id:pejosMD1

    2011-09-23(金) 19:24:39 [削除依頼]
    なかなか未来の技術頑張りますね。
    アバターは自分の理想型には出来ないんですね。
  • 29 ソルト id:zODYEq4/

    2011-09-23(金) 19:45:15 [削除依頼]
    あげものs
    頑張ったみたいですね^^
    理想型にすると、美男美女ばっかになってしまいますし。
    ただ、アニメチックなのでビジュアルはカバーできてるかな、と。
    コメントありがとうございました!
  • 30 ロハス id:9xuBPph/

    2011-09-29(木) 18:29:49 [削除依頼]
    会長は淡々と続けた。
    「皆さんに割り当てられたHPが零になれば、その時点でゲームオーバー。
    アバターは敗者の部屋に転送されます。所謂、死亡です。
    まー、ヒットポイント制度の説明は概ねこんな感じですねー。
    そんじゃ、本格的にサバイバルゲームのルール発表しちゃいますか。
    皆さん、お手元のガイドブックP2をお開きください」
    会長が言ったと同時に手の平大の小冊子がポンッと宙に現れて、俺の手元に落下してきた。
    電脳世界ではもう当たり前となってしまった物品転移システムだけど、
    急にやられるとやっぱ吃驚するな。
    俺は一人、転移システムの性能に感心しながらロリ生徒会長の言葉に従ってガイドブックの表紙をめくる。
    見出しには『部活動対抗ガチンコサバイバルバトル』とあり、
    どうやらゲームの概要などが書かれているようだった。
    全校生徒にガイドブックが行き渡った事を確認すると、会長は話を再開させた。
    「はい、皆さん2ページ目はお開きになりましたか?
    それでは私が音読していくのでご一緒に目で追ってくださいな。
    えー、サバイバルバトルのルール、第一項目……」
    ゆっくりと声に出して読み出した彼女に合わせて俺もガイドブックに目を通す。
    そこには堅苦しい活字でこうあった。
  • 31 ソルト id:9xuBPph/

    2011-09-29(木) 18:30:59 [削除依頼]
    うあちゃー

    ハンネミスしちゃいましたぜ☆
  • 32 ノア id:XoEF4Ht.

    2011-10-01(土) 21:07:08 [削除依頼]
    おはぁー、進んだっすね!

    これからもがんばっす!(僕もだけども!
  • 33 ソルト id:F0PomoE1

    2011-10-27(木) 18:05:49 [削除依頼]
    ノアs
    パソの調子が悪くしばらく投稿できませんでした
    引き続き、頑張りやす
  • 34 ソルト id:F0PomoE1

    2011-10-27(木) 19:11:27 [削除依頼]
    【ルール概要 第一項目】
    【制限時間:300分】
    【フィールド:英彩台学園敷地内全域】
    【使用可能武器:所属部活動の保有する用具類等。
    また、帰宅部は自分の持ち物がそれにあたる】
    【勝利条件:タイムアップによるゲーム終了時、
    部員損失率が低い部活動五チーム】
    【勝利したチームへの特典:サバイバルバトル第二ラウンド出場の権利と賞金、
    なお賞金の値は敵対戦力の排除率に順ずる形で与えられる】
    【ゲーム中の反則事項:所属部活動以外の用具使用、
    公共物の武器活用。フィールド外への進出】
    【反則に対するペナルティー:反則行為後、HP自動消滅による強制失格。
    この間、60秒の時間を要する。また反則行為を犯した者は、
    自チームの勝利による特典を受ける権利を剥奪される】

    「なんだ、こりゃ」
    ルール概要を流し読みした俺は思わずそう呟いた。
    単純でありながらも妙に凝ったところが見受けられるこのゲーム、
    どう見ても、提案者の何らかの思惑が絡んでいる。

    児童院生徒会長は分かりやすいよう補足を付け加えつつ、ルール概要を読み進めていった。
    「えーと、まぁ制限時間、フィールド、及び使用武器については、
    このガイドブックを読んだだけでもお分かりいただけると思います。
    問題は勝利条件の項目ですかね……」
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません