好⇔嫌2コメント

1 はるーか id:vJrGfSR.

2011-09-17(土) 20:59:40 [削除依頼]

 主人公 桜木 悠 (さくらぎ はるか)
*本名じゃありません。


 1話 貴方と私

『ふぁ〜・・・、眠い』

 桜木悠 中学1年生の吹奏楽部所属の生徒.
特にこれといった輝きを見せるわけでもなく、今日も
だらだらと過ごしているのである。

「同感、(笑」

『ですよねぇ』

彼は悠と同じ楽器の先輩、
 琥川 英樹 (こがわ ひでき)
中学2年生の悠が密かに想いを寄せている人物。

『琥川先輩、疲れました』

「・・・さぼるか。」

『いえっさぁーっ!(にへ』

・・・と、2人は常に行動を共にし、
さぼることが多い。


 〜屋上〜

「んー・・・気持ちいい、」

『そうですね、・・・、』

「ん、?」

『あっ、いや、なんでもないです!』


【えっえっ、いま気付いた、
これは 告白の ちゃんすっ!?】


『えっと、あの・・・琥川先輩?』

「何?」

『うー・・・あー・・・その、
・・・分かってくださいよ馬鹿!!』

「えぇええ(笑」


 ・・・次回に続く
  • 2 はるーか id:vJrGfSR.

    2011-09-17(土) 21:38:07 [削除依頼]

     2話 友達と嫉妬

    「桜木♪」

    『ん?なぁに優華ちゃん?』
    「好きだよんっ!(ぎゅっ」
    『おっ、と、・・・てんきゅう(くすっ/ぎゅ』

    ___私・・・いや俺(女だけど女の子っぽいの嫌いなんだ×)に抱きついてきたのは友達の杉野優華(すぎの ゆうか)ちゃん。
    俺の事を彼氏とか夫、って呼んでる(笑)___

    「嘘だぁ〜、桜木は琥川先輩とらぶらぶじゃんっ!」

    __そういうと優華は頬をぷくーっと膨らました__
    ___可愛い/__

    「でもぉっ、琥川先輩はイケメンじゃぁないけど
    性格はぴかいちだから優華も好きっ(にこぉ」

        _どくんっ__
    『へ、ぇ、そうなんだ、』
    「ぅん♪あ、でもでも、
    桜木も好きだから安心してぇ?(ぎゅ」
    『だいじょーぶっ、不安になんかならない(笑/ぎゅ』
    ___優華、琥川先輩好き、なんだ、___
    ___・・・なんだろう、この苦しい気持ち___


    「あぁっ!噂をすればなんとやら・・・♪」
    『え、?』
    「桜木〜練習時間だぞ〜」
    『あっ、すみませ・・・「琥川先輩♪」ゆ、うか?』
    「あ?・・・あぁ、杉野か」
    「そうですよぅっ!琥川先輩、優華の事名前で呼んで下さいよ(にこっ」
    「は?ヤダ(笑」
    「ひどーいっ!(ぷんぷんっ/にへ」
    ____辛い、よ____


    「・・・ねぇ、桜木、何アレ。」
    『あ
    「むかつく、 桜木はむかつかないのっ?!」
    『むかつくも何も・・・。』
    ___私に話しかけてきたのは親友の伊野本 沙羅(いのもと さら)____


    「・・・まぁ、あの子の事気にいってるしね桜木。」
    『う、ん』
    「あはははっ♪面白いこと言わないでくださいよっ!」
    「面白いだろっ?(笑」
    ___いや、いやいやいやいやいやいやいや!!___


     たたたたたっ、

    「ちょっ、桜木?!何処に行くの!?」

       〜屋上〜

    『・・・う、ぁっ・・・、っ、』
     __どうしてこんな苦しいんだろう、___
    __あの2人が笑いあってた瞬間全てが嫌になった、__
         __嫉妬、かな、__
    『・・・ま、ぁ、ゆう、か、可愛、い、からね、(ぐすっ』
     『もうっ・・・琥川先輩なんてしるかぁああああっ!!』


    「へぇ?」
    『・・・えっあっ、こ、がわ先輩、?(首傾げ』
    「そうだけど?」
    『あー・・・うー・・・、あ、あはは、』
     __やっ、やばいっ?!めっちゃ声低いぞ?!__

    「心配で来たら俺の悪口言ってますか。」
    __英樹はそう言いながらフェンスに寄りかかり
    悠をじぃっと、睨むように見つめた___

    『・・・すみ、ません、』
    「・・・ま、別にいいけどよ」
    __英樹は笑いながら悠の頭をぽんぽんっと撫で微笑みながら手を離した__

    「で、なんで逃げたんだ?」
    『・・・、』
    「言わねぇとわからん・・・あ、もしかして、
    杉野と話してたから、嫉妬、したか?」
    『っ、!//どうでしょーねっ!!』
    __悠はそういうとふいっと後ろを向いた__
    「・・・可愛い奴、(ぼそっ」
    『なっ、何か言いましたかっ?!/』
    「なんでもない〜(笑」
    『そう、ですかっ、//』


    「・・・なぁ、桜木。」
    『は、い?/』
    「俺さ、お前の事悠、って呼んでいいか?」
    『なぁっ!?///』
    「ダメ、か?」

    ___そっ、そんな子犬のような目で見ないでよっ!!/__
    『しょ、しょーがないですね、いいですよ・・・//』

    「本当かっ?!ありがとうな悠!(にぱぁっ」

    ___どっくん___
    『っぁ、////(かぁああっ』
    「これからもよろしくな、悠!」
    『わ、たし、こそ!//』
     次回へ続く
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません